平成3288日目

1998/01/08

堺市シンナー少年通り魔事件

8日午前8時50分ごろ、大阪府堺市宮下町の路上で、若い男が同町、会社員Aさん(35)の妻Bさん(35)と長女の私立子宝幼稚園児Cちゃん(5つ)ら3人の女性を次々と刃物で刺した。3人は病院に運ばれたが、Cちゃんが間もなく死亡。Bさんと、同市津久野町、私立大阪女子高一年Dさんも、背中を切られるなど重傷を負った。

大阪府警堺南署は通り魔事件として捜査。約30分後、殺人未遂の疑いで現場近くの路上にいた堺市内の少年(19)を逮捕した。少年は容疑を認めているが、意味の分からないことを言っているという。

近所の人によると、少年は普段からシンナーを吸っており、昨年11月には「シンナーを吸って暴れている」と家族に通報され、同署が保護していた。同署は容疑を殺人に切り替え、追及している。

調べによると、男は登校途中のDさんを襲い、持っていた包丁で刺した。さらに逃げたDさんを追いかける途中、幼稚園の送迎バスを待っていたBさん親子を見つけて、次々に刺した。BさんはCちゃんを幼稚園の始業式に送り出す途中だった。

少年は犯行時、上半身裸ではだし。事件直前、少年の祖母が「うちの子が包丁を持って外に出た」と警察に届けていた。

目撃者によると、バスを待っていた主婦や子供約10人の列に、額から血を流した女子高生が「助けて」と走って来た。後ろから上半身裸の刃物を持った男が追いかけて来て、ふらふらと列に近寄り、逃げ遅れたBさん親子を襲ったという。

バスを待っていた主婦は「みんな逃げるのに精いっぱいだった。しばらくして見ると、救急車を待つ女児の母親が背中を刺されたまま道路に座り込んでいた」と話した。現場はJR阪和線津久野駅の北約200メートルの住宅街。

「助けて」。通園バスを待つ幼稚園児と母親の輪に、包丁を持った上半身裸の男が襲いかかった−。8日朝、大阪府堺市で起こった連続通り魔事件。この日始業式を迎えた通園、通学の人波は恐怖に包まれた。

死亡したCちゃんと同じ幼稚園の園児の母親(36)によると、事件当時、現場近くのたばこ屋の前で、母親と園児ら約10人が通園バスを待っていた。突然、女子高生が「助けて」と叫びながら走ってきた。包丁を持った上半身裸の若い男が数が後ろから追いかけてきた。男は、訳の分からないことを口走っていたという。

息子の手を引いて慌てて逃げ、近くの家に飛び込んだ時、死亡した女児が曲がり角で転んだのが見えた。「その直後に刺されたのでは」。目撃した一母親の顔は引きつったままだった。

Cちゃんが運ばれた堺市の馬場記念病院によると、救急車で運ばれたとき、全身血だらけで心肺停止状態だった。知らせを聞いた父親のAさんが駆け付けたが、自分の名前もうまく言えないくらい動揺していたという。《共同通信》



【マツダ・ロードスター】フルモデルチェンジ


https://www.goo-net.com/

マツダは8日、オープンスポーツカー「ロードスター」を約8年ぶりにフルモデルチェンジし発売した。

外観はこれまでの曲面を生かしたデザインを踏襲しながら、開閉式だったヘッドランプを埋め込み型に替えた。エンジンの排気量は1600ccを復活させ、1800ccとの2タイプにした。両エンジンとも改良した結果、出力が向上。1800ccには新たに手動6速のタイプも投入した。

またマツダの高剛性ボディ「MAGMA」を採用、運転席、助手席双方にエアバッグを標準装備するなど、安全面にも配慮した。海外でも順次発売し、国内で月間1000台、米国を中心に国外で4000台の販売を目指す。

価格は1600cc、手動5速の「スペシャルパッケージ」で石川、富山が197万2000円。《北國新聞》

【第76回高校サッカー】東福岡(福岡)初優勝

降りしきる雪で真っ白のグラウンドに、東福岡の赤いユニホームが躍動した。第76回全国高校サッカー選手権最終日は8日、東京・国立競技場で決勝が行われ、初優勝を目指す東福岡(福岡)が2-1で7度目の優勝を狙った帝京(東京A)に逆転勝ちした。

雪の中、ボールを丁寧にコントロールした東福岡が、逆転で帝京を下した。

東福岡が攻守に出足の鋭さで上回った。1点を先制された直後の前半24分、古賀大の低いセンタリングを榎下が左サイドから詰めて同点。後半5分には本山が個人技で突進。左に流したところを途中出場の青柳がけり込んだ。その後も、両サイドからの攻めで相手ゴールを脅かし、守備も厳しいマークで危なげなかった。

