2019 令和元年9月9日(月)のできごと(何の日)

令和132日目

令和元年9月9日(月)

2019/09/09

【台風15号】通勤ラッシュを直撃

関東に上陸した台風としては最強クラスとなった台風15号は、朝の通勤・通学ラッシュを直撃した。首都圏の全てのJR在来線は9日、始発から「計画運休」を行い、駅には運転開始を待つ人らであふれた。

JR荻窪駅(東京都杉並区)では、午前8時ごろから中央線などが順次運行再開の予定だったが、同駅付近で竹が倒れ、安全確認のため8時過ぎになっても運転を見合わせた。「運転再開はいつになるのか」「振り替え輸送はやっていないのか」などと、駅員に詰め寄る乗客の姿も見られた。

構内には人があふれ、平常運行の丸ノ内線のホームもごった返した。普段は中央線で出勤しているという杉並区内の男性会社員(32)は、「今日は丸ノ内線で行こうと思うが、すごく混雑していて乗りたくない」と困惑気味。東京都武蔵野市に住む団体職員の男性(53)は「(台風は)昨日から分かっていたから仕方ないが、振り替え輸送をやってほしかった」と話した。

東京メトロ東西線と西武新宿線との乗換駅であるJR高田馬場駅(新宿区)でも、運転再開を待つ人で構内はごった返した。

杉並区の女性会社員(25)は「(会社へ行くのに使う)埼京線も止まってるし、いつになるのか」とため息。台風の接近を受けて、昨日は高田馬場駅近くに住む友人の家に宿泊したといい「ちょっとでも(会社の)近くにいてJRだけでも動いていたら大丈夫だと思っていたが、意味がなかった」と苦笑した。

駅近くのタクシー乗り場にも、人があふれた。横浜市にある会社に向かうため1時間半ほど待っていた東京都小平市の男性会社員(35)は「立ちっぱなしで疲れた」と疲労をにじませた。

近くの喫茶店には運転再開を待つ人が集まり、満席状態に。相席を呼びかけていたスタッフは「普段はこんなことはない」と驚いた様子だった。《産経新聞》

【台風15号】休校、休園相次ぐ

台風15号が首都圏を直撃した9日、都内でも学校が週明け早々休校になったり、公園が午前中は閉園になったりして市民生活に幅広い影響が出た。都は水防本部を設置し、8日から夜通し対応に当たった。

区市町村立の幼稚園や小中学校などでは531校が休園や休校に。始業を繰り下げるなど約8割の2千校以上で影響があった。

避難勧告が8日午後4時半に発令された大島町では、126世帯203人が近隣の体育館や公民館などに避難した。

水防本部のまとめによると、荒川、中野、足立の3区内で建物が損壊するなど約30件の物的被害があった。

東京ゲートブリッジは9日午前2時から、強風のため通行止めとしていたが、同9時50分に解除。奥多摩町や檜原村などでは、規制降雨量を超えたため、一般道約10区間が一時、通行止めになった。

浜離宮恩賜庭園(中央区)や小石川後楽園(文京区)などでは台風の影響を考慮して、9日午前中の閉園を決定した。一方で、六義園(文京区)、清澄庭園(江東区)、殿ケ谷戸庭園(国分寺市)は通常通り営業するなど対応が分かれた。《産経新聞》



【N国党・立花孝志党首】脅迫容疑で事情聴取

NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首は9日、国会内で記者会見し、東京都中央区議の男性に言及した動画をめぐり、警視庁から脅迫容疑で任意で事情聴取を受けたと明らかにした。立花氏は「自分の主張が通らなければ辞める」などと述べ、有罪となった場合は議員辞職する考えを示した。

立花氏によると、区議の男性は4月にN国党から立候補して当選。2人はその後、離党などをめぐってトラブルになった。

立花氏は7月上旬に動画投稿サイト「ユーチューブ」に「(男性を)ぶっ壊す」などと発言した動画を投稿したという。男性は脅されたとして、警視庁に被害届を提出した。

立花氏は7月の参院選で初当選。元NHK職員で、受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」の実現を主張している。《産経新聞》

【大阪府松原市・田中厚志市議】議会休み妻と沖縄旅行

大阪府松原市の田中厚志市議(42)(1期目、大阪維新の会)が「体調不良」を理由に3月定例会の本会議を欠席し、妻と2人で2泊3日の沖縄旅行に行っていたことが9日、わかった。田中市議は取材に、「議員としての認識が甘く、ばれなければいいと思ってしまった。反省している」と事実を認めた。

