平成3429日目

1998/05/29

【横綱若乃花関】明治神宮で土俵入り披露

大相撲の66人目横綱に昇進した若乃花(27)=東京都出身、二子山部屋=の横綱推挙式と奉納土俵入りが29日午前、東京都渋谷区の明治神宮で行われた。弟の貴乃花と史上初の兄弟横綱になった“お兄ちゃん”の晴れ姿を見ようと、小雨にもかかわらず約4500人の見物客が集まった。

推挙式で、時津風理事長(元大関豊山)が若乃花に横綱推挙状と純白の横綱を手渡した。その後、拝殿前の石畳で太刀持ち安芸乃島、露払い貴闘力を従え不知火型土俵入りを披露。貴乃花、曙らの雲竜型と違い、両手を広げてせり上がる姿は攻めを強調するものと言われる。ファンから、大歓声が上がった。

大役を果たした若乃花は「無事終わってちょっと安心」と笑顔。「今が一番幸せだと思うけど、これからいろいろ頑張っていかないと」と、あらためて気持ちを引き締めていた。《共同通信》



【トヨタ・ガイア】発売


https://www.goo-net.com/

トヨタ自動車は29日、ファミリー向け高級ミニバン「ガイア」を全国のトヨタ店で発売した。販売目標は月間4000台。ガイアはギリシャ神話に登場する「大地の女神」の意味。高品位のインテリアを備え、5ナンバーサイズながら3列シートで6−7人の乗車を可能にした。四輪駆動(4WD)タイプには電子制御により雪道など滑りやすい路面で優れた操縦性と走行安定性を発揮する機能を搭載、前輪駆動(FF)と4WDの切り替えもできる。2000ccのガソリンエンジン(2WD)の価格は205万円。《共同通信》

【体操W杯・鯖江大会】開幕

極限の技と表現美を競う’98体操ワールドカップ(W杯)決勝鯖江大会は29日、サンドーム福井で開会式が行われ、世界のスペシャリストが一同に集う大会が開幕した。最高峰の演技が生み出す熱気と感動が、3年前の世界選手権と同じ舞台で再び渦巻く。競技は30、31日の2日間、男子6種目、女子4種目で個人タイトルを争う。《福井新聞》

【橋本龍太郎首相】パキスタンの核実験を非難

政府は29日、地下核実験を実施したパキスタンへの対応について橋本龍太郎首相と小渕恵三外相、村岡兼造官房長官らが協議し(1)新規円借款の停止(2)無償資金協力は緊急、人道的援助と「草の根」無償を除き新たな供与を停止(3)国際金融機関を通じた融資には慎重に対応ーなどを柱とした制裁措置を決め、官房長官談話として発表した。

橋本首相は制裁措置決定後の報道インタビューで「今回の核実験はパキスタン一国の話ではない。核不拡散体制、核軍縮に全く逆行し、危機を一層強め、地域の安定を害するもので容認できない」と強く非難した。《共同通信》

【改正財革法】成立

政府の総合経済対策の実施に向け、赤字国債発行の弾力条項などを盛り込んだ改正財政構造改革法と2兆円の特別減税関連法が29日夕の参院本会議で、自民、社民、さきがけの与党三党の賛成多数で可決、成立した。

これにより終盤国会の焦点は、橋本内閣不信任決議案をめぐる与野党の攻防に移る。政府、自民党は引き続き中央省庁改革基本法案を成立させた後、平成10年度補正予算案などの処理のため、6月10日までの会期を8日間程度延長する方針を固めている。

野党側は首相の経済失政責任などを理由に内閣不信任案を提出するが、与党離脱方針を決めた社民党がこれに同調しない方向であることから否決される見通しで、国会閉幕後、与野党は7月12日投開票となる参院選に向けて一気に走り出す。

改正財革法は、経済情勢に応じて赤字国債発行の歯止めを一時緩和することが柱。弾力条項を加えたことに伴い、財政健全化目標年次を17年度へ2年間繰り延べるほか、社会保障費の歳出上限枠(キャップ制)を11年度予算に限って外すことも盛り込んだ。財政再建推進のため昨年11月に制定された財革法は、半年で改正となった。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・小泉純一郎厚相は29日の閣議で31日が世界禁煙デーであることを紹介、禁煙対策への取り組みを要請した。これを受けて愛煙家の橋本龍太郎首相らも協力を約束、松永光蔵相は「灰皿を置いてなければ耐えることができる」と宣言した。このため来週の閣議では灰皿を置かず禁煙にすることを申し合わせたが、小泉氏は閣議後の記者会見で「私も12、3年前から禁煙が続いている。選挙期間中に禁煙していたら選挙が終わっても平気になり、やめることができた」と披露、禁煙の秘けつは「選挙だ」と言いたげ。

○・・・民主党はこの日の両院議員総会で内閣不信任決議案提出を正式決定したが、席上、玉置一弥総務会長代理は「民主党としてやる気があるのか。集まれという時は集まらないと結束が図れない」と出席者が少ないことに苦言。さらに「(民主党は)緩やかな集合体で結成したがあまりにも緩やかすぎて厳しさがない。この状態を何とかしてほしい」と憤まんやる方ない様子。そばで聞いていた菅直人代表、羽田孜幹事長は苦笑いでごまかすだけで「寄り合い所帯」解消はまだ先の話のよう。《共同通信》



5月29日のできごと