令和170日目

2019/10/17

【プロ野球ドラフト会議】佐々木投手はロッテ、奥川投手はヤクルト

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は17日、東京都内のホテルで行われ、球速163キロをマークして注目される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位指名で競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。

今夏の甲子園大会で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸投手はヤクルト、阪神、巨人が1位指名しヤクルトが交渉権を獲得。今春の選抜大会を制した愛知・東邦高の石川昂弥内野手はオリックス、中日、ソフトバンクが競合し中日が交渉権を得た。明治大の森下暢仁投手は広島が、神奈川・桐蔭学園高の森敬斗内野手はDeNAがともに単独で交渉権を得た。《共同通信》

今年のプロ野球ドラフト会議では、大船渡高の佐々木に4球団、星稜高の奥川と東邦高の石川にも3球団ずつが競合するなど、1回目の入札で計11球団が高校生を1位指名した。昨年も根尾(中日)や小園(広島)らに計11球団、一昨年は清宮(日本ハム)、中村(広島)に計9球団の1位指名が集中しており、各球団の将来性を重視したドラフト戦略が強く表れる結果となった。

なかでも阪神は奥川の外れ1位で創志学園高の西を指名すると、5位までを高校生で固めた。矢野監督は「来年以降すぐに、というのはなくとも将来に楽しみがある」と数年先のチームづくりを念頭においたドラフトであることを強調。同様に奥川の抽選に敗れた巨人は青森山田高の堀田、石川を外したオリックスは興南高の宮城と、最終的な1位指名は高校生に落ち着いた。

対照的だったのは今季4位と4年ぶりのBクラスに沈んだ広島で、巻き返しに向けて即戦力候補を積極的に指名。大学ナンバーワン右腕の呼び声が高い明大の森下の一本釣りに成功し、佐々岡監督も「体全体を使って投げることができ、スピードとコントロールのバランスがいい」と満足げだった。

今季、投手力が大きな課題となった西武も、佐々木の外れ1位で東芝の宮川、2位で三菱日立パワーシステムズの浜屋と社会人の即戦力投手を指名し、チーム事情が色濃く反映された。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【日経平均終値】2万2451円86銭(前日比21円06銭安)

17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに小幅反落した。終値は前日比21円06銭安の2万2451円86銭。相場に過熱感があり、当面の利益を確定する売り注文を出す動きが優勢になった。

東証株価指数(TOPIX)は7.35ポイント安の1624.16。出来高は約11億1400万株。

平均株価が16日までの4営業日で計1000円超上昇し、年初来高値を更新したため、反動で幅広い業種の銘柄に売りが及んだ。「米中貿易協議の部分合意を好感した買いは一服した」(大手証券)との声があった。16日の米国株安も投資家の慎重姿勢につながった。《共同通信》

【JR中央線・四方津駅】列車の方向幕盗まれる

台風19号の影響で山梨県上野原市のJR中央線四方津駅に停車中の列車から、行き先を表示する方向幕が盗まれていたことが17日、分かった。県警上野原署は窃盗事件として捜査を始めた。

同署やJR東日本八王子支社などによると、列車は6両編成の高尾行きとして運行していたが、台風による運休で12日から四方津駅に留め置かれていた。

16日午後2時半ごろ、JRの社員が後方車両の方向幕3基などがないことに気付き、同署に届け出た。車両外側に損壊がないことから、夜間などに車両内に侵入して盗んだとみられる。

JR中央線は線路への土砂流入で、17日も大月(山梨県大月市)-高尾(東京都八王子市)間で運休している。同支社関係者は「電車運行に関係のある機器を非常時に盗まれた。火事場泥棒的犯行だ」と憤っていた。列車の方向幕は、鉄道会社から放出されるとネット上などで高値で売買されている。《産経新聞》

【北陸新幹線】電気系統被害で使用困難

台風19号の記録的大雨による堤防決壊で水に漬かった北陸新幹線車両をJR東日本が調べた結果、床下にある電気系統の機器に重大な被害があったことが17日、JR関係者への取材で分かった。浸水車両をそのまま運転に使うのは困難という。

同社は台車など一部の再利用か、新たに車両を製造することを含め検討する。上越新幹線に投入予定だった同じ種類の車両を一部転用し、運行に必要な本数を確保することも調整している。

