2020 令和2年2月7日(金)

令和283日目

令和2年2月7日(金)

2020/02/07

【新型肺炎】

中国本土の感染者3万人超え

中国国家衛生健康委員会は7日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が中国本土で3万1161人、うち死者が636人に上ったと発表した。重症者は4821人で、いずれも7日午前0時(日本時間同1時)時点。感染者は前日から3143人増えたが、1日あたりの増加数は2日連続で減少した。

中国の李克強首相がトップを務める感染対策の指導グループは6日会議を開き、「現在のところ(感染拡大の中心となっている)湖北省を除く地域では感染者の増加は全体的に安定しており、致死率も低い」として、生産活動の再開を進めていく方針を示した。国営新華社通信が伝えた。《産経新聞》

チャーター機第4便到着

肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が拡大している武漢市など中国湖北省に滞在する邦人らを帰国させるために政府が派遣したチャーター機の第4便が7日午前、198人を乗せて羽田空港に到着した。

茂木敏充外相は7日午前の記者会見で、搭乗者の国籍・地域の内訳について、日本119人、中国77人、台湾2人と明らかにした。政府関係者によると、中国籍には配偶者や子供が含まれているという。

政府は帰国した邦人らについて、検査後症状がない人については経過観察のための滞在先を埼玉県和光市の「税務大学校和光校舎」にすると発表した。《産経新聞》

ヤフー、高値のマスク出品削除も

ヤフーは7日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大で品薄となっているマスクが、フリーマーケットアプリなどで高値販売されている問題を受けて、不当な利益を得ることが目的と同社が判断した場合に出品を削除することを決めた。

フリマアプリ「ペイペイフリマ」とオークションサイト「ヤフオク!」の出品禁止物に関する細則を改定。災害などの緊急時に品切れが起きることで人の生命に影響が及ぶような物品について、不当な高値での販売を規制する項目を追加した。 どのような金額が不当販売となるのかについては、ヤフーは具体的な基準を明らかにしていない。《共同通信》

タイ保健相、マスクなしの欧州客「出て行け」

タイのアヌティン保健相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り「マスクをしない欧州の観光客はタイから出て行くべきだ」と発言した。その後、インターネット上などで批判が殺到したため撤回、謝罪した。 アヌティン氏は首都バンコクの駅でマスクを配り、感染防止の啓発活動をしていた。欧州から来たとみられる外国人が受け取らなかったため、記者団に「アジア人は受け取るのに信じられない」と憤りをあらわにした。その後、発言が差別的との批判が広がり、フェイスブック上で謝罪した。 タイは国内総生産(GDP)の約2割を観光業に依存している。《共同通信》

クルーズ船運営会社、運航中止に

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の運営会社「カーニバル・ジャパン」は7日、同船を運航する予定だった横浜、神戸、台湾北部・基隆発で28日以降に予定された五つのクルーズを中止したと、同社ホームページで発表した。

取りやめるのは28日と3月7日横浜発、3月1日と同9日神戸発、同12日基隆発。同社は「誠に申し訳なく心よりおわび申し上げます」としている。《共同通信》



【日本列島】各地でこの冬一番の寒さ

日本列島は7日午前、強い寒気に覆われ各地で厳しく冷え込んだ。気象庁によると、東京都心部で氷点下2.1度を記録するなど、全国924観測点のうち北海道や本州、四国の400以上の地点でこの冬一番の寒さとなった。

夜間に雲が少なく熱が逃げる放射冷却の影響で気温が下がった地域もあり、最低気温が0度未満の冬日は約700地点に上った。都内では厚手のコートやマフラーを身に着けて出勤するサラリーマンの姿が見られた。

名古屋市は氷点下2.2度、大阪市は氷点下0.1度まで下がり、いずれもこの冬で最も気温が低くなった。北海道陸別町では氷点下27.4度を記録。《共同通信》

【日経平均終値】2万3827円98銭

7日の東京株式市場は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で企業業績が悪化するとの懸念が根強く、日経平均株価(225種)は反落した。高値警戒感から当面の利益を確定する売り注文が優勢だった。

