令和532日目

2020/10/13

【インドネシア・ジャカルタ】デモが暴徒化

インドネシアの首都ジャカルタ中心部で13日、国会で5日に可決された雇用創出制度一括改正(オムニバス)法に反対する大規模な抗議デモが起き、一部が暴徒化した。治安部隊が装甲車や催涙ガス弾を使用するなどして鎮圧に当たった。ジャカルタでデモ隊が暴徒化したのは8日以来。

13日のデモはイスラム系団体が主催。同法に反対する別の団体は今後もデモを続けるとしており、来週に予定されている菅義偉首相のインドネシア訪問に影響する可能性もある。

13日午後、大統領宮殿や独立記念塔(モナス)周辺の大通りに数千人が集結。一部の若者が叫んだり、物を投げ付けたりして暴れた。地元メディアによると、警察や国軍計約1万2千人が警備に当たっていた。k




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【COVID-19】国内感染新たに501人

国内では13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに501人確認された。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を除く累計は9万人を超え、9万256人となった。死者は東京、千葉、長野の3都県で計4人だった。

東京都内では新たに166人の感染者が確認され、2日ぶりに1日当たり100人を超えた。入院中だった60歳代と70歳代の男性2人の死亡が判明した。

都によると、重症患者は前日から2人増えて27人。直近1週間の平均陽性率は3・6%だった。感染経路別では家庭内が25人、施設内が12人など。全体の6割超の102人は感染経路が特定できなかった。《読売新聞》

【最高裁】賞与・退職金不支払い、非正規格差は不合理とは言えない

非正規雇用の労働者と正社員の待遇格差を巡り、ボーナス(賞与)や退職金を支払わないことの是非が争われた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は13日、一部の支払いを命じた二審判決をいずれも見直し、「不合理な格差とまでは言えない」として賞与と退職金に相当する部分の請求を棄却した。

最高裁は「賞与、退職金の差が不合理と認められる場合はあり得る」とした上で「性質や支給目的を踏まえて検討すべきだ」との判断を示した。

非正規労働者は2千万人に上り、政府が進める「同一労働同一賃金」の議論にも影響を与えそうだ。《共同通信》

【日経平均終値】2万3601円78銭

13日の東京株式市場は、中国景気の回復期待を背景に買い注文が優勢になり、日経平均株価(225種)は反発した。円相場の円高ドル安傾向を受けて下落する場面もあった。

終値は前日比43円09銭高の2万3601円78銭。東証株価指数(TOPIX)は5.75ポイント高の1649.10。出来高は約8億7081万株だった。《共同通信》

【プロ野球】

オ0―2ソ(13日) ソフトバンクが3連勝

ソフトバンクが3連勝。三回に周東の適時三塁打で1点を先制し、九回に栗原の適時三塁打で加点した。笠谷が5回無失点で3勝目。救援陣4人も無失点でつなぎ、森が27セーブ目。オリックスは8回1失点の山本を援護できなかった。

ロ4―3楽(13日) 井上がサヨナラ二塁打

ロッテが劣勢をはね返しサヨナラ勝ちした。0―3の六回に1点を返し、七回に中村奨のソロで詰め寄り、八回に暴投で同点。九回1死一塁から井上の適時二塁打で試合を決めた。益田が3勝目。楽天は継投が決まらず勝率5割に転落。

日0―7西(13日) 高橋光が7勝目

西武が完勝した。一回に栗山の犠飛で先取点を挙げると三回に森の適時打で1点を加えた。その後も着実にリードを広げた。高橋光が8回無失点で7勝目を挙げた。日本ハムは上沢が6回5失点と誤算。打線もつながりを欠いた。

中4―2神(13日) 中日、3連勝で貯金1

中日が3連勝で貯金1とした。一回にビシエドの二塁打などで追い付き、三回にアルモンテの適時二塁打で勝ち越した。勝野が4勝目。福、祖父江と救援陣が粘り、R・マルティネスが19セーブ目。阪神は大山の26号2ランも実らず。

ヤ1―8D(13日) 大貫が9勝目

DeNAは1―1の六回に佐野の17号2ランで勝ち越し、七回にロペスの犠飛、宮崎の14号3ラン、大和のソロで5点を挙げ、突き放した。大貫は6回5安打1失点で8三振を奪い9勝目を挙げた。ヤクルトは3連敗で借金20となった。

巨3―4広(13日) 広島、九回の反撃かわし逃げ切る

広島が菅野の開幕からの連勝を13で止めた。二回に併殺打の間に1点を先制。四回は松山の適時打、菊池涼の適時三塁打などで3点を加えた。九里は8回1失点で6勝目。菅野が6回4失点だった巨人は九回の反撃も届かず、3連敗。

