平成2441日目

平成7年9月14日(木)

1995/09/14

【住宅金融専門会社】8社の不良債権8兆4000億円

巨額の不良債権を抱え、再建計画が暗礁に乗り上げている住宅金融専門会社(住専)8社の不良債権総額が6月末時点で8兆4000億円に上り、このうち回収できない債権が6兆3000億円に達すると大蔵省が14日、与党の金融証券プロジェクトチームに報告した。また保有している土地などの資産価格下落による損失を回収不能額に加えると損失総額は7兆7000億円になる。

担保にしている不動産の価格下落などから3月末に比べると不良債権総額は2兆4000億円、回収不能額は1兆7000億円それぞれ増えた。既に債務超過に陥っている4社に加え、農林系の同住宅ローンを除く3社が新たに債務超過に陥るのは避けられない。

不良債権総額がほぼ確定したことで、大蔵省は住専を設立した都市銀行など母体行に対し、清算か存続かなど最終的な判断を求める。だが8兆4000億円に上る不良債権をどのように負担するかをめぐり最大の貸し手である農林系金融機関が「母体行責任」を主張しており調整は難航しそうだ。また大蔵、農水両省の責任も追及されるのは必至。

大蔵省が報告した立ち入り調査結果によると、借入金の総額は13兆6000億、貸付金総額は11兆4000億円で、3月末時点とほとんど変わらなかった。しかし、担保不動産の価格下落などに歯止めが掛からなかったことなどから、不良債権総額は6兆円が8兆4000億円、そのうち回収できない債権は4兆6000億円から6兆3000億円と大幅に悪化した。融資総額に占める不良債権額の比率は約75%にも達する。

さらに、これ以外にも、住専各社が保有する土地や有価証券などの資産のうち、計約1兆4000億円が損失となっていることも分かった。《共同通信》



【甲府地検】ウエディングドレス窃盗男を起訴

甲府地検は14日、貸衣装店からウエディングドレス2着を盗んだとして、建造物侵入、窃盗の罪で山梨県南巨摩郡身延町、農協職員A容疑者(29)を起訴した。起訴状によるとA容疑者は7月1日午前0時15分ごろ、同町内のブライダル専門貸衣装店のガラス戸を割って店内に侵入、赤のウエディングドレスなど計2着(18万円相当)を盗んだ。

南部署などによると、同被告は自宅近くの川沿いをウエディングドレス姿でジョギングしているところを、不審に思った同署が追跡調査して犯行が発覚したという。調べに対し同被告は「5年前から女装に関心があり、ウエディングドレスがどうしても着たかった」と話しているという。《共同通信》

【大相撲秋場所】5日目

大相撲秋場所5日目(14日・両国国技館)横綱貴乃花は琴稲妻を、横綱曙は湊富士をそれぞれ退け5連勝。しかし、武双山、魁皇の両関脇に土。武双山は若翔洋に土俵際で突き落とされ、魁皇はもろ差しとなった小結剣晃の寄りに屈した。大関陣はそろって白星。武蔵丸は小結琴の若をすくい投げで下して1敗を堅持。若乃花は小錦を引き落とし、貴ノ浪は肥後ノ海を寄り切りともに3勝2敗とした。平幕のベテラン寺尾が5戦全勝と元気いっぱい。十両は勝ちっ放しが消えた。《共同通信》

【社会党】新党「民主連合」目指す

社会党が10月下旬の結成を目指す新党の準備会「新しい政治勢力結集呼び掛け人会議」は14日夕、都内のホテルで発足総会を開き、自民、新進両党に対抗する第三極の新党「民主連合」(仮称)への幅広い結集を呼び掛け「憲法の精神を創造的に発展させる」ことを掲げたアピールを採択した。

社会党の久保亘書記長は「21日の臨時党大会で党を挙げて新党結成に向けて協力する」と述べ、挙党態勢で新党に参加できるよう努力する考えを示した。

呼び掛け人は久保氏ら社会党議員23人に学者・文化人、生協、労組関係者らを加えた計56人で、他党議員の参加はなかった。今後、新党さきがけや横路孝弘前北海道知事ら「民主リベラル勢力」に新党参加を呼び掛けていくが、仮に不調に終わって「見切り発車」の形で社会党中心の新党を旗揚げする構えだ。

準備会は週明け早々から、13人でつくる「世話人会」(代表・岡崎トミ子社会党衆院議員ら)を中心に、新党で総選挙を戦うための「政策綱領」や党首、組織、党綱領などの検討に入る。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・野坂浩賢官房長官は14日午前、地元鳥取県から訪れた島本真弓さんら3人の娘さんから特産の20世紀ナシを贈られ「こりゃ、特別おいしいわ」と舌鼓。同席した西尾邑次鳥取県知事に「日もちするので中東訪問から帰ったら、村山富市首相にもぜひ食べてもらってください」と頼まれたが「記者の皆さんにおすそ分けしてPRしてもらった方がずっと効果があるよ」。政府のスポークスマンとしては、気配りするなら遠くの首相より近くの記者団にサービスを、といった心境か。

