平成1288日目

平成4年7月18日(土)

1992/07/18

【宮沢喜一首相】靖国神社の参拝見送り

宮沢首相は18日、福島市での記者会見で、8月15日の終戦記念日の靖国神社公式参拝について「予定はありません」と述べ、見送る意向を公式に表明した。

首相は公式参拝見送りの理由について「私は今まで自分の政治的な長い履歴の中で公式参拝をしたことはない」と述べ、自らの信条を強調するにとどまった。

しかし、ことしは従軍慰安婦問題など太平洋戦争をめぐる日本の戦後外交の在り方が改めて問われていることに加え、天皇陛下の訪中問題、カンボジアへの国連平和維持活動(PKO)協力部隊の派遣問題などもあり、中国、韓国などアジア諸国の懸念への配慮も働いているとみられる。《共同通信》



【紅の豚】宮崎駿監督作品公開

【大相撲名古屋場所14日目】水戸泉関が初優勝

大相撲名古屋場所14日目(18日・愛知県体育館)平幕水戸泉が千秋楽を待たずに初優勝を決めた。水戸泉は貴ノ浪を右上手投げで下して12勝2敗。3敗で追っていた小結武蔵丸、大関小錦、大関霧島の3人が相次いで敗れて優勝が決まった。

水戸泉は初土俵から87場所目での初優勝で、年6場所制以降に初土俵を踏んだ力士では霧島の96場所に次いで2番目のスロー優勝。《共同通信》

【プロ野球オールスターゲーム第1戦】

全パ(森監督)6−1全セ(山本浩二監督)

プロ野球のサンヨー・オールスターゲーム第1戦、全セントラルー全パシフィックは18日、甲子園球場で行われ、全パが6−1で全セを下した。通算成績は全パの63勝44敗5分けとなった。

全パは5回、全セの二塁手、小松(中日)から石井(近鉄)がバックスクリーンに本塁打した後、田辺(西武)佐々木(ダイエー)もスタンドへ運び、オールスター史上初の3連続本塁打で3−0とリード。7回に1点、8回にも2点を加えた。

全セは全パの投手陣を攻めあぐね、8回に池山(ヤクルト)の三塁打などで1点を返すのがやっとだった。《共同通信》

【自民党・綿貫幹事長】所得税減税に否定的

自民党の綿貫幹事長は18日、参院選遊説先の鳥取市内で記者会見し、野党などが求めている所得税減税について、「減税をすれば消費動向が変わって、景気対策になる、という結論はすぐには得られない。現在の貯蓄性向は非常に高く、(減税しても)貯蓄を積むだけでは景気対策にはならない」と述べ、所得税減税の実施に否定的な見際を示した。

また、綿貫氏は、国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)への自衛隊派遣について、「宮沢首相はポル・ボト派の武装探除が派遣の条件だと明確には言っていないと思う」としたうえで、「パリ和平協定の枠組みは崩れていない。ポル・ボト派を中心とするいろいろな情勢がどう動いているのか着実に見極めて派遣するべきだ」と述べた。《読売新聞》



7月18日のできごと