令和695日目

2021/03/25

【東京五輪】聖火リレースタート

東京五輪の聖火リレーは25日、福島県からスタートし、沿岸部を巡った。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から10年。新型コロナウイルス感染の再拡大が懸念され、大会開催に懐疑的な声もある中、被災したランナーらは福島の復興を願い、聖火をつないだ。

映画「フラガール」に出演したお笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代さん(42)が作品の舞台となったいわき市を走り、南相馬市でエアレースパイロットの室屋義秀さん(48)が最終走者を務めた。富岡町で走行中にトーチの炎が消えたが、ランタンを使って再点火され、リレーを続行した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【COVID-19】国内新規感染1917人

国内の新型コロナウイルスの新規感染者は25日、39都道府県と空港検疫で計1917人確認された。死者は27人、重症者は325人だった。

東京都では新たに394人の感染が判明。1日当たりの感染者は6日連続で前週の同じ曜日を上回った。半数近い192人は感染経路が特定できていない。

山形県は49人、愛媛県は59人で、ともに過去最多となった。《読売新聞》

【東京株式市場】

25日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反発した。前日までの4営業日で1800円余り下落しており、値ごろ感から買い注文が優勢になった。

終値は前日比324円36銭高の2万8729円88銭。東証株価指数(TOPIX)は26.97ポイント高の1955.55。出来高は約12億4341万株だった。《共同通信》

【選抜高校野球大会】第6日

選抜高校野球大会第6日は25日、甲子園球場で2回戦2試合と1回戦1試合が行われ、仙台育英(宮城)と天理(奈良)が8強入りした。中京大中京(愛知)は2回戦に進出。

仙台育英は14安打の猛攻で、神戸国際大付(兵庫)に13―5で大勝。8年ぶりのベスト8で、春夏の甲子園大会で通算50勝目を挙げた。

天理は高崎健康福祉大高崎(群馬)に4―0で快勝し、13年ぶりの準々決勝進出。達が8三振を奪い、2安打完封した。

中京大中京は初出場の専大松戸(千葉)を2―0で下した。七回に櫛田のランニング2点本塁打で均衡を破った。畔柳が12奪三振で、6安打完封。《共同通信》

【サッカー】国際親善試合

サッカーの国際親善試合は25日、横浜市の日産スタジアムで行われ、日本が韓国に3―0で快勝した。新型コロナウイルスの防疫措置を徹底し、国内では1年4カ月ぶりに実施された代表戦を白星で飾った。

日本は前半に代表デビュー戦の山根(川崎)と鎌田(アイントラハト・フランクフルト)のゴールで2点を先行。相手に反撃を許さず、試合終盤にも加点した。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が27位、韓国が38位で、対戦成績は日本の14勝23分け40敗となった。日韓戦は2019年12月の東アジアE―1選手権以来で、親善試合は10年ぶりだった。《共同通信》

【大相撲春場所】12日目

大相撲春場所12日目(25日・両国国技館)単独首位の小結高安は平幕北勝富士を押し出し、2敗を守った。3大関はそろって白星。朝乃山は小結御嶽海を寄り切り、9勝目を挙げた。貴景勝は隠岐の海を押し出して勝ち越し、かど番を脱した。正代は関脇隆の勝をはたき込み、7勝5敗とした。隆の勝は6敗目。

大関復帰を狙う関脇照ノ富士は玉鷲を突き落とし、9勝目を挙げた。

トップの高安を1差の3敗で朝乃山、照ノ富士が追う。十両は千代丸が3敗を守り、単独トップに立った。

【神奈川県】路上で全裸、慶大生逮捕

神奈川県警藤沢署は25日、同県藤沢市の路上で下半身を露出したとして、公然わいせつ容疑で、慶応大2年の男(23)=同市=を現行犯逮捕した。署によると、当時酒に酔っていたといい、「裸になることに興味があり、見てもらいたかった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は25日午前3時45分ごろ、JR藤沢駅近くで全裸になり、下半身を露出した疑い。