田中市議によると、3月26日午前9時頃、妻を通じて「体調が悪く、本日の本会議を欠席する。家で養生する」と議会に連絡を入れ、夕方の便で沖縄に向かった。

7月中旬頃、所属会派の維新などに旅行を告発する投書が届いたことで発覚。田中市議は議会にうそをついて旅行していたことを議長らに報告し、議長から厳重注意を受けた。

田中市議は取材に「猛省し、議員としての職責をまっとうしていきたい」と述べ、5日付で会派を維新から無所属とする変更届を議会に提出。今後は無所属で議員活動を続けるとしている。地域政党の維新には所属しており、維新は田中市議の処分を検討している。《読売新聞》

【上智大学性殺害事件】発生から23年

葛飾区柴又で平成8年9月、上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害され、放火された事件から23年となった9日、遺族や地域住民らが現場跡地で献花式を行い、京成線柴又駅前で情報提供を呼びかけた。

父親で、殺人事件の被害者遺族でつくる「宙(そら)の会」会長の賢二さん(73)は「娘は海外留学を目前に突然命を絶たれた。若者の夢と希望を奪った犯人を絶対に許せない」と事件解決への思いをにじませた。

事件は8年9月9日午後3時50分ごろから4時40分ごろの間に発生。自宅から出火し、焼け跡から首を刺されて死亡している順子さんが見つかった。現場からは容疑者のものとみられる男のDNA型が検出されている。《産経新聞》

【韓国・文在寅大統領】法相に側近を任命

韓国の文在寅大統領は9日、法相に指名していたチョ・グク前民情首席秘書官ら閣僚級6人を正式に任命した。

チョ氏をめぐっては娘の大学不正入学疑惑などが浮上しており、妻のチョン・ギョンシム韓国東洋大教授が6日に私文書偽造の罪で在宅起訴された。

チョ氏は法相への適任性を審査する6日の国会人事聴聞会で、自身の疑惑への関与を全面否定したが、メディアなど韓国の世論はチョ氏の発言について「説得力がない」などと批判している。《産経新聞》

【英国】「EU離脱延期法」成立

エリザベス英女王は9日、英国の欧州連合(EU)離脱を10月末から延期する法案を裁可した。法律が成立、混乱必至の「合意なき離脱」は回避される可能性が高まった。延期に反対するジョンソン首相は9日、閉会前の下院で前倒し総選挙実施の動議可決を目指すが、野党は賛成しない方針。英政局は緊迫した攻防が続く。

離脱延期法は既に上下両院で可決された。EUとの合意案が10月19日までに議会で承認されず、議会が合意なき離脱にも賛成しなかった場合、ジョンソン氏に、3カ月の延期をEUに要求することを義務付ける内容。延期にはEU全加盟国の同意が必要となる。《共同通信》

【名古屋市・河村たかし市長】「表現の不自由展・その後」負担金の不払い示唆

企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を巡り、名古屋市の河村たかし市長は9日の記者会見で、開催経費の市負担分の一部を支払わない可能性を示唆した。

河村市長は、元従軍慰安婦を象徴した「平和の少女像」などの企画展での展示が不適切だとして、開幕直後に中止を要求。9日の会見では「公共事業にふさわしくないとすれば、払うべきなのか」と述べた。

市によると、芸術祭の開催費用は県と市の負担金などで賄われ、市の本年度の負担金は約1億7千万円。このうち約3400万円を閉幕後に支払うことになっている。《共同通信》

【大相撲秋場所2日目】白鵬が休場

大相撲秋場所2日目(9日・両国国技館)横綱白鵬が右手小指の骨折で休場し、一人横綱となった鶴竜は北勝富士をはたき込みで退け、連勝スタートとなった。関脇転落1場所目で大関復帰を狙う貴景勝も碧山を押し出して2連勝。

かど番の2大関は対照的な土俵。豪栄道は逸ノ城を寄り切っての快勝で2連勝し、栃ノ心は朝乃山の寄りに屈し2連敗となった。

関脇御嶽海は大栄翔を突き落とし、小結遠藤は友風を押し出して、ともに初白星を挙げた。《共同通信》

【パ・リーグ】

ソ6―11ロ(9日) ロッテが打ち勝つ

ロッテが打ち勝った。一回に中村奨の犠飛で先制すると、三回は岡の2ランなどで4点を追加。その後も着実に加点した。先発の二木は6回2失点で、7月5日以来となる自己最多タイの7勝目。ソフトバンクは投手陣が打ち込まれた。

楽6―4オ(9日) 浅村が勝ち越し2点打

楽天が勝率5割に復帰した。4―4の八回に浅村の2点適時打で勝ち越した。八回を無失点でしのいだ森原が3勝目、松井が自己最多の34セーブ目。オリックスは八回2死満塁を逃すとその裏に増井が打たれ、1分けを挟んで8連敗。《共同通信》



9月8日のできごと

シェアする

フォローする