平成159日目

平成元年6月15日(木)

1989/06/15

【アントニオ猪木氏】参院選出馬を表明

プロレスラーのアントニオ猪木さん(46)=本名・猪木寛至=は15日、東京都内で会見し、参院比例代表選挙に新党を結成して出馬する意向を固めたと発表した。党名などはまだ決まっておらず、来週中に正式発表の予定。猪木さんは「出馬するからには勝ちたい。当選したらスポーツの国際交流を推進したい」と語った。《共同通信》




【在日中国大使館】外交官が亡命

外務、公安当局などによると、在日中国大使館(東京都港区元麻布3丁目)の女性外交官が15日までに米国への亡命を希望して日本政府関係機関に駆け込み、身柄を保護された。外務省首脳は同日この事実を認め、「人道上の見地から対処する」として本人の希望に沿う形で亡命意思の確認を急いでいる。

北京・天安門広場での武力行使事件とその後の民主化運動弾圧が広がる中で、米国、英国、オーストラリアの中国大使館員が相次いで亡命を求めているが、日本で中国大使館の亡命希望者が出たのは初めて。《共同通信》

6月15日のできごと