平成初日

平成元年1月8日(日)

1989/01/08

【平成】昭和から改元

「平成」元年初日の8日は、全国的に雨模様の天気で始まった。皇居前広場は日曜日で閑散としたビジネス街とは対照的に、東京で40日ぶりの冷たい小雨をついて記帳者の列が続き、午後8時には35万人を超えた。

一方、遊園地では、冬休み最後の日を楽しむ家族連れ。「良い記念になります」と結婚式を挙げたカップル。予備校では自粛と関係なく受験生が模擬テストに取り組む。各地のさまざまな風景を織り込みながらあたらしい時代が静かに歩み出した。《共同通信》




【昭和天皇】「御舟入の儀」

8日夜、皇居・吹上御所で亡き天皇陛下のご遺体をひつぎに納める「御舟入」の儀式が行われ、新天皇、皇后陛下や皇族方が亡き陛下にお別れをされた。《共同通信》

【竹下登首相】大赦含めた恩赦を検討

竹下登
https://www.kantei.go.jp/

竹下首相は8日午前の臨時閣議終了後の懇談で、天皇ご逝去に伴う恩赦の取り扱いについて「大赦を行うべきかも含めてよく検討してほしい」と述べ、政府としては先例に倣い、大赦令を含めた政令恩赦を実施する意向を初めて表明した。《共同通信》

【ブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故】

英イングランド中部レスターシャー州ケグワーズで8日午後8時15分(日本時間8日午前5時15分)ごろ、エンジン火災のためイーストミッドランズ空港へ緊急着陸しようとしたロンドン・ヒースロー発ベルファスト行き英ミッドランド航空国内線ボーイング737-400型旅客機(乗員8人、乗客118人)が空港から約1.6キロ手前の高速道路M1の堤防に激突、9日朝までに43人の死亡を確認、83人が負傷した。在英日本大使館によると日本人乗客はいなかった。《共同通信》

1月8日のできごと