令和471日目

2020/08/13

【韓国検察】元慰安婦支援団体の前理事長を横領容疑で聴取

聯合ニュースによると、韓国検察は13日、元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」(正義連、旧挺対協(ていたいきょう))前理事長で、左派系与党「共に民主党」の尹美香(ユンミヒャン)議員(55)を横領などの容疑で聴取した。文在寅(ムンジェイン)政権と与党は尹氏をかばい続けており、検察の捜査に注目が集まっている。


https://www.youtube.com/

尹氏が聴取を受けるのは初めてだ。検察は、尹氏が個人口座で元慰安婦のために使うとして集めた寄付金の横領容疑に加え、ソウル近郊に知人の仲介で相場より高く元慰安婦療養施設を購入した背任容疑を集中的に調べている模様だ。

尹氏には多くの疑惑があると指摘されている。韓国紙・朝鮮日報は、国庫補助金と寄付金の37億ウォン(約3億3000万円)が正義連の帳簿から消えたと報じた。

検察は5月20日に正義連の事務所を捜索するなど捜査を進めたが、尹氏は不正を否定し、5月30日に国会議員に就任した。与党は尹氏を受け入れ、沈黙を続けていた文氏も6月、「運動の大義は守らなければならない」と述べて擁護した。

尹氏に対する検察の捜査は約3か月間、目立った進展がなかった。保守有力紙には「尹氏が与党所属で、正義連が政権の反日パートナーだからという理由以外は考えられない」(朝鮮日報社説)との論調もある。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【COVID-19】

沖縄、緊急事態宣言を2週間延長

沖縄県の玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言の期限を当初の15日から29日まで2週間延長すると発表した。県が定める4段階の警戒レベルを最上位の「感染まん延期」に引き上げると明らかにし、不要不急の外出自粛を徹底するよう要請した。

玉城氏は13日の記者会見で「感染拡大は、引き続き大変厳しい状況にある」と指摘した上で「対策を徹底し、8月半ばをピークに流行を抑える」と強調した。

県は、期間を8月1~15日とする県独自の緊急事態宣言を7月31日に発表していた。《共同通信》

国内新規感染1175人

国内では13日、新型コロナウイルス感染者が37都道府県と空港検疫で新たに1175人確認された。累計の感染者数は5万2595人。死者は大阪府で3人、東京都で2人、神奈川、愛知、奈良、香川、愛媛、福岡の各県で1人の計11人が確認された。10人を超えるのは、埼玉県が過去の死者の定義を見直した6月19日を除くと5月28日以来となる。

206人の感染が確認された東京都では、20~30歳代の感染者が107人で半数を超える一方、70歳代以上の感染者も14人いた。感染経路が不明な人は6割超の128人に上った。

大阪府では、177人の感染が確認され、10日連続で100人を超えた。福岡県では新たに144人の感染が判明。大牟田市の私立高校では、新たに男子生徒20人と教諭1人の感染が確認され、同高の感染者は計27人となった。生徒の大半が同じ部の部員で、教諭は顧問だという。

神奈川県では、123人の感染が確認された。厚木市の市立小学校では児童9人が陽性と判明し、同校の感染者は計14人となった。《読売新聞》

【日経平均終値】2万3249円61銭

13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、新型コロナウイルスのワクチン開発進展による経済回復への期待を背景に大幅続伸した。終値は前日比405円65銭高の2万3249円61銭で、2月21日(2万3386円74銭)以来、約半年ぶりの高値を付けた。

終値は新型コロナ感染拡大の深刻化に伴い、3月に大きく下落した後の株価回復過程で最も高い水準となった。2万3000円台を回復したのは約2カ月ぶり。

東証株価指数(TOPIX)終値は18.62ポイント高の1624.15。出来高は約14億1100万株。《共同通信》

【プロ野球】

ロ8―6日(13日) ロッテが逆転勝ち

ロッテが逆転勝ちした。4―5の六回に菅野の適時二塁打で追い付き、七回に代打佐藤の2点適時打などで3点を勝ち越した。3番手のフローレスが来日初勝利。益田が14セーブ目。日本ハムは七回に2失策など守備にミスが重なった。

西4―7楽(13日) 楽天が3連勝

楽天が3連勝。1―1の三回に辰己のソロや浅村の適時打などで3点を勝ち越し、五回に茂木の適時打、七回に暴投とロメロの適時二塁打で2点を加点した。酒居が2勝目、牧田が5年ぶりのセーブを挙げた。西武は5年ぶりの7連敗。

ソ3―1オ(13日) ソフトBの大竹が今季初勝利

ソフトバンクが4連勝。今季初登板の大竹が六回2死まで1失点で白星を得た。0―1の二回に今宮の5号ソロで追い付き、周東の適時三塁打で勝ち越し。五回は2死から3連打で加点した。好機を生かせなかったオリックスは6連敗。

巨4―3ヤ(13日) 巨人がサヨナラ勝ち

巨人が今季初のサヨナラ勝ちを収めた。0―3の四回に丸、中島の連続ソロで追い上げ、五回に岡本の適時打で同点。九回に代打亀井の中前打で試合を決めた。中川が八回途中から好救援して今季初勝利。ヤクルトは4連敗を喫した。

【イスラエル、UAE】関係正常化

トランプ米大統領は13日、国交がなかったイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が関係正常化に合意したと発表した。パレスチナ問題を抱えるイスラエルは、アラブ主要国のうちエジプトとヨルダンとしか国交がなく、アラブ諸国との関係正常化拡大が悲願だった。

トランプ氏は「歴史的だ」と称賛し「より平和で安全、繁栄した中東を建設するための重要な一歩だ」と述べた。また「米国が中東にいる必要はなくなった」と述べ、中東への関与を縮小したい考えを強調した。《共同通信》

【中国】台湾海峡で実戦想定の軍事演習

中国軍で台湾有事に対応する「東部戦区」の報道官は13日、中国大陸と台湾を隔てる台湾海峡とその周辺で最近、実戦を想定した軍事演習を連続して実施したと発表した。台湾への武力行使の備えを示し、米台接近をけん制する狙いとみられる。

報道官は演習の具体的な内容には触れず、「(陸、海、空軍などの)統合作戦能力が向上した」と紹介した。米国を念頭に「一部の大国が最近、『台湾独立』勢力に誤ったシグナルを送った。台湾は中国の神聖で不可分な領土だ」と主張し、東部戦区は「高度な警戒態勢を保ち、あらゆる必要な措置を取る」とした。

中国軍はアレックス・アザール米厚生長官が訪台中の10日、戦闘機が台湾海峡の中間線を越えるなど、台湾への武力による威嚇を強めている。《読売新聞》



8月13日 その日のできごと(何の日)