令和初日

2019/05/01

【天皇陛下】即位

皇太子さまは1日、第126代天皇に即位された。30年余り続いた「平成」が終わり、「令和」に同日改元された。平成時代の天皇陛下は4月30日で譲位し、上皇となられた。天皇の譲位は江戸時代の光格天皇以来202年ぶりで、憲政史上初めて。天皇陛下は59歳で、戦後生まれの初の天皇となられた。陛下は5月1日、皇居・宮殿で皇位継承に伴う国事行為「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」に臨まれる。

皇太子妃雅子さまと皇后さまは、それぞれ皇后、上皇后となられた。秋篠宮さまは皇位継承順位1位の皇嗣として、皇太子の役割を担われる。長男の悠仁さまが継承順位2位となられた。85歳の上皇さまは、これまで担ってきたほぼすべての公務を陛下に引き継がれた。

上皇さまは4月30日午後5時、皇居・宮殿「松の間」で「退位礼正殿の儀」(退位の礼)に臨まれた。退位の礼では、歴代天皇に伝わる三種の神器のうち、天叢雲剣の複製品と八尺瓊勾玉、公務で使われる天皇の印「御璽」、国の印章「国璽」を、側近が「案」と呼ばれる台の上に安置。安倍晋三首相は自然災害などで困難に直面した際、常に国民に寄り添われてきた上皇さまに「明日への勇気と希望を与えてくださいました」と述べた。上皇さまは国民に「心から感謝します」と改めて謝意を示された。

退位の礼には上皇后さまが陪席されたほか、天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ、女性を含む成年皇族方がご参列。安倍首相と閣僚のほか、衆参両院の正副議長、都道府県知事の代表と配偶者ら約290人も出席した。

剣と勾玉などは5月1日午前0時をもって陛下に引き継がれた。陛下は1日午前に宮殿で行われる「剣璽等承継の儀」に臨み、続く「即位後朝見の儀」で、三権の長らと面会して天皇として最初のお言葉を述べ、即位を告げられる。

今回の譲位は、平成29年6月に成立した、上皇さま一代限りで認める皇室典範特例法に基づいて行われた。《産経新聞》

第126代天皇に1日即位した天皇陛下は同日午前、皇居・宮殿「松の間」で、皇位とともに伝わる「三種の神器」などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀」と、国民の代表と即位後初めて面会する「即位後朝見の儀」に臨まれた。朝見の儀では、天皇として初めてのお言葉で「象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します」と述べられた。

昭和天皇の崩御に伴って行われた平成の代替わりは喪に服する中での儀式だったが、上皇さまの譲位による今回は、陛下や参列する皇族方が勲章を着用された正装姿の「晴れの儀式」として営まれた。

午前10時半からの剣璽等承継の儀では、陛下がえんび服に最高位の勲章「大勲位菊花章頸飾」などを身につけ、宮内庁長官らに続いて松の間に入り、玉座のある中央に立たれた。皇位継承順位1位の皇嗣秋篠宮さま、同3位の常陸宮さまが両脇で陪席された。

陛下の側近が三種の神器のうち「天叢雲剣」(剣)の複製品と「八尺瓊勾玉」(璽)に加え、天皇の印「御璽」、国の印章「国璽」をささげ持ち、陛下の前に設置された「案」と呼ばれる台に置き、儀式は約5分間で終了した。

参列の皇族は平成の代替わりを踏襲し、皇位継承資格のある成年の男性皇族に限定。秋篠宮ご夫妻の長男で皇位継承順位2位の悠仁さまは12歳で未成年のため、上皇さまや女性皇族方は皇位継承資格がないためいずれも出席されなかった。

剣璽等承継の儀に合わせ、皇祖神の天照大神を祭る皇居・宮中三殿の賢所では「賢所の儀」が行われ、陛下に代わって祭祀をつかさどる掌典長が拝礼した。宮内庁によると、賢所に安置された三種の神器の一つ「八咫鏡」(鏡)を継承される意味があるという。

