2019 平成31年1月24日(木)のできごと(何の日)

平成10974日目

平成31年1月24日(木)

2019/01/24

【富山市】大学生が駐在所を襲撃

24日午後3時頃、富山市池多の富山西署池多駐在所で、Y査部長(30)が男にハンマーで頭を殴られ、ナイフのような刃物で切りつけられた。男はY巡査部長にその場で取り押さえられ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。Y巡査部長は軽傷。富山県警で動機を調べている。

発表によると、逮捕されたのは同市五福、大学生A容疑者(22)。A容疑者は同駐在所に拾得物を届けに来たとして訪れ、応対した巡査部長に突然襲いかかったという。A容疑者を取り押さえたY巡査部長が通行人を通じて110番し、同署員が駆けつけた。

富山市内では昨年6月、交番が襲われ、警察官ら計2人が殺害される事件が起きている。近所に住む主婦(83)は「パトカーのサイレンに驚いて外に出た。似たような事件がまた起きるなんて」と不安そうに話した。

現場は、北陸自動車道富山西インターチェンジの北西約600メートルの住宅や田畑がある地域。《読売新聞》




【韓国国防省】自衛隊哨戒機の「威嚇飛行画像」などを