1995 平成7年1月5日(木)のできごと(何の日)

平成2189日目

平成7年1月5日(木)

1995/01/05

【村山富市首相】風邪回復、仕事始め

風邪のため体調を崩していた村山首相は5日、都内で開かれた社会党旗開きや経済4団体新年祝賀パーティに出席するなど日程を予定通りこなした。大蔵省からの事務報告を受けるなど通常の執務も行い、事実上の「仕事始め」となった。

記者団に体調を聞かれた首相は「もう大丈夫じゃ」と回復ぶりを強調しており、10日からの訪米など公式日程は予定通り実施される見通しとなった。《共同通信》




【村山富市首相】挙党態勢の新党を強調

村山首相(社会党委員長)は5日午前、党本部で開かれた党の「旗開き」であいさつし、久保書記長が進める「民主主義・リベラル新党構想」について「全面的に支持し、書記長を中心に一丸となって新しい展開ができるような道を開いてほしい」と、挙党態勢での新党移行を訴えた。さらに、「1月、2月が一番大事な時期だ。書記長を中心に党全体が一体となって困難を乗り切り、国民の期待にこたえてほしい」と強調した。

久保氏は乾杯のあいさつで「保守2党に収れんする再編は許さず、保守2党に対じできるよう全力を挙げて頑張っていこう」と呼び掛けた。《共同通信》

【埼玉愛犬家失踪事件】ペット業者と内妻逮捕

埼玉県の愛犬家らの相次ぐ失踪事件で、一昨年4月から行方不明となっている同県行田市、会社役員Kさん(当時39歳)について、同県警捜査一課と行田署は5日、Kさんが殺害されたと断定、大型犬の売買を巡ってトラブルがあった同県江南町、犬猫繁殖販売業S(53)と内妻の同署、アフリカケンネル社長A子の両容疑者が、Kさんの遺体を群馬県片品村内に運んで焼却、捨てたとして死体遺棄容疑で逮捕した。

同署に捜査本部を設置し、6日朝から同村の数カ所を現場検証するとともに、2人が殺害に関与した疑いもあるとみてKさんの殺害方法の特定を急ぐ。埼玉県内ではこの会社役員のほかに、S容疑者と何らかの関係がある6人が行方不明となっている。

同県警などでは、大型犬の売買トラブルにかかわるなど、特に関係が深いこのうち3人の失踪との関連についても調べる。《読売新聞》

【漫画家・福地泡介さん】死去

漫画家の福地泡介さんが5日午後7時14分、肺炎のため東京都目黒区の東京共済病院で死去した。57歳。岐阜県出身。

早大法学部在学中から漫画研究会に入り、園山俊二、東海林さだおらと漫画を勉強、昭和37年独立した。代表作に「ドタコン」「コンチキ社員」「ドーモ君」など。麻雀の名手でパソコン通としても知られた。《共同通信》

1月5日のできごと

シェアする

フォローする