浸水した10編成120両の製造費は300億円超とされる。車両に掛けられている水害に伴う保険の補償範囲はごくわずかで、適用も不透明。経営への打撃は不可避となった。《共同通信》

【日本陸連】IOC札幌会場案「代表見直し絶対ない」

2020年東京五輪の陸上男女マラソンと競歩の会場をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が東京から札幌市への変更案を示したことを受けて、日本陸連の麻場一徳強化委員長は17日、マラソン代表内定の4選手について「(選考の見直しは)絶対にない」と明言した。いずれも9月、ほぼ現行計画通りのコースで行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、五輪切符を勝ち取った。

4選手は男子の中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、女子の前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)。

一方、14年頃から暑熱対策に力を入れてきた陸連科学委員会の杉田正明委員長は、会場変更案の行方にかかわらず情報収集は必要として、五輪開催時の札幌市の気象データ把握に着手したことを明らかにした。「(札幌開催なら)長い時間をかけたシミュレーションが台無しになってしまうのは残念。決まった場合は粛々と対応するしかない」と語った。《読売新聞》

【立憲民主党、国民民主党、共産党】質問通告問題「政府側による質問妨害」

立憲民主党の安住淳、国民民主党の原口一博、共産党の穀田恵二の各国対委員長らは17日、国会内で会談し、国民民主の森裕子参院議員の質問通告問題について「(政府側による)質問妨害に当たる可能性は極めて高い」(安住氏)として、連携して対応する方針を確認した。

安住氏は会談で「すべての質問に対し、役所がすべての利害関係者に一方的に情報を流し、悪質な妨害をしていたとすれば、トランプ米大統領をほうふつさせる手口で、とても許すことはできない」と強調した。原口氏も「政府が私たちの行政監視機能について、カウンターをやった疑いがある」と語った。

穀田氏は「政府が情報を勝手に流し、(ネットで)炎上させるとなると、まさに国会の機能をおとしめる政府のやり方だ」と主張し、共産党として追及していく考えを示した。

会談には森氏も同席し、「議員の発言の責任は問われないと規定された憲法51条に対する挑戦だ。それは議会制民主主義への重大な挑戦で、大変な問題だ」と協力を求めた。《産経新聞》

【衛藤晟一沖縄北方担当相】靖国神社を参拝

衛藤晟一沖縄北方担当相は17日、東京・九段北の靖国神社を秋季例大祭に合わせて参拝した。閣僚の参拝が確認されたのは約2年半ぶり。衛藤氏は産経新聞の取材に「国民の幸せと平和をお祈りするために参拝した。国のために尊い命を犠牲にされた方をお参りするのはどこの国でも当然のことだ」と語った。《産経新聞》

【天皇陛下】祝賀パレード延期へ

安倍晋三首相は17日、天皇陛下のご即位に伴う22日の「即位礼正殿の儀」の後に行うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」について、台風19号の甚大な被害を考慮して延期する意向を表明した。「今回の被災状況を踏まえて延期する方向で検討している」と明言した。政府は11月10日に延期する方針で、18日の閣議で決める。

即位礼正殿の儀や22、25、29、31日の国内外の賓客を招いた祝宴「饗宴の儀」、23日の首相夫妻主催晩餐会は予定通り行う。

祝賀御列の儀は22日午後に行われ、荒天の場合は26日に順延される予定だった。政府は11月14、15日に行われる大嘗祭や首相の外遊日程も踏まえ、新たな日程を11月10日とした。《産経新聞》

【安倍晋三首相】台風19号被災地を視察

安倍首相は17日午前、台風19号で大きな被害を受けた福島県を訪れ、被害状況を確認した。首相が台風19号の被災地を視察するのは初めて。

首相は、阿武隈川の氾濫で広範囲が浸水した同県郡山市の中央工業団地を訪れ、多くの企業が操業を停止している現状などについて説明を受けた。その後、同市の高瀬小学校に設けられた避難所で、被災者に「頑張りましょう」などと声をかけ、激励した。午後には、宮城県丸森町の被災地なども訪れる予定だ。

政府は2019年度予算の予備費を投入し、被災自治体からの要請を待たずに食料などを届ける「プッシュ型支援」を強化している。早期復興に向け、自治体の復旧事業で国の補助率がかさ上げされる「激甚災害」に指定する方針だ。19年度補正予算案の編成も検討している。《読売新聞》



10月17日 その日のできごと(何の日)