午前11時10分過ぎからの朝見の儀では、陛下が安倍晋三首相ら三権の長、閣僚のほか、都道府県知事や市町村長の代表者らと面会された。秋篠宮さま、常陸宮さまも参列され、皇后さまをはじめとする女性皇族方も勲章付きのロングドレス姿で加わられた。

陛下のお言葉に続いて、安倍首相が「国民を挙げて心からお慶び申し上げます」と国民代表の辞を述べた。両儀式に先立ち、政府は両儀式を国事行為として行うことを閣議決定。陛下のお言葉、首相の国民代表の辞も閣議で決められた。《産経新聞》



【令和元年】祝福ムード カウントダウン歓声

歴史的瞬間に立ち会おうと、30日夜から5月1日にかけ、大勢の若者が東京の繁華街に繰り出して「令和元年」の訪れを歓迎、都心は代替わりの祝福ムードに包まれた。

「5、4、3、2、1」。雨が降りしきる中、渋谷駅前のスクランブル交差点では、カウントダウンの大きな声が上がり、改元の瞬間を迎えた。

新宿駅近くの商業施設に設置された大型ビジョンでは、午後11時50分ごろから「平成」を振り返る共同通信のニュース写真を放映。多くの人が足を止め、最後の約10秒は画面に合わせて数え、「令和」と叫んだ。《共同通信》


元号が平成から令和に変わった1日午前0時に合わせ、各地でカップルが結婚式を挙げたり、婚姻届を提出したりして、新たな時代の幕開けに永遠の愛を誓った。

東京都杉並区は、改元直後に婚姻届を提出するカップルのため、区役所に臨時窓口を設置。1日午前0時ごろまでに約10組が訪れた。

愛知県豊橋市も1日朝から専用の窓口を開き、新元号入りのフレームを手に記念撮影ができるようにする。《共同通信》

【平成筑豊鉄道】最終列車でカウントダウン

「平成」を冠した唯一の鉄道会社・福岡県の平成筑豊鉄道は、30日深夜から5月1日未明にかけて運行する最終列車内で、車掌が「令和」を迎える際にカウントダウン放送をして改元を祝った。

列車は2両編成で、行橋(行橋市)を30日午後11時53分に出発し、終点の犀川(みやこ町)に1日午前0時12分に到着。先頭車両に「ありがとう平成」と記したヘッドマークを掲げ、乗客らに記念の乗車証明書を配布した。

同社は不採算だったJR九州の3路線を引き継ぎ、平成元(1989)年に発足した第三セクター。沿線の筑豊地方は炭鉱がなくなって過疎化が進み、利用客数が減り続けている。《共同通信》

【天皇陛下ご即位】各党が談話

天皇陛下の即位にあたり、各党や党幹部が出した談話などは以下の通り。

自民党「新たな時代の幕開けを国民とともに慶(よろこ)びたい。日本の歴史と文化伝統、四季折々の美しい自然は、世界に誇るべき国民すべての大切な財産だ。自民党はこれからも平和な日本を守り継ぐことを国民に誓うとともに、新しい時代がさらに輝き、希望に満ちたものとなるよう、国政運営のかじ取りをしっかりと進めていく決意だ」

公明党・山口那津男代表「元号に込められた願いである平和が続き、国民一人一人が明日への希望とともに、それぞれの個性を輝かせていくことができるよう、新たな時代を開いてまいる決意だ。公明党は天皇陛下のご即位を国民とともにこぞって寿(ことほ)ぎ、わが国と世界の人々の幸福と平和のためにさらなる決意で邁進(まいしん)する」

立憲民主党・枝野幸男代表「新たな天皇陛下とともに迎えた令和という時代が、国民一人ひとりにとって幸せを実感できる、平和で穏やかな時代となることを心から祈念する。立憲民主党は国民から負託を受けた政党としてその課せられた責任を果たし、それぞれに幸せを実感できる社会経済、『まっとうな政治』の実現を目指していく」

