平成3496日目

1998/08/04

【連合】民主軸に勢力結集を

連合(鷲尾悦也会長)は4日、連合本部で中央執行委員会を開き、小渕政権について「参院で自民党が過半数を確保できていないことや、景気動向を考えると短命と考えられる」と分析した。

その上で総選挙は「近い時期」と想定、「勤労者、生活者に政策スタンスを置く、新たな政治勢力の政権樹立に向けた活動を支援する」として民主党を中軸とした幅広い政治勢力の結集に向け努力することを決めた。《福井新聞》




【小渕恵三首相】行革断行を強調

中央省庁改革推進本部の顧問会議が4日午後、首相官邸で開かれ、1府12省庁の設置法案など関連法案策定のための基本方針原案が提示された。小渕恵三首相を本部長に全閣僚で構成する推進本部会合も同日午前、政権発足後初めて開かれるなど「小渕行革」が本格スタートした。

推進本部会合で首相は「中央省庁改革は内閣の最重要課題の一つであり、精力的に推進していく。揺るぎない意思をもって断行していく決意だ」と強調。橋本前政権の行革路線を継承し、2001年からの1府12省庁体制への移行を柱とする行革実現に全力を挙げる考えを重ねて表明した。《福井新聞》

8月4日/のできごと