終値は前日比45円61銭安の2万3827円98銭。東証株価指数(TOPIX)は4.84ポイント安の1732.14。出来高は約12億6400万株。

新型肺炎への不安が急速に高まった1月下旬以降、平均株価は乱高下の展開が続く。6日までの3営業日は治療薬開発を巡る報道などを受けて計900円超急伸しており、7日は反動で割高な銘柄に売りを出す動きが広がった。《共同通信》

【ボクシング・井上尚弥選手】2年連続MVP

ボクシングの2019年度年間優秀選手表彰式が7日、東京都内で開かれ、男子プロ最優秀選手賞は、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が2年連続(3度目)で受賞した。

井上尚は昨年11月、異なる団体の世界王者らで争うワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を倒し、優勝した。この試合は世界戦年間最高試合に選ばれた。

井上尚は体調不良で表彰式を欠席。「2年続けてこのような素晴らしい賞をいただき光栄。2019年は僕自身すごく充実した年になった」などとする談話を発表した。

殊勲賞とKO賞はWBAミドル級王者の村田諒太(帝拳)が受賞。技能賞には日本男子初の世界4階級制覇を果たした世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)が選ばれた。《産経新聞》

【山本浩二さん】闘病告白

広島元監督で日本代表でも指揮を執った山本浩二氏(73)が7日、宮崎市で行われている巨人のキャンプを視察し、昨年にぼうこうがんと肺がんで手術を受け、闘病していたことを明らかにした。「二つのがんにやられて、4回手術をした。おかげさまでこうして元気。自分では信じられないくらいの一年だった」と明るい表情で話した。現在は回復し、日常生活に支障がないという。

プロ野球に関係する場へ公に姿を現すのは昨年4月以来だという。今後は解説などの仕事に復帰する予定。原辰徳監督と談笑し「こうしてキャンプに来ることがまた一つの活力になる」と笑顔をのぞかせた。《共同通信》

【フランス】アップルに罰金30億円

フランスの消費者保護当局は7日、2017年に起きた米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種で基本ソフト(OS)を更新すると動作が遅くなる問題で、同社が必要な情報を使用者に伝えなかったと判断した。アップルが罰金2500万ユーロ(約30億円)を支払うことに同意したと発表した。

当局はアイフォーン6などの機種で電池が古い場合、OSの更新により動作が遅くなる可能性があったのにアップルは情報を伝えず、多くの使用者は電池交換や電話の買い替えを迫られたとみられると指摘。「不作為による詐欺的商法」に当たるとの判断を示した。《共同通信》

【相模原市障害者施設殺傷事件】第12回公判

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判第12回公判が7日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。被告を鑑定した大沢達哉医師は、大麻使用障害や大麻中毒、人格障害である「パーソナリティー障害」を認定した一方で「犯行に影響がなかったか、影響を与えないほど小さかった」と述べた。

鑑定は起訴後の18年に実施。大沢医師は「被告は事件当時、個人の強い考えに基づいて行動していた」との考察を示した。《共同通信》

【安倍晋三首相】北方領土返還要求全国大会に出席

「北方領土の日」の7日、政府や関係団体の主催による「北方領土返還要求全国大会」が東京都内で開かれた。安倍晋三首相は領土問題を含めたロシアとの平和条約締結交渉について「双方が受け入れられる解決策を見つけるための共同作業を進め、交渉を着実に前進させる」と決意を表明した。早期解決を求める大会アピールも採択した。

首相は、5月9日の対ドイツ戦勝75年式典に合わせた訪ロを検討している。ロシアが北方四島のうち2島だけを引き渡す「2島決着」案を軸に、プーチン大統領との交渉に臨む方針。ロシア側に歩み寄りが見られるかどうかが焦点となる。《共同通信》



2月7日のできごと