帝京は前半21分に中田の右クロスを金杉が頭で合わせて先制したが、その後は攻撃が中央に偏り、中盤のパス交換もミスが目立った。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・橋本龍太郎首相は東京が雪に見舞われた6日、国会内で記者団に対し「今、長野の方ではどれぐらい雪が降っている?」と自ら切り出した。来月に迫った長野冬季五輪では雪不足が関係者の悩みの種となっていただけに、首相も現地の積雪が気になるようで「雪を見て思うことは何か」との記者団の質問にも、「ぱっと思ったのは長野だね」と一言。さらに「それと夏場の水。水不足が心配だから…」と早くも半年先の心配。景気が冷え込み、政府も有効な手だてが打てない中、首相の悩みも尽きない様子。

○・・・自民党の森喜朗総務会長はこの日、旧三塚派の新年会あいさつで「思いがけなく野党に変化があり、混迷が続いている。複雑な国会になり、何が起きてもおかしくない」と通常国会に向けて気を引き締めるよう呼び掛けた。さらに「『自民党は謙虚な党として頑張っている』と国民の目に映っている」と謙虚さをアピールしたが、野党議員の切り崩しによって衆院で過半数を制した抜け目のない自民党。「数を多くすればいいということではないが、自民党として働くことが正しいと判断された結果だろう」と野党の混迷をしり目に余裕たっぷりの表情だった。《共同通信》

【琉球銀行】「倒産」とデマ情報

琉球銀行(本店那覇市、松本行雄頭取)は8日、「年明けに倒産する」とのデマが顧客らに流されたため、年明けから預金の引き出しや解約が例年の同時期より数十億円も増えているとして、沖縄県警に捜査を依頼したことを明らかにした。県警は「風説の流布」による信用棄損か業務妨害の罪に当たる疑いがあるとして捜査を始めた。

記者会見した崎間晃会長らは「沖縄経済や日本の金融システムに対する悪質な挑戦だ」と述べ、「流されているような事実は全くない。県民は冷静に対処してほしい」と強調した。同行の総資金量は約1兆3620億円(平成9年9月中間決算)で、崎間会長は今回の預金減少による経営への影響はないとしている。

琉球銀行によると、昨年12月下旬ごろから、匿名のほか、行員の親族、官庁関係者を名乗って「琉球銀行は1月8日に倒産する。すぐに預金を引き出さないと、紙くずになる」などとする電話が、沖縄県内の不特定多数の人に相次いだ。同行はこうした電話が計数百件に上ると推定している。

年明けには経済誌の表紙に同様の内容の文書を張り付けてコピーしたものが顧客に郵送されたケースも2件確認されたという。

例年より多く預金が引き出されたのは、年明けの準務を開始した5日から8日までの間で、顧客からうわさに関する問い合わせも相次いだため8日、松本頭取が県警本部に出向き、捜査を依頼した。《共同通信》

【関東甲信地方】大雪

発達中の低気圧の影響で、関東甲信地方は8日午後から大雪に見舞われ、9日午前0時現在の積雪は長野で31センチ、横浜で20センチ、東京・大手町で15センチなどとなった。気象庁は東京を含む同地方のほぼ全域に大雪警報を出し、路面凍結による転倒事故などへの警戒を呼び掛けた。

東京に大雪警報が出され、積雪が二けたを記録し出したのは平成8年2月以来2年ぶりで、1月としては14年ぶり。9日午前0時現在、1都7県で300人以上が交通事故や路上での転倒でけがをし、首都圏の交通機関は空、陸とも一時まひ状態になった。

雪は9日未明までに峠を越えたが、首都圏の交通機関の混乱は続きそうだ。

東京都内では、杉並区で自宅2階の屋根に積もった雪を取ろうとした小学六年の男児(12)が屋根から滑り落ち腕を骨折するなど約130人がけが。神奈川、埼玉、千葉の各県などでも路上で滑って転倒したり、車のスリップ事故によるけが人が続出した。

長野(北陸)新幹線が群馬県高崎市の高崎駅で雪によるポイント不転換のため大宮−長野間(下りは東京−長野間)で一時不通に。東海道新幹線も東京−熱海間の上下線で徐行運転した。山手線などJR在来線や私鉄はポイント故障や架線の切断による運転の一時見合わせや運休が相次ぎ、帰宅するサラリーマンに影響が出た。

国内航空路線は、羽田発着の32便が欠航。羽田空港では帰宅できなくなった利用客のため、ターミナルビルのロビーが開放され、1000人以上が泊まった。《共同通信》



1月8日のできごと