巨人の菅野智之投手が13日、東京ドームで行われた広島19回戦で先発して6回4失点(自責点3)で今季初黒星を喫し、プロ野球記録を塗り替えた開幕投手からの連勝は13で途切れた。試合は3―4だった。

開幕投手を問わないシーズン初登板からの連勝で、1966年の堀内(巨人)と並んでいたセ・リーグ記録の更新はならなかった。プロ野球記録は2013年の田中(楽天)が持つ24連勝。《共同通信》

【G7】デジタル通貨、透明性確保の原則で一致

日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁は13日、テレビ電話会議を開いた。各国で導入を見据えた議論が進む中銀デジタル通貨(CBDC)に関する共同声明を発表し、運用の透明性確保といった基本的原則で一致した。利用履歴を利用したプライバシーの侵害や、人権抑圧への懸念がある中国をけん制した。

日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が参加した。麻生氏は会議後の記者会見で、基本原則を「履行する気がない国には注意喚起する必要がある」と述べた。《共同通信》

【菅義偉首相】皇位継承は男系重視

菅義偉首相は13日、自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」の青山繁晴代表らと官邸で面会し、政府が今後検討する安定的な皇位継承策について「男系による継承が絶えることなく続いてきた重みを踏まえると申し上げてきた。それは首相になった今もいささかも変わらない」と述べた。青山氏が会談後、記者団に明らかにした。

首相は官房長官時代の記者会見などで「男系継承が例外なく維持されている重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行っていく必要がある」と話していた。《共同通信》

【尖閣諸島】中国公船2隻、領海外へ

沖縄県石垣市の尖閣諸島・大正島沖の領海に侵入していた中国公船2隻は13日午後8時19〜26分頃、領海を出た。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、領海内の連続滞在時間は丸2日を超える57時間39分で、2012年の同諸島国有化以降、最長となった。

2隻は、11日午前10時47分頃から相次いで領海に侵入し、操業中の日本漁船(9・7トン、乗員3人)に接近しようとする動きを繰り返した。このため、海上保安庁の巡視船が、漁船の安全を確保しながら、中国公船に無線などで領海からの退去を求めたという。これまでの最長は、7月の39時間23分だった。

加藤官房長官は13日の記者会見で、繰り返し中国側に抗議しているとした上で、「こうした状況が続いていることは誠に遺憾だ。中国側には引き続き、冷静かつ 毅然 と対応していきたい」と語った。《読売新聞》

【独・ベルリン市ミッテ区】少女像「当面認める」

ドイツの首都ベルリン市ミッテ区は13日、区内の公有地に設置され、いったん撤去を求めた従軍慰安婦の被害を象徴する少女像について、設置を「当面認める」と発表した。韓国系市民団体が撤去決定の効力停止をベルリンの裁判所に申請したことを受け、14日までとしていた撤去期限を前に、新たに判断した。今後、日韓双方が折り合える妥協案を探りたいとしている。

同区は8日、日韓間で中立を保ちたいとして、設置の中心となった韓国系市民団体「コリア協議会」に像の撤去を求めると発表していた。協議会は反発し、裁判所への申請とともに、区にも異議を申し立てた。《共同通信》

【ベラルーシ】反政権派、大統領に退陣要求

ベラルーシ反政権派のチハノフスカヤ氏は13日、声明を発表し、ルカシェンコ大統領に対し、今月25日までに退陣表明するよう要求、応じなければ26日以降、ゼネストに突入すると「最後通告」を突き付けた。政権との対話を求めるこれまでの立場から、全面対決する強硬姿勢に転じた。

ルカシェンコ氏圧勝が発表された8月の大統領選でチハノフスカヤ氏は2位となったが、隣国リトアニアに強制出国させられ、同国で反政権派支援を続けている。ベラルーシを25年以上も牛耳るルカシェンコ氏の辞任の可能性はなく、ゼネストを組織できるかが焦点となる。《共同通信》

【iPhone 12】発表

米アップルは13日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに初めて対応したスマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」シリーズを発表した。ディスプレーに有機ELを採用し、税別価格は「12ミニ」の7万4800円から。

5Gスマホは、韓国サムスン電子や中国の華為技術(ファーウェイ)、ソニーなどが投入しており、主要メーカーの製品が出そろった。販売競争の激化により、市場では大規模な買い替えが期待されている。

日本の通信各社も「12」を取り扱う予定だ。ただ、米国や日本などでは5Gを利用できる地域が限定的で、通信網の整備が課題だ。《共同通信》



10月13日 その日のできごと(何の日)