国民民主党・玉木雄一郎代表「ご即位は国民に対してわが国へのゆるぎない誇りと未来への希望をもたらすものだ。令和の時代が平和と繁栄の時代となることを願いつつ、国民民主党としても、さまざまな課題について国民の声を聴きながら『新しい答え』をつくっていく決意を新たにしている。国民民主党は、天皇と皇室を国民国家の象徴と仰ぎつつ、日本の良き歴史と伝統を尊重する政党として、国民と皇室を結ぶ敬愛と信頼の絆が一層深まることに努力を惜しまないことを約束する」

日本維新の会・松井一郎代表「新しい御代になり、今秋執り行われる即位礼正殿の儀、大嘗祭(だいじょうさい)、来年の立皇嗣の礼まで皇位継承の儀式がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができることを望む。新しい時代を切り拓くためにビジョンを描き、実現する。国政と地方の両輪で改革を進めるために大きな役割を果たしていくことを令和改元に合わせて改めて決意している」

社民党・又市征治党首「安倍晋三政権は『新時代』をアピールするとともに、お祭り気分をあおることで、日本が直面している政治的な難問や経済的な難問を棚上げし、政権浮揚に結びつけようとしている。皇位継承や改元の政治利用は認められない。西暦か元号かどの紀年法を用いるかは国民の選択に委ねるべきであり、新元号の使用が強制になるようなことがあってはならない」

希望の党・松沢成文代表「令和の御代が、元号の願い通り人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つようになり、さらに国運の一層の進展と世界の平和、人類福祉の増進を切に希望する」(敬称は原文のまま)《産経新聞》

【丹波篠山市】誕生

兵庫県篠山市は1日、丹波篠山市に市名を変更した。改名が決まるまでは、住民投票や酒井隆明市長の辞職、出直し選といった曲折があった。新天皇即位と改元に日程を合わせて市民の盛り上がりを狙う。

改名は丹波黒大豆などブランド農産物の産地だと分かりやすくするために、地元農家や経済団体が要望したのがきっかけ。「消費者や観光客に、隣接する同県丹波市だけが産地と勘違いされる」との不満があった。《共同通信》

【明治神宮】御朱印10時間待ち

東京都渋谷区の明治神宮には1日、「令和元年」初日の日付が記される御朱印を求める人たちが押し寄せた。ピークとなった午前11時には「10時間待ち」との看板が最後尾に掲げられ、午後まで長蛇の列ができた。

明治神宮によると、午前5時の開門時点で希望者が大勢集まり、午前9時からの受け付けを午前6時半に早めて対応。午後1時半には「閉門できなくなる可能性がある」として、新たに並べないようにした。広報の担当者は「かつてない事態。今までで一番集まったのではないか」と話した。

神宮内ではこの日、天皇陛下の即位を祝う流鏑馬も行われた。《共同通信》

【水俣病】公式確認から63年

四大公害病に数えられる水俣病は、令和の時代が幕を開けた1日、公式確認から63年を迎えた。患者らでつくる水俣病互助会は熊本県水俣市で慰霊祭を開き、犠牲者を追悼して「公害なき世の到来を」と願った。依然として熊本、鹿児島両県に約1700人が患者認定を申請しており、賠償の在り方も含めて全面解決への道のりは遠い。

慰霊祭は、犠牲者の遺品などを納めた「乙女塚」で実施。約120人が焼香した。胎児性患者の娘を21歳で亡くした同会会長の上村好男さん(84)は、取材に「まだ救われない人がいる。行政は被害者の立場に立って考えてほしい」と訴えた。《共同通信》

【全労連】メーデー式典

全労連系の第90回中央メーデー式典が1日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれ、主催者発表で約2万8千人が参加した。小田川義和議長は、政府が進める働き方改革について「安価な労働力として女性や高齢者、外国人を調達するためのものだ」と批判し、「ゆがんだ政治を正すため力を合わせよう」と訴えた。

