平成1682日目

平成5年8月16日(月)

1993/08/16

【ロンドン外国為替市場】円、100円台に突入

週明け16日のロンドン外国為替市場は、円高が進行した東京市場の流れを受けて円買い圧力が一段と強まり、円相場は午前9時前に一時1ドル=100円80銭(出来値)をつけ、世界主要市場で初めて同100円台に入った。円高抑制のための各国中央銀行による市場介入の協調体制が見られないことや、日本の巨額な貿易黒字に対する細川新政権の姿勢が明確になっていないことなどが、円急騰の要因となっている。《共同通信》



【細川護熙首相】所信表明固まる

細川首相が23日の衆参両院本会議で行う初の所信表明演説の骨格が16日までに固まった。首相は最大の柱を政治改革実現に据えて「関連法案の年内成立に全力を挙げる決意」を訴える。

また、日中戦争も含めた先の大戦の「戦争責任」を、従来より踏み込んで明確にするとともに(1)硬直化した予算配分の見直しによる生活重視の予算編成、景気対策(2)規制緩和を通じた市場開放の促進(3)地方分権推進への取り組み–などの見解を表明する。《共同通信》

【政界談話室】

○…細川首相は人間ドックのあと軽井沢へ。武村官房長官も静養中と、16日の首相官邸は石原官房副長官が留守番役でひっそり。「僕の夏休みは土曜と日曜」と公言する石原氏。家族は別に夏休みを取っており、墓参も14日に済ませたとか。記者団に休みの予定を聞かれて「去年も休んでいたら、呼び出されたりしたんで(休みを取るのを)やめたんだ。土、日(だけ)じゃ夏休みと言えんか。ハハハ」と笑い飛ばした。就任以来、5人の首相に仕え、6回目の夏を官邸で過ごす在職最長記録を更新中とあって、いかにも「官邸の主」の感。

○…民社党の米沢書記長はこの日、地元・宮崎市で記者会見。先月の総選挙以来、初めてのお国入りとあって、米沢氏は「下世話な話だが」と切り出し、「新しい政権ができれば米沢さんは大臣という声もあったが、少なくともわれわれ各派の代表者がしっかりしないと、この政権はうまく回らない」と、しっかり自分のポストの大事さを説明。最後は「私と各党書記長クラスで組閣のたたき台を作った。一大臣のポスト以上の大事な役だ」と強調。「真の実力者は入閣せず」とばかりにPR。《共同通信》

【第75回全国高校野球選手権大会】第8日

第75回全国高校野球選手権大会第8日は16日、曇り空の甲子園球場で2回戦4試合を行い、初出場の桐生一(群馬)小林西(宮崎)と育英(兵庫)修徳(東東京)が3回戦へ進出した。

宇和島東(愛媛)と対戦した桐生一は二回、スクイズで先取点を挙げると、三回には三浦の適時打、四回には3安打で3点と効率よく得点して大会屈指の好投手、平井を攻略。守っては渡辺順が反撃を九回の2点に抑えて7−2で快勝した。小林西は好機にタイムリーが出て着実に加点し、笹山が要所を締める好投で長崎日大(長崎)の反撃を1点に抑え、4−1で勝った。育英は渡辺、桑鶴の2本塁打など13安打の猛攻で、2試合連続の二けた得点となる11―3で旭川大高(北北海道)に圧勝した。修徳は高橋が甲府工(山梨)を2安打に抑える2試合連続の完封で2−0で快勝した。《共同通信》



8月16日のできごと