平成2682日目

平成8年5月12日(日)

1996/05/12

【難波康子さん】遺体発見

世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)の登頂に成功後、下山途中に行方不明となった難波康子さん)=東京都大田区=が、南東稜あん部のサウスコル上方約400メートル付近で、遺体で発見された、との情報が12日、ニュージーランドの登山隊事務所から日本山岳協会関係者に入った。

カトマンズの日本大使館も確認を急いでいるが、発見者や詳しい発見状況などは不明だという。難波さんの夫賢一さん(47)ら関係者3人は13日夜、成田空港を出発、バンコク経由で14日に現地入りする予定。

情報によると、登頂に成功した難波さんら6人のうち、難波さんと外国人男性1人の計3人の死亡が確認された。残る4人のうち1人は救助され、1人は自力でキャンプに戻った。登山隊リーダーのニュージーランド人、ロバート・ホールさんは南峰付近で動けなくなっており、救助活動が続けられている。同行のシェルパ1人の行方は不明。

6人は下山中の10日午後に悪天候に見舞われた。米国人隊員1人が遅れ始め、ホールさんと一緒に南峰付近でビバークしたが、死亡した。残る4人は下山を続けたという。ホールさんは手足に凍傷を負い、衰弱しているが、無線交信には応じている。

ネパール当局は12日朝から、連絡が途絶えた標高約8000メートルのサウスコル付近で捜索を開始したが、悪天候による視界不良のため手掛かりは得られなかった。ヘリコプターを飛ばす準備も進められたが、悪天候で飛び立てず、標高2700メートルのルクラで待機を余儀なくされた。現地は晴れているが、風が強く、救助作業は難航しているもようだ。

難波さんは10日、日本人女性としては2番目のエベー「レスト登頂に成功。難波さんがいた隊の構成はインターネットによると、隊員11人、シェルパ10人、マネージャー医師ら総勢23人という。観光省によると、10日は難波さんを含む4隊24人がエベレスト登頂に成功する登頂ラッシュとなった。《共同通信》



【大相撲夏場所】初日

大相撲夏場所初日(12日・両国国技館)大関を目指す関脇武双山に土がついた。武双山は平幕の安芸乃島に組み止められ、寄りに続く右上手投げに敗れた。横綱、大関陣は安泰。3場所連続休場からの再起をかける曙は小結琴の若を引き落として好発進。貴乃花は先場所不覚を取った新小結の旭豊を簡単に送り出した。若乃花は苦手の関脇琴錦を右四つから寄り切り。貴ノ浪は土佐ノ海を押し出し、武蔵丸は三杉里を寄り切っていずれも白星スタートを切った。元大関小錦も白星の滑り出し。《共同通信》

【橋本聖子さん】7度目の五輪出場

自転車の全日本プロ選手権トラック競技第1日は12日、アトランタ五輪代表選考会を兼ねて福島県いわき平競輪場で行われ、橋本聖子(SHI)が女子スプリント、同3000メートル個人追い抜きの2種目を制した。

男子1000メートルタイムトライアルはプロの競輪選手、十文字貴信(茨城)が1分3秒693の大会新で、昨年の競輪賞金王の神山雄一郎(栃木)らを抑えて勝った。広島アジア大会で優勝したアマの塩原正長(大塚製薬ノックス)は3位に入った。

スプリントの橋本は、門脇真由美(宮田工業)を2−1の逆転で下し、3000メートル個人追い抜きは2位に10秒以上の大差をつける圧勝だった。

自転車は、アトランタ五輪からプロの選手にも出場が可能となった。

【新進党・船田元氏】「新党も選択肢のひとつ」

新進党の船田元・総務会長代理は12日午前のテレビ朝日の討論番組で、政界再々編への対応について「新党も選択肢のひとつ」とした上で「選挙前に何らかの旗をたてなければならない。なかなかものが言えないので表情で判断してほしい」と述べ、次期総選挙前に新党さきがけの鳩山由紀夫代表幹事らと具体的行動を起こす可能性を示唆した。《共同通信》

【自民党・加藤紘一幹事長】早期解散を否定

自民党の加藤紘一幹事長は12日午前、山形市での党県連大会であいさつし、今後の政界再編に関して「自民党と新進党が合体したら大政翼賛会のようになり日本の政治がなくなる」と述べ、保・保連合の可能性を強く否定した。

衆院解散・総選挙について加藤氏は「従来から早ければ今年秋、任期いっぱいもあり得る、と言ってきた。この考えにかわりはない。橋本龍太郎首相も現在解散は考えていない」と早期解散の可能性を重ねて否定した。《共同通信》



5月12日のできごと