○・・・「泳ぐ国会議員の会」主催のスイミング大会がこの日午後、衆院第二議員会館裏のプールで開かれた。例年10人以上が参加する大会なのに、今回集まったのは小杉隆自民党副幹事長、江田五月新進党公報企画委員長らわずか4人という寂しさ。同会事務局長を務める小杉氏は「与野党を問わず、政治上の争いも水に流して交流を図ろうという趣旨だが、自民党の総裁選の最中でタイミングが悪かった」。しかし、天候は曇りでやや肌寒いという悪条件をものともせず4人は元気に水に飛び込み、じっくりと「政界遊泳術」を楽しんだ。《共同通信》

【森喜朗建設相】小泉氏にドジャースのジャンパー

自民党の森喜朗建設相は14日夜、総裁選候補の小泉純一郎氏応援のため選対本部を激励し、米大リーグで活躍している野茂英雄投手が着用するドジャースのスタジアム・ジャンパーを小泉氏にプレゼントした。

森氏は背広の上からジャンパーを羽織った小泉氏に「どんどん直球を投げ込めばいい」と激励。「ちょうどぴったりだ」とご満悦の小泉氏は「おれはビーンボールは投げないが、ワンバウンドすれすれのフォークボールを投げ込みたい」と、橋本龍太郎候補との政策論争では一歩も引かない構えをみせた。《共同通信》

【村山富市首相】エジプト・ムバラク大統領と会談

村山富市首相は14日午後、カイロ市内の大統領宮殿でエジプトのムバラク大統領と会談した。首相は中東和平プロセスに関し、シリア、イスラエル両国に対する和平への歩み寄りを働き掛ける考えを伝えるとともに、パレスチナ自治政府への直接経済的支援を実施する方針を表明した。《共同通信》

【ボスニア紛争】重火器撤去に暫定合意

米政府当局者は14日、ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア人勢力がサラエボ周辺からの重火器撤去に「暫定的に」応じたと語った。ホルブルック米国務次官補(欧州・カナダ担当)とセルビアのミロシェビッチ大統領の会談で「原則合意」したとしている。

同当局者は期間や条件など合意の詳細は不明だとしながらも、同日中に何らかの発表がある見通しだとしている。

米CNNテレビによると、合意はセルビア人勢力が重火器を原則的に「6日間」で撤去するもので、セルビア側はその条件として北大西洋条約機構(NATO)が「3日間」空爆を停止することを求めている。

ホルブルック次官補がザグレブに向かってクロアチアのツジマン大統領、ボスニア・ヘルツェゴビナのイゼトベゴビッチ幹部会議長と会談して同意を求める予定。

同テレビによると、セルビア側は重火器撤去の条件としてさらに、ボスニア政府が同国の兵器配備状況を国連に報告することを求めている。このため、ボスニア政府との会談次第ではこの「原則合意」が崩れる可能性もある。

セルビア人勢力が重火器の撤去に実際に応じれば、同勢力に包囲されていたサラエボの状況は一変し、先週のジュネーブでのボスニア(イスラム教徒勢力)、クロアチア、ユーゴスラビアの3国外相会談で、枠組み合意ができたボスニア和平交渉がさらに前進することになる。《共同通信》

セルビアのミロシェビッチ大統領がボスニア・ヘルツェゴビナでの空爆停止など条件にサラエボ周辺からの重火器撤去に暫定合意したことを受け、北大西洋条約機構(NATO)はセルビア人勢力による重火器撤去の状況を見守るため、グリニッジ標準時14日午後8時(日本時間15日午前5時)から72時間の期限付きで空爆を停止した。

同勢力はサラエボに通じる2本の道路の封鎖解除にも応じることを表明しており、ボスニア紛争の象徴でもあった同勢力によるサラエボ封鎖の解除と停戦の実現に向け突破口となる可能性が出てきた。《共同通信》

【岡田英次さん】死去

「また逢う日まで」や、「24時間の情事」などの名作映画に主演、知性的な二枚目スターとして活躍した俳優の岡田英次さんが14日午前5時3分、心不全のため東京都内の病院で死去した。75歳。千葉県出身。

慶応大卒業後、昭和21年に新協劇団入り。24年、「花の素顔」で映画デビューした。翌年、今井正監督の傑作「また逢う日まで」で、出征する大学生役を主演。久我美子とガラス越しに交わす接ぷんシーンが大評判になった。その後、今井監督の「ひめゆりの塔」「ここに泉あり」、成瀬巳喜男監督「おかあさん」、山本薩夫監督「真空地帯」など、戦後の日本映画の黄金期を飾る傑作に相一次いで出演。彫りが深く知的な容ぼうと堅実な演技力で人気を集めた。

カンヌ国際映画祭で国際批評家賞を受賞したアラン・レネ監督の「24時間の情事」に主演、「侵略」ではマーロン・ブランドとも共演するなど、国際的にも活躍した。

晩年は渋いわき役として活躍。10月に公開が予定されている「人でなしの恋」が最後の映画になった。《共同通信》



9月14日のできごと