2017 平成29年8月15日(火)のできごと

平成10447日目

2017/08/15

【ボクシング・山中慎介選手】13連続防衛ならず

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ12回戦が15日、京都市の島津アリーナ京都で行われ、34歳のチャンピオン山中慎介(帝拳)は、挑戦者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKOで敗れ、プロ初黒星を喫した。

ここまで12連続防衛中の山中は4回にネリのパンチを受け防戦一方に。ダウンを免れるのが精いっぱいで、具志堅用高が持つ世界王座13度連続防衛の日本記録には届かなかった。

戦績は山中が30戦27勝(19KO)1敗2分け。22歳のネリは24戦全勝(18KO)。《共同通信》




【安倍内閣】靖国参拝ゼロ

終戦から72年を迎えた15日、第3次安倍第3次改造内閣の閣僚は東京・九段北の靖国神社に参拝しなかった。安倍晋三首相も参拝せず、私費で玉串料を奉納した。2012年末の第2次安倍内閣発足以降、終戦記念日に閣僚本人による参拝がなかったのは初めて。閣僚らの参拝が多い春、秋の例大祭を含めてもゼロは初。

核・ミサイル開発を強行する北朝鮮の脅威が現実化し、阻止へ連携を図る中韓両国への刺激を極力回避したいとの事情が背景にある。

今年9月は日中国交正常化45周年、来年が日中平和友好条約締結40周年という節目で、中国側に関係改善に向けた一定の配慮を示した形だ。《共同通信》

【安倍晋三首相】日韓合意「ゴールポストは動かない」

安倍晋三首相は15日、首相官邸で河村建夫元官房長官と面会し、韓国内で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意を見直す動きが出ていることを念頭に「またゴールポストが動くことは絶対にあり得ない」と述べ、見直しを否定した。面会後、河村氏が記者団に明らかにした。

河村氏は超党派の日韓議員連盟の幹事長を務めており、近く議連役員がソウルを訪問し、文在寅大統領と面会する見通しを伝えた。《産経新聞》

8月15日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする