2019 令和元年8月11日(日)のできごと(何の日)

令和103日目

令和元年8月11日(日)

2019/08/11

【香港】再び抗議行動

香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、香港島や九竜地区で11日、抗議活動が行われた。若者らは各地で繁華街の幹線道路などを占拠、警官隊が強制排除のため催涙弾を発射し、複数人を拘束した。負傷者も出た。

6月に抗議活動が本格化して2カ月がたち、香港政府は過激デモへの取り締まりを強化。若者らは最近、警察を消耗させるため、短時間で場所を変えながら道路封鎖などの抗議活動を繰り返している。行動が予測不能なことから、観光客への影響も懸念されている。

若者らは11日も分散し、海底トンネルや車道をバリケードで次々に封鎖した。《共同通信》

【日本列島】猛暑続く

11日の日本列島は広範囲でよく晴れ各地で気温が上昇、京都府福知山市で最高気温38.2度を観測した。12日も最高気温は大阪市で37度、名古屋市、福岡市で36度と予想され、厳しい暑さが続く見通し。気象庁は熱中症への注意を呼び掛けている。

気象庁によると、兵庫県朝来市で37.8度となり、同地点で観測史上最も高温の記録に並んだ。大阪府枚方市が37.9度、奈良市と鳥取市がともに37.3度、福岡県糸島市が37.2度だった。

全国926観測点のうち、気温が30度以上になったのは586地点に上った。うち110地点が35度以上の猛暑日となった。《共同通信》

【東京都江東区】コミケ会場付近で11人熱中症に

11日午前11時半頃、東京都江東区有明の東京ビッグサイト周辺で、「コミックマーケット(コミケ)」を訪れていた客ら11人が体調不良を訴え、このうち20~40歳代の男性3人が救急搬送された。東京消防庁によると、いずれも熱中症とみられ、軽症だった。

このコミケは毎年50万人以上が訪れる国内最大級の同人誌即売会。主催団体によると、約20万人が来場した11日は、早朝から多くの人がビッグサイト周辺に並んで入場を待っていたという。《読売新聞》

【安倍晋三首相】映画「記憶にございません!」試写鑑賞

安倍晋三首相は11日、東京都内で新作映画「記憶にございません!」(9月13日公開)の試写を鑑賞した。三谷幸喜氏が監督、脚本を手掛けた映画は、首相と親交のある俳優の中井貴一さん演じる「記憶を失った首相」が主人公のコメディー作品。嫌われ者として描かれているが、首相は鑑賞後の三谷氏との懇談で「全く別世界だから楽しめた」と笑顔を見せた。

三谷氏も「ファンタジーのつもりで楽しめますから」とフィクションを強調した。首相は鑑賞後、自身のツイッターなどに「たくさん笑わせて頂きました」と感想をつづった。

配給会社の東宝によると、首相が今月2日に中井さんらと会食した際に映画が話題となり、鑑賞を希望したという。《産経新聞》

【北朝鮮】ミサイル発射を正当化

朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は11日に発表した談話で「米大統領も我々の通常兵器の実験をどの国でも行う非常に小さいミサイル実験とし、主権国家としての我々の自衛権を認めている」と指摘した。

トランプ米大統領が、北朝鮮の短距離弾道ミサイルなどの相次ぐ発射を問題視しないと発言をしていることを受け、発射を正当化したものだ。

クォン局長はまた、5日から続いている米韓合同軍事演習について、韓国政府に対し、「中止するか演習を行ったことについての弁明を誠意を持ってするまで、接触自体が難しい」とし、「今後、我々が対話に臨むとしても、朝米(米朝)で行われるものであり、北南(南北)対話ではない」と強調した。《読売新聞》

【全国高校野球選手権大会第6日】明石商、東海大相模などが3回戦進出

全国高校野球選手権大会第6日は11日、甲子園球場で2回戦が行われ、明石商(兵庫)東海大相模(神奈川)作新学院(栃木)中京学院大中京(岐阜)が3回戦に進出した。

今春の選抜大会4強の明石商が花咲徳栄(埼玉)に4―3で競り勝った。3―3で迎えた七回に重宮の適時打で1点を勝ち越した。

東海大相模は近江(滋賀)を6―1で下した。四回に1点を先制し、中盤以降も着実に加点した。

9年連続出場の作新学院は選抜大会8強の筑陽学園(福岡)に延長十回、5―3で競り勝った。3―3の十回に中島の適時打などで2点を勝ち越した。

中京学院大中京は北照(南北海道)に4―3で逆転勝ち。《共同通信》

【パ・リーグ】

楽8―2オ(11日) 楽天、3位に並ぶ

楽天が3位タイに浮上した。2―2に追い付かれた六回に渡辺佳の適時打と茂木の満塁本塁打で5点を奪った。石橋が6回4安打2失点で6月20日以来となる5勝目を挙げた。オリックスは救援陣が崩れ、連勝が4で止まった。

ロ2―4西(11日) 西武が2位浮上

西武が2位に浮上した。2―2の八回、栗山の6号2ランで勝ち越した。2番手の小川が2勝目を挙げ、増田が18セーブ目。ロッテは種市が7回2失点と好投しながらも打線が三回以降は無得点で援護できず3連敗を喫した。

ソ2―0日(11日) ソフトバンクが3連勝

ソフトバンクが3連勝。五回に明石の2点適時打で先制し、5投手のリレーで得点を許さなかった。先発のミランダが5回を投げて6勝目。森が23セーブ目。日本ハムは12残塁の拙攻が響き、今季8度目の零敗で5連敗となった。

【セ・リーグ】

神6―5広(11日) 阪神、連日の逆転勝ち

阪神が2試合続けて逆転勝ちした。2―5の八回に大山が2点二塁打を放ち、糸原が同点の二塁打。陽川の遊ゴロ野選で勝ち越した。浜地が2勝目。広島は五回に3得点とリードを広げたが、フランスアらが打たれた八回は拙守も絡んだ。

D8―10中(11日) 福田が勝ち越し満塁本塁打

中日が逆転勝ちし、1分けを挟んでの連敗を3で止めた。3―5の六回に平田の適時打と押し出し四球で追い付き、福田が勝ち越しの満塁本塁打を放った。DeNAは筒香の3ランなどでリードしたが、投手陣が踏ん張れなかった。

巨7―1ヤ(11日) 巨人が4連勝

巨人が4連勝とした。二回にゲレーロのソロで先制。三回に岡本の適時打とゲレーロの14号3ラン、五回には丸の20号2ランでリードを広げた。高橋は6回1失点で5月6日以来の4勝目を挙げた。ヤクルトは投打に精彩を欠き4連敗。



8月11日のできごと

シェアする

フォローする