平成118日目

平成元年5月5日(金)

1989/05/05

【竹下登首相】インドネシア・スハルト大統領と会談

竹下登
https://www.kantei.go.jp/

インドネシアを訪問中の竹下首相は5日午前9時半すぎから、ジャカルタのムルデカ宮殿でスハルト大統領と約2時間半会談した。

会談でスハルト大統領は、3日に終了したシアヌーク大統領(民主カンボジア3派連合政府)とフン・セン首相(ヘン・サムリン政権)との会談で合意されたカンボジア和平をめぐる国際会議の開催について「参加国を決める問題についても合意を得られるだろう」との見通しを示した上で「国際会議での日本の役割を期待する」と述べ、日本も同会議に参加すべきだとの考えを示した。

アジア・太平洋協力問題について両首脳は、新たな機関はつくらず東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大外相会議など既存の枠組みを活用して推進していくことで一致した。《共同通信》




【シンクロ全日本選手権】小谷実可子選手が3連覇

シンクロナイズドスイミングの日本選手権最終日は5日、静岡県修善寺町の日本サイクルスポーツセンタープールでソロ、デュエット、チームの各ルーチン(自由)決勝を行い、ソロは小谷実可子(東京シンクロク)が先の全米選手権2位のトレーシー・ロングを抑えて優勝、日本選手だけで争う同選手権の3年連続Vも果たした。3連覇は1975〜77年の畦崎康子(ラサSS)以来3人目。《共同通信》

5月5日のできごと