平成3495日目

1998/08/03

【和歌山毒物カレー事件】3つの鍋からヒ素

和歌山市の毒物カレー事件で和歌山東署捜査本部は3日、警察庁科学警察研究所の鑑定の結果、住民が調理した3つのなべに残っていたカレーと、死亡した自治会副会長、Aさん(53)が吐いた物の4点から、猛毒のヒ素を検出したことを明らかにした。

科警研に鑑定を依頼した二十数点のうち、ヒ素が検出されたのは計6点となった。死亡した小学4年、B君(10)が自宅に持ち帰り食べ残したカレーからはヒ素のほか青酸化合物も新たに検出された。科警研の鑑定で青酸化合物が検出されたのは初めて。《共同通信》



【トヨタ・ナディア】発売

8月3日のできごと(何の日)【トヨタ・ナディア】発売
https://www.goo-net.com/

【セ・リーグ】武上、大熊コーチに出場停止処分

セ・リーグの高原須美子会長は3日、甲子園球場で2日行われた阪神−巨人17回戦で暴力行為で相次いで退場処分となった巨人の武上四郎打撃コーチと阪神の大熊忠義外野守備走塁コーチに対し、ともに4日から3試合の出場停止と制裁金30万円の処分を科した。

武上コーチは八回二死三塁の場面で阪神の吉田豊が高橋の右手へぶつけたのに怒り、ベンチから飛び出して捕手の矢野輝を突いた。三塁コーチだった大熊コーチはその裏、矢野輝が巨人の槙原から死球を受けると、槙原に跳びげりするなどの暴行を加えた。

高原会長は指導の立場にあるコーチの暴力行為を問題視し、「模範を示す立場であることを加味した」と、処分を説明した。試合後に武上コーチを球団として厳重注意した巨人は山室寛之球団代表が東京・銀座のセ・リーグを訪れて陳謝、阪神も大態コーチをこの日、厳重注意とした。《共同通信》

【中国・梅里雪山】10人の遺体発見

1991年に中国雲南省の梅里雪山(6740メートル)で遭難した京都大学学士山岳会と中国側の合同登山隊の遺体捜索隊が3日、明永氷河の遺体発見地点に到着、捜索活動を始め、10人分の遺体を発見した。《共同通信》

【政府、自民党】所得減税「定率方式」軸に調整

政府、自民党は3日、景気対策の柱である1999年からの所得税減税を、税額から一定率の額を免除する「定率方式」を軸に実施する方向で検討に入った。宮澤喜一蔵相が4日に自民党税制調査会と協議し、こうした方針を確認、首相の所信表明演説に盛り込む。

景気対策を最優先し、増税につながる税率の累進構造の改革は見送る方針。しかし小渕恵三首相は累進構造の見直しを公約しており、制度改正による恒久減税の実現も課題となっている。このため4日の協議では所得・住民課税の最高税率の引き下げなど部分的な制度改正も同時に実施、定率減税と併存させる折衷案も検討課題として浮上する可能性も出てきた。4兆円規模とされている減税規模の上積みについても最終的な調整を進めるとみられる。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・小渕恵三首相は3日、北方領土の元住民の孫に当たる北海道の中学生ら8人を官邸に招いた。開口一番「新聞で知っていると思うけど、私が首相になりました」と自己紹介。続けて「平成という元号を発表した時のことを覚えているかな。当時の官房長官でした」と尋ねたが、10年前といえば幼児だった生徒たちはキョトンとするばかり。首相は「教科書にも載っているけど…」とつぶやいたが、数少ないウリの一つ「平成長官」の知名度の低さにガックリした様子。

○・・・野中広務官房長官はこの日、初の事務次官会議であいさつ。官僚の相次ぐ不祥事について「失墜した信用をこの機会に回復しないと国の崩壊につながる」と語気を強めたところ深刻な空気に。野中氏は鈴木宗男、上杉光弘両官房副長官を見ながら「コワモテばかり並んで知性的に見えないが…」と話題を変えるのに躍起となった。ところが、鈴木氏が「白いものでも、首相や官房長官が黒と言えば私も黒だと言う。そのぐらい忠誠心を持って職務に当たる」とあいさつしたため、出席者は再びピリピリ。《共同通信》



8月3日のできごと