令和601日目

2020/12/21

【COVID-19】

小池知事、年末年始「家族で自宅に」

東京都の小池百合子知事は21日午後、都内の新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、年末年始の医療支援策や日常生活の注意点に関する臨時の記者会見を開いた。クリスマスや年末年始は「若い人も高齢者も命を最優先に、家族でステイホームをお願いしたい」と強い危機感を訴え、買い物や通院などを除き「どうしてもという場合以外は外出はぜひとも自粛してほしい」と呼び掛けた。

21日は都内の感染者数が392人となり、今月15日以降は曜日ごとの過去最多を7日間続けて更新している。小池氏は帰省もできるだけ控えるよう求め「親戚や友人との楽しみは後に取っておいてほしい」と述べた。《共同通信》

ジャニーズ事務所、5億円寄付

日本看護協会は21日、ジャニーズ事務所の社会貢献・支援活動「Johnny’s Smile Up! Project」から5億円の寄付を受け、新型コロナウイルス対応などでも活躍している認定看護師の育成や看護学生への支援に役立てる基金を設立すると発表した。

同日、ジャニーズ事務所を代表して人気グループ「関ジャニ∞」のメンバー5人が東京都内の同協会で目録を手渡し、協会からは同事務所への感謝状が贈られた。《共同通信》

国内新規感染1808人

国内の新型コロナウイルスの新規感染者は21日、42都道府県と空港検疫で計1808人が確認され、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者(712人)を含めた累計の感染者は20万1764人となった。国内の累計感染者が10万人に達するまで約9か月半かかったが、10万人から20万人となるまでの期間はわずか53日間だった。

厚生労働省によると、国内の新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)は14日時点で、前週より247件増の計3009件に上る。特に飲食店(676件)、職場(624件)、高齢者、障害者など向けの福祉施設(612件)が多い。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【岩手県】震度5弱

21日午前2時23分ごろ、岩手県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は青森県東方沖で、震源の深さは約43キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.5と推定される。津波は観測されていないという。

青森市によると、同市の70代女性が地震に驚きベッドから転落、頭を負傷し病院に運ばれた。青森県の東通原発と六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場、宮城県の女川原発に異常は確認されていない。

政府は21日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

気象庁によると、2011年3月に東日本大震災を引き起こした巨大地震の余震とみられる。《共同通信》

【日経平均終値】2万6714円42銭

週明け21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。英国で新型コロナウイルス変異種の感染が急増し、投資家の懸念を深めた。米追加経済対策案の合意は好材料視され、前週末終値を上回る場面もあった。

終値は前週末比48円97銭安の2万6714円42銭。東証株価指数(TOPIX)は4.19ポイント安の1789.05。出来高は約10億4210万株だった。《共同通信》

【太田光さん】名誉毀損で勝訴

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(55)が、日本大芸術学部に裏口入学したとする週刊新潮の記事で名誉を毀損されたとして、発行元の新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟で、東京地裁は21日、名誉毀損を認めて同社に440万円の支払いとインターネット上の記事の削除を命じる判決を言い渡した。

週刊新潮は2018年8月16.23日夏季特大号で「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父の溺愛」と題した記事を掲載した。

新潮社は「大変残念で遺憾に思う。控訴して真実性を立証する」とのコメントを出した。《共同通信》

【サッカー・中村憲剛選手】引退セレモニー

J1川崎は21日、今季限りで現役を終える元日本代表MF中村憲剛(40)の引退セレモニーを川崎市等々力陸上競技場で開いた。クラブ一筋でプレーを続けた名手は、詰め掛けたサポーターに「最高のプロサッカー選手生活でした。頼もしい後輩たちにフロンターレの今後を任せて先のステージに進みたい」と涙ながらにあいさつした。

中村とともに2年ぶり3度目のリーグ制覇を達成したチームメートも参加。盟友のFW小林悠は「憲剛さんがいなかったら、今の僕は絶対にない。本当に感謝しかない」とメッセージを送り、全員で胴上げした。最後の戦いとなる天皇杯全日本選手権で、27日に準決勝に臨む。《共同通信》

【自民党・吉川貴盛元農林水産相】議員辞職へ

自民党の吉川貴盛元農林水産相(70)が21日、事務所を通じて衆院議員を辞職すると発表した。吉川氏は慢性心不全などで入院治療を行っているとして「国会議員としての職責を果たすことが難しく、地元の皆様をはじめとした国民の負託にお応えする十分な活動ができなくなると思い、辞職する決意をした」とコメントした。

吉川氏をめぐっては、鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループ元代表が鶏卵業界に便宜を図ってもらう目的で吉川氏に現金を提供した疑いが出ており、東京地検特捜部が捜査している。吉川氏は今月、疑惑が発覚すると、選対委員長代行などすべての党役職を辞任していた。

吉川氏は北海道議を経て平成8年の衆院選で初当選し、当選6回。農水副大臣などを歴任し、30年10月〜令和元年9月に農水相を務めた。《産経新聞》

【この日の菅義偉総理】

アジアの民主化支援に意欲

菅義偉首相は21日、都内で開かれたシンポジウムで挨拶し、「アジア各国の経験が物語るのは、民主主義の定着にはさまざまな歴史や文化的背景がある。民主主義を支えていくためには長い、長い時間を要する」と述べた。その上で選挙監視団の派遣や人材育成などを通じてアジア各国の民主化促進に取り組む考えを示した。

政府は「法の支配」や「航行の自由」などに挑戦する中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」に向けた各国との連携を進めているが、アジアでの民主化促進は拙速を避け、漸進的に行う考えを示した形だ。《産経新聞》

【EU】欧米自動車2社統合を承認

欧州連合(EU)欧州委員会は21日、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)の経営統合計画を条件付きで承認したと発表した。販売台数で世界4位の自動車グループの結成に向け、大きなハードルだった欧州委の審査をクリアした。

両社は来年1月に合併の承認を得るための株主総会を開く。新社名は「ステランティス」にすることを決めている。

FCAとPSAは統合により企業規模を拡大し、激化する電気自動車(EV)などの開発競争を勝ち抜くことを狙っている。《共同通信》

【米国】安倍前首相に勲功章を授与

トランプ米大統領は21日、安倍晋三前首相に勲功章を授与したと発表した。オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が杉山晋輔駐米大使に手渡した。ホワイトハウスの国家安保会議(NSC)はツイッターで「自由で開かれたインド太平洋への指導力とビジョン」をたたえた。

インドのモディ首相、オーストラリアのモリソン首相にも21日、同章を授与したと発表。米国と共にインド太平洋構想を進めた4カ国の連携をアピールする狙いもありそうだ。《共同通信》



12月21日 その日のできごと(何の日)