1995 平成7年1月12日(木)のできごと(何の日)

平成2196日目

平成7年1月12日(木)

1995/01/12

【民主連合】発足へ

山花新民主連合会長ら「民主リベラル新党準備会」呼び掛け人4氏は12日の会合で、20日召集の通常国会前に衆参議員33人で新会派を結成することで合意した。新会派名は「民主連合」とすることが固まっており、16日に総会を開いて正式に決めたうえで17日に会派届を提出。18日には決起集会を開催する段取りだ。

社会党執行部は12日午後の党大会活動方針起草委員会で、2月党大会に新党準備会設置を提案するなどの妥協策検討に着手した。村山首相は米国での記者団との懇談で、山花氏の動きを厳しく批判し「除名処分」の可能性に言及した。

山花氏らは当初、目指していた通常国会前の新党結成は組織や政策づくりな物理的に不可能と判断、2月中に新党を結成する方針だ。新会派は衆参合わせて33人程度が参加する見通しで、うち社会党から衆院20人、参院7人の計27人の参加が見込まれている。準備会後、開いた新民連所属議員16人による会合では離党も含めて一致して行動することを確認した。

山花氏は13日、久保書記長に会い、準備会参加者の名簿を添えて新会派結成の方針を説明する。久保氏は参加者全員の意思確認に入り、会派離脱届を受けた後、遅くとも19日の中執委で扱いを協議する。《共同通信》




【第112回直木賞・芥川賞】該当なし

第112回芥川・直木賞の選考会が12日、東京・築地の新喜楽で開かれ、両賞とも該当作なしと発表された。芥川・直木賞ともに受賞作がなかったのは1971年上期以来、24年ぶりで、35年の賞制定以来、4回目となった。《読売新聞》

【オリックス・イチロー外野手】大相撲を観戦

200本安打の天才打者も、この日は無邪気な相撲ファン–。プロ野球オリックスのイチローが12日、大相撲初場所が行われている東京・両国国技館を訪れた。まず“あこがれの人”九重親方(元横綱千代の富士)と初対面。色紙を持ち出してサインをねだり「イチロー君へ、と書いてもらえますか」。

生で相撲を見るのは初めてとあって、十両の取組から熱心に観戦。とりわけ高校(愛工大名電)の先輩、朝乃若には大きな拍手を送り「スピードがありますね。一生懸命拍手したのを見てくれたかな」。取組終了後には新横綱貴乃花と握手して「力士は肌がきれいですね」と話し、大満足の様子だった。《共同通信》

1月12日のできごと

シェアする

フォローする