1994 平成6年10月9日(日)

平成2101日目

平成6年10月9日(日)

1994/10/09

【米英軍】クウェート着

クウェート国境への兵力増強を進めるイラクに対し、米国は米海兵隊を現地に派遣、9日、クウェート沖のペルシャ湾北西部に到着した。英軍のフリゲート艦も現場に到着。国連安全保障理事会も重大な懸念を表明する議長声明を採択、国境地帯に展開する国連イラク・クウェート監視団も警戒想勢を強化した。

ペリー米国防長官はさらに、最新鋭戦闘機部隊を現地に向け出発させた。一方で在イラク・ロシア大使館はイラクに対し、南進を停止するよう要請した。イラクの兵力増強問題は、軍事衝突の危険をはらみながら、緊迫の度を一層増した。

クウェートからの報道によると、国境地帯に集結したイラク軍の懸念される侵攻を阻止するため、2000人の海兵隊員を載せた米国海軍の艦船4隻が9日、クウェートに到着した。米政府は、空軍部隊の派遣も進めているほか、一両日中にも新たに陸軍部隊など4000人が北部国境地帯に展開する予定で、約6万人といわれるイラク軍部隊と国境を挟んでにらみ合うことになる。

さらに英国海軍のフリゲート艦もクウェート沖で戦闘配置に就いており、イラク・クウェート国境は、湾岸戦争以来再び大規模な軍事衝突の危険が高まってきた。《共同通信》



【セ・リーグ】今季日程を終了

史上初の同率首位による最終決戦の末に長嶋巨人がペナントを握ったプロ野球セ・リーグは9日、今季の全日程を終了した。

巨人の優勝は4年ぶり27度目で、涙を飲んだ中日は2年連続の2位。3位は広島で、昨年日本一のヤクルトはこの日の横浜戦に勝って辛うじて最下位を免れ阪神と並んで4位。横浜が5年ぶりの最下位に沈んだ。また、引き分けが1試合もなかったのは両リーグ通じ史上初。《共同通信》

【オリックス・イチロー外野手】シーズン打率は3割8分5厘

オリックスのイチロー外野手(20)は9日、近鉄最終戦(神戸)で打率3割8分5厘、通算210安打として今季の全日程を終了。シーズン打率では、プロ野球記録の更新こそならなかったものの、パ・リーグ記録を24年ぶりに塗り替えた。 打率3割8分4厘で迎えたシーズン最終戦でイチローは4打数2安打。打率を1厘上げ、張本(東映)が一九七〇年に作ったリーグ記録の3割8分3厘4毛を上回った。プロ野球記録はバース(阪神)が86年にマークした3割8分9厘。

イチロー 振り返って、大変よくできました。(シーズン最多安打など)いろいろありましたが、自分自身で評価するのは高い出塁率。これは一番打者の役割を果たしたという意味で。

オリックス7―2近鉄◇9日◇神戸

オリックスが一回の4点で優位を保って快勝、最終戦でAクラス(3位以上)入りを決め、近鉄と2位に並んだ。《共同通信》

【北海道釧路市】震度4

9日午後北海道、東北、関東の広い範囲で地震があり、釧路で震度4(中震)、根室で震度3(弱震)などを記録した。気象庁は北海道から東海地方にかけての太平洋側と伊豆諸島沿岸に津波注意報を発令した。負傷者はなかった。

札幌管区気象台の観測によると、震源地は北海道東方沖で、震源の深さはごく浅い。地震の規模はマグニチュード(M)7.3と推定される。4日の北海道東方沖地震の最大の余震。《共同通信》

【村山富市首相】孫とのんびり

村山首相は9日、二女の中原由利さんと2人の孫らと一緒に、都内の砧公園内の世田谷美術館で開かれている「秦の始皇帝とその時代展」を見学するなど、連休の日曜日をのんびり過ごした。

同展は紀元前3世紀に中国史上初めての統一国家を実現させた始皇帝にまつわる「兵馬俑」など計122点の文物を展示しており、首相は数点の兵馬俑の前で「表情がみな違うんだね」などとしきりに感心。しかし「始皇帝にあやかりたいですか」との記者団の質問には「いや、今は権威でなく民主主義の時代だから」とかわした。

この後首相は砧公園内を約30分間散歩し、連休明けの予算委員会論戦に向けて鋭気を養った。《共同通信》



10月9日のできごと

シェアする

フォローする