平成357日目

平成元年12月30日(土)

1989/12/30

【海部俊樹首相】陶芸に挑戦

年末静養で29日から茨城県入りした海部首相は30日午前、長女の睦さんとともに同県笠間市の笠間焼展示販売店を訪れ、陶芸に取り組んだ。

首相は笹目宗兵衛同市長らの案内で展示された名品を見学、しばしの陶芸談義のあと、大皿の絵付けを勧められ「紙と違って緊張しちゃうな」と笑いながらも「対話改革」などと揮ごうした。

さらに陶工・川瀬久米さん(72)の指導でロクロを使って茶碗作りに挑戦。続いて挑戦した睦さんに「わからなければ私に聞きなさい」とジョークを飛ばすなど上機嫌だった。午後は水戸市で県立近代美術館、偕楽園などを訪れて年末の一日を楽しんで帰京した。《読売新聞》




【ニュージーランド】遊覧機が墜落

ニュージーランド南東西岸のフィヨルドで有名な観光地ミルフォードサウンドで30日午後3時半ごろ、日本人観光客計12人を乗せて飛行中の軽飛行機2機が空中で接触、うち1機が入り江内の海中に墜落した。

墜落した軽飛行機には、日本人観光客6人とニュージーランド人パイロットの計7人が乗っており、これまでに2人の遺体が収容された。機体は水深約300メートルの海底に沈んでいるとみられ、地元警察などが救出活動にあたっているが、捜索は難航しており、行方不明の残る5人も絶望視されている。

もう1機は、辛うじて近くの空港に緊急着陸。日本人観光客6人とパイロットは無事だった。

在ニュージーランド日本大使館は現場に職員を派遣し2遺体の身元の確認を急ぐとともに、情報収集を進めている。現地は日没のため捜索はいったん打ち切られ、31日朝から再開される。

墜落したのは「フィヨルドランド航空」所属、また無事着陸したのは「ミルフォードサウンド景観サービス」所属の遊覧飛行機。

日本人客12人は遊覧船でのフィヨルド観光を終えた後、2機でミルフォードサウンド空港を出発、フィヨルドの景観を楽しみながら約100キロ離れたクインズタウンの宿舎に戻る途中だった。《共同通信》




12月30日のできごと