小田川氏は、平成の30年間で平均賃金は低下したにもかかわらず、大企業の内部留保が5倍になったと指摘し、「元号が変われば、富の偏在や賃金低下は解消されるのか」と訴えた。

共産党の志位和夫委員長は「8時間働けば普通に暮らせる社会を一緒につくりましょう」と呼び掛けた。《共同通信》

【パ・リーグ】

ソ0―9楽(1日) 楽天が連敗止める

楽天が快勝し、連敗を5で止めた。二回、ブラッシュとオコエの適時打で3点を先制。三回に2点、七回には4点を追加した。辛島が6回無失点で3勝目。ソフトバンクは二回、先発の武田が危険球退場。救援陣が打ち込まれた。

西2―7日(1日) 中田が先制打

日本ハムは一回に中田の適時打と田中賢の適時二塁打で2点を先行し、2―1の三回に押し出し四球と西川の2点打で3点、五回にも2点を加えた。ロドリゲスが四回から3回1失点で2勝目。西武は高橋光が三回途中5失点と崩れた。

オ0―4ロ(1日) 涌井好投、ロッテ4連勝

ロッテが今季2度目の4連勝。涌井は7安打を浴びても要所を締め、7回無失点で2勝目を挙げた。四回に先制打の鈴木が2―0の八回は2点三塁打。オリックスは榊原が7回2失点(自責点1)と力投したが、拙攻を繰り返して零敗。《共同通信》

【セ・リーグ】

神6―2広(1日) 阪神、4連勝で3位浮上

阪神が4連勝で勝率5割に復帰し、3位に浮上した。1―2の五回に近本の2点中前打、糸原の適時二塁打、大山の適時打で4点を奪い、逆転。六回はマルテの来日1号ソロで加点。才木が5回2失点で2勝目を挙げた。広島は4連敗。

D5―1ヤ(1日) 大貫が2勝目

DeNAは三回に大和の適時打で1点を先制し、六回にソトと宮崎の適時二塁打、神里の2点二塁打で4点を加えた。ルーキー大貫は七回途中4安打1失点で2勝目。ヤクルトは村上の7号ソロの1点止まりで連勝が3で止まった。

巨5―1中(1日) 菅野が完投で4勝目

巨人は菅野が完封こそ逃したものの10三振を奪い、今季2度目の完投で4勝目を挙げた。打線は一回に4安打で4点を先制し、二回は坂本勇がソロ。中日は九回に1点を返し、なおも1死満塁と攻めたが、堂上が二ゴロ併殺打に倒れた。《共同通信》

【イチローさん】打撃投手で仕事開始

米大リーグ、マリナーズで3月に現役を引退し、4月30日に会長付特別補佐兼インストラクターに就任したイチローさん(45)が1日、本拠地シアトルのTモバイル・パークに姿を見せ、カブスとの試合前に打撃投手を務めて早速仕事を始めた。

背番号51のユニホーム姿を見せるのは現役引退後初めて。試合途中には現役時代のプレーが大型スクリーンに映し出された。イチローさんは「あんな感じでやるとは知らなかった」と話したが、スタンドから大きな声援を受けると、ベンチでうれしそうに手を上げて応えた。《共同通信》

【鴻海・郭台銘会長】米大統領と会談

台湾で来年1月の総統選に出馬表明した電子機器受託生産世界最大手鴻海精密工業の郭台銘会長が1日、米ホワイトハウスでトランプ大統領と会談した。郭氏は出馬の意向を伝え、「トラブルメーカー(問題を起こす人)ではなくピースメーカー(平和の担い手)になる」と表明、米台関係強化に意欲を見せた。中央通信社などが報じた。

総統選の候補者が現職の米大統領に会うのは初めてとみられる。郭氏は最大野党、国民党の有力候補の一人。同党は6月以降に公認候補を決める予備選を行うが、会談は郭氏に有利に働きそうだ。公認候補となれば与党、民主進歩党は苦戦を強いられる。《共同通信》



5月1日のできごと