署によると、容疑者に「見て、見て」などと声を掛けられた男性が、110番した。その後、交番の前を裸で歩く容疑者を警察官が目撃し、現行犯逮捕した。《共同通信》

【福井県永平寺町】レベル3の自動運転車両が営業

福井県永平寺町の公道で25日、遠隔監視型の無人自動運転車両の出発式が開かれた。2列シートと3列シートの車両が土日祝日に営業運行、観光客らを乗せて走る。運転手や安全確保のための保安員は乗車せず、一定条件下でシステムに運転を任せる「レベル3」の営業運行は国内初という。

約2キロの自転車・歩行者専用の公道を、3台の電動車両が最高速度12キロで往復。人や自転車が飛び出した場合は車両のセンサーが感知して自動停止する。監視者は常にモニターを注視する必要がなくなり負担が軽くなる。センサーが働きにくい悪天候や濃霧などの時は監視者が運転操作したり運行を休止したりする。《共同通信》

【河井克行元法相】議員辞職願を提出

2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相で衆院議員の河井克行被告(58)=自民離党、衆院広島3区=が25日、大島理森衆院議長宛てに議員辞職願を提出した。4月1日の衆院本会議で許可される見通し。

克行元法相は「深刻な政治不信を招いたことを真摯に反省している」とのコメントを発表。「信頼を裏切ってしまったことは万死に値すると考える。お金で人の心を『買える』と考えた自らの品性の下劣さに恥じ入るばかりだ」とした。

菅義偉首相の就任後、自民党の「政治とカネ」の問題による議員辞職は3人目となる。《共同通信》

【スエズ運河】座礁船の離礁作業続く

国際海上交通の要衝、エジプト北東部のスエズ運河をふさぐ形で座礁したコンテナ船「エバーギブン」(全長400メートル、幅59メートル)の離礁作業は25日も続いた。原油や天然ガスの輸送に欠かせない大動脈の復旧の遅れは価格に直結し、多方面への影響は避けられない。

エバーギブンを所有する愛媛県今治市の正栄汽船は25日、「離礁を試みているが、困難を極めている状況」だとし、事態の早期解決に取り組むとのコメントを発表した。

米エネルギー情報局によると、世界の石油輸送の約9%、液化天然ガス輸送の約8%を、スエズ運河と近接するスメドパイプラインが担っている。《共同通信》

【ミャンマー】死者320人に

ミャンマーの人権団体「政治犯支援協会」(AAPP)は25日夜、クーデター発生以来の国軍の弾圧による死者が計320人になったと明らかにした。27日は「国軍記念日」で、軍事パレードが行われる。国軍の最重要行事と位置付けられ、平穏に挙行するため弾圧が強まるとの懸念も出ている。

24日は軍政への抵抗の意思を示すため出勤や外出をせず、自宅にとどまる「静かなスト」が実施され、大規模デモはなかった。しかし25日は路上でのデモが再開され、AAPPによると、同日だけで最大都市ヤンゴンや中部タウンジーで計9人が治安部隊に殺害された。《共同通信》

【米・バイデン大統領】就任後初の会見

バイデン米大統領は25日、ホワイトハウスで就任後初の記者会見を開き、中国が世界を率いる最強の国を目指しているとした上で「そういう事態は起こらない」と述べ、米国の世界での指導的地位は譲らないと強調した。北朝鮮が弾道ミサイル発射などで「緊張を高めることを選ぶなら対応する」と警告。アフガニスタン駐留米軍を4月末の期限までに完全撤退させることは「困難だ」と初めて明言した。

最優先課題の新型コロナウイルスの封じ込めに集中していると指摘。ワクチンの1億回接種を約60日で達成したことを受け、2億回接種実現という新たな目標を掲げた。《共同通信》



3月25日 その日のできごと(何の日)