平成3397日目

1998/04/27

【民主党】旗揚げ、代表に菅直人氏

新たな「民主党」の統一(結党)大会が27日午後、都内ホテルで開かれ、民主、民政、新党友愛、民主改革連合4党の衆参議員131人による野党第一党が誕生した。昨年11月の旧新進党分裂で始まった野党再編はこれで一段落し、7月の参院選に臨む与野党の枠組みが固まった。

4月27日のできごと(何の日)【民主党】旗揚げ
http://archive.dpj.or.jp/

菅直人代表はあいさつで、橋本龍太郎首相の政権運営を「やぶ医者がゆっくり手術をしている」と批判。「政権交代の軸として歴史の中で役割を果たすよう全力を挙げる」と決意を示すとともに、「自民党を除くすべての政党と政権連合の話し合いを呼び掛けたい」と野党勢力結集による政権獲得を訴えた。

民主党は今後、橋本政権との対決姿勢を鮮明にし、他の野党と共同で内閣不信任案の提出を目指す方針で国会の与野党の攻防も激しくなりそうだ。さらに、次期衆院選までに旧公明党グループなどと統一首相候補を掲げ、小選挙区で選挙協力を推進する「政権連合」を構築したい意向で、同グループの対応も焦点となる。

菅代表は大会で、政権を獲得した場合は①分権連邦国家の実現②中央政府の抜本的改革③日本経済再生への「平成ニューディール政策」実施④環境保護と日本文化の育成⑤国際社会で貴任ある態度をとれる外交―の5つの改革を実行することを表明した。《共同通信》

民主党は4月27日、菅直人・民主党、羽田孜・民政党、中野寛成・新党友愛、笹野貞子・民主改革連合の4代表が統一合意書に署名し、衆院93人、参院38人の計131人で新体制をスタートさせた。東京の赤坂プリンスホテルで行われた統一大会には代議員、地方からの参加者など約1500人がつめかけた。

大会ではまず司会の岡崎トミ子参院議員(新・男女共同参画本部長)が新しいロゴマークについて「2つの円は民の力の結合を表わし、下の円のギザギザは動き成長する生きた形を意味する」と紹介。つづいて4代表が結党調印式に臨んだ。

海江田万里衆院議員の「今日は時代の変化を予兆する風が吹いているではないか」との力強い開会宣言の後、奥田敬和大会議長のもと、統一準備会で確認された菅代表、中野、笹野、畑英次郎、鳩山邦夫各副代表、羽田幹事長が拍手で承認された。

あいさつに立った菅代表は「新しい民主党が政権交代の軸として、歴史の中で大きな役割を担うため全力を尽くす」と決意を表明。「5年前に長期自民党政権に代わって細川政権が誕生して以来、何かに反対するなどの理由で新党が結成されてきたが、今回の民主党は志を同じくする仲間が共通の目標をもって集まった前向きのもの」と民主党結成の意義を強調するとともに、「自民党を除くすべての皆さんと将来の政権連合、政党連合をめざすための話し合いを始めたい」と、現実に政権を取るという強い意志を語った。

小沢一郎・自由党党首、神崎武法・新党平和代表、浜四津敏子・公明代表をはじめとした来賓の祝辞にも大きな期待が込められ、「野党は結集して自民党政権に代わる方針を国民に示そう」(小沢辰男・改革クラブ代表)、「副議長を辞めたとき胸を張って帰れる政党になってほしい」(渡部恒三衆院副議長)など、熱意あふれるメッセージが続いた。経団連の三好正也参与は海外出張中の豊田章一郎会長の「経済界としても政権を担いうる複数の政党が並び立つことを期待する」との言葉を伝え、連合の鷲尾悦也会長は「ごく近い将来の政権交代を期待し、良きサポーターとしての役割を果たしたい」と熱弁をふるった。

イタリアのブロディ首相はビデオメッセージを寄せ、中国の胡錦濤副主席らからも祝電が届いた。

大会後半は司会を松沢成文衆院議員に交替し、羽田幹事長による役員指名、承認が行われた。羽田幹事長はまた、基本理念と基本政策、次の大会までの暫定規約を報告、満場の拍手で承認された。

続いて山花貞夫選挙対策委員長が、これまで内定している参院選予定候補者、27選挙区33人、比例区18人を紹介。東京選挙区の小川敏夫・予定候補が「民主党が政権を担うための一歩を必ず踏み出せるよう頑張る」と力強く決意表明した。

統一大会は広中和歌子参院議員が「私たちは自立した個人が共生する社会をめざし、政府の役割をそのための支援に徹する『民主中道』の道を国民に問う」との大会アピールを採択して閉幕した。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【春の園遊会】

天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が27日午後、橋本龍太郎首相ら国会議員、各界の功績者、各国の駐日大使ら約1900人が出席して東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。

曇り空の下、モーニング姿の陛下と薄いふじ色の和服の皇后さまは、皇太子ご夫妻ら皇族方と御苑内を回って招待客と歓談。長野冬季五輪スピードスケートの清水宏保選手、長野冬季パラリンピックのアイススレッジスピードレースの松江美季選手ら金メダリストを「本当におめでとう」などと祝福した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】仏・シラク大統領と会談

橋本龍太郎首相は27日夕、首相官邸でフランスのシラク大統領と会談し、5月に英国で開催される主要国首脳会議(バーミンガム・サミット)の成功に向け、両国が協力することで一致した。

首相が先に決定した総合経済対策の内容を説明したのに対し、大統領は日本の労働力や貯蓄率、科学技術力の水準の高さを指摘した上で「日本の経済が活性化すると、完全に信頼している。日本の景気対策に信頼を持っていることを(サミットで各国首脳が)話すことが大事だ」と強調した。《共同通信》



4月27日 その日のできごと(何の日)