2017 平成29年7月18日(火)のできごと

平成10419日目

2017/07/18

【民進党・蓮舫代表】「台湾籍離脱」資料を公表

民進党の蓮舫代表は18日、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題で記者会見し、すでに台湾籍がなく、日本国籍を選択したことを証明する資料を公表した。

記載内容に新事実はなく、これまでの蓮舫氏の主張を裏付けた形だが、蓮舫氏は発覚当初の説明が二転三転したことについて、「私の記憶で説明があやふやになったことは申し訳ない」として改めて謝罪した。

二重国籍問題に対し、党内から「都議選惨敗の一因になった」との批判が出る中、自ら幕引きを演出して態勢の立て直しを図る狙いがある。《読売新聞》




【豪州】“二重国籍”議員が相次ぎ辞職

豪州のラリッサ・ウォーターズ上院議員は18日、生地カナダの国籍を放棄する手続きを取らず二重国籍のまま連邦レベルの役職に就いており、憲法に違反するとして辞職を表明した。

豪州では、14日にもニュージーランドとの二重国籍が判明したスコット・ラドラム氏が上院議員を辞任したばかりで、議員の国籍問題が注目を集めている。

移民社会の豪州では二重国籍を持つ国民も多く、憲法の規定を「バカげている」(シドニー・モーニング・ヘラルド紙)と疑問視する声も上がっている。《読売新聞》

7月18日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする