1996 平成8年11月9日(土)

平成2863日目

1996/11/09

【Jリーグ・鹿島】初のリーグ優勝

Jリーグ最終節(9日・等々力競技場ほか=8試合)鹿島アントラーズがヴェルディ川崎に0−5で完敗したものの、かすかな優勝の望みを残していた横浜フリューゲルスも浦和レッズに0−3で敗れ、鹿島が4年目のシーズンで初のリーグチャンピオンに輝いた。

名古屋グランパスはセレッソ大阪に2−1で逆転勝ちし、横浜Fを得失点差で抑えて2位になり、Jリーグ・チャンピオンファイナルの出場権を得た。

個人得点では、この日2得点した三浦知良(川崎)が通算23得点で、21得点のエジウソン(柏レイソル)を抑えて初の得点王になった。《共同通信》




【横綱貴乃花】初の休場が決定

大相撲の横綱貴乃花(24)=二子山部屋=が9日朝、急性腸炎によるとみられる発熱のため、九州場所(10ー24日・福岡国際センター)の休場を決めた。貴乃花の休場は昭和63年春場所の初土俵以来初めて。貴乃花は九州場所に自己初の5連覇がかかっていた。

日本相撲協会の境川理事長によると、同日朝、二子山親方(元大関貴ノ花)から電話で貴乃花の休場が伝えられた。二子山親方は「貴乃花は8日夜、発熱して39度の熱があり、9日朝になっても下がらないため、休場に踏み切った」と説明し、さらに「(治療を受けた病院によると)腸が原因の熱らしい」と語った。貴乃花は8日夜から、福岡県粕屋郡の病院に入院していた。《共同通信》

11月9日/のできごと

シェアする

フォローする