1996 平成8年1月13日(土)のできごと(何の日)

平成2562日目

平成8年1月13日(土)

1996/01/13

【若田光一宇宙飛行士】衛星回収に成功

米スペースシャトル「エンデバー」で飛行中の若田光一さん(33)は米中部時間13日午前5時39分、予定より約2時間遅れたものの、今回の飛行の最大の目的である、文部省宇宙科学研究所の「宇宙実験・観測フリーフライヤ(SFU)」の補そく作業に成功、無事回収した。

日本が国産のH2ロケットで打ち上げた衛星を、米国のスペースシャトルに乗り込んだ日本人宇宙飛行士が回収する国際協力の成功は、米国などと計画している有人宇宙基地の共同開発に向け大きな一歩となった。《共同通信》




【動燃】総務部次長が自殺

13日午前6時10分ごろ、東京都中央区日本橋のホテルの敷地内で、宿泊客の動力炉・核燃料開発事業団(動燃、本社港区赤坂)総務部次長Aさんが倒れているのを、一緒に泊まっていた大畑宏之動燃理事(58)らが発見、Aさんは全身を強く打っており、間もなく死亡した。

中央署の調べによると、ホテル最上階の8階の泊まっていた部屋に3通の遺書があったことなどから、同署はビデオ隠し問題の処理を苦に飛び降り自殺したと断定、関係者から事情を聴いている。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】事故原因究明への影響を懸念

橋本龍太郎首相は13日午後、動力炉・核燃料開発事業団の総務部次長の自殺について「けさ、電話で起こされた。最初に思ったのは『なぜ』ということだった。非常に痛ましく、お気の毒に思う」と述べた。

首相は、動燃が「もんじゅ」ナトリウム漏れ事故のビデオを隠したことについて「なぜ動燃はあんなことばかりを繰り返すのか」と批判するとともに「これ(幹部の自殺)が事故の原因究明に影響を与えなければいいが」と懸念を表明した。《共同通信》

1月13日のできごと

シェアする

フォローする