1989 昭和64年1月5日(木)のできごと(何の日)

昭和22658日目

昭和64年1月5日(木)

1989/01/05

【天皇陛下】こん睡に近い状態

天皇陛下は5日、未明に最高血圧が60程度まで下がり、待医団は400ccの緊急輸血を実施した。出血は認められなかったが、血圧はその後も上昇傾向を見せず、侍医団はさらに午後までに400ccの追加輸血を実施、その結果午後5時30分現在、最高血圧は74とやや持ち直した。輸血総量は3万1865ccとなった。

宮内庁の前田総務課長は侍医団の所見として「ご容体は直ちに慌てる状態ではないが(当面の目標は)血圧を上げることに尽きる」と発表した。

侍医団筋によると、血圧の低い状態が続いたため陛下は腎臓の機能が低下し尿毒症に近い症状になり、血中の老廃物のため意識障害がさらに悪化しているとみられる。こうしたことから宮内庁筋は陛下の意識について、こん睡ともいえる状態、との認識を示している。《共同通信》




【マドンナ】離婚発表

米国の歌手で女優のマドンナ(29)が夫の俳優ショーン・ペンと既に別居し、近く離婚することを5日、双方の関係者が発表した。2人は85年8月に結婚したがペンがたびたび暴力事件を起こし、ここ数ヶ月間離婚のうわさがささやかれていた。マドンナ側のスポークスマンは「マドンナは既にロサンゼルスで離婚手続きをとったと思う」と話している。《共同通信》

1月5日のできごと

シェアする

フォローする