令和602日目

2020/12/22

【COVID-19】

英、変異種警戒で物流混乱

新型コロナウイルスの変異種がまん延した英国では22日にかけて、フランスによる入国制限の影響で欧州各国との物流の混乱が続いた。業界団体は欧州からの輸入に頼る生鮮食品がクリスマスを前に供給不足となる恐れを警告。英メディアは「サラダ危機」と報じた。トヨタ自動車も部品調達の遅れを懸念し、英仏両国の工場稼働を22日から順次停止すると表明した。

英メディアによると、欧州や中東、アジアなど50以上の国と地域が英国からの入国・入域制限を決めている。 物流の滞留は深刻で、同日付英紙タイムズはクリスマスイブまで混乱は収束しないとの見通しを伝えた。《共同通信》

国内新規感染2687人

国内では22日、新型コロナウイルスの感染者が44都道府県と空港検疫で新たに計2687人確認され、火曜日としての最多を4週連続で更新した。千葉、神奈川、兵庫、長崎の4県は、1日当たりの新規感染が過去最多を更新。厚生労働省によると、同日午前0時時点の重症者数は前日から17人増えて620人で、6日ぶりに過去最多となった。

空港検疫で判明した感染者は18人。このうち5人は、新型コロナの変異種の感染が確認されている英国(3人、到着地・関西国際)、イタリア(1人、同)、オランダ(1人、成田)での行動歴があった。

東京都内の新規感染者は563人で、重症者は前日から1人増の64人だった。入院患者は2093人と高止まりの状況で、都は65歳以上は原則入院としていた従来の運用を改め、基礎疾患がない70歳未満の無症状者と軽症者は宿泊療養の対象に加えるようにした。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【日経平均終値】2万6436円39銭

22日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日続落した。英国で感染力の高い新型コロナウイルス変異種が急拡大し、警戒感が強まった。終値は前日比278円03銭安の2万6436円39銭で、約3週間ぶりの安値を付けた。

東証株価指数(TOPIX)は27.93ポイント安の1761.12。出来高は約10億7200万株。

外出や渡航の制限が相次ぐ欧州の景気が再び冷え込むのは避けられないとの見方が広がり、商工業を通じて密接に関係する日本企業の業績にも打撃が及ぶと懸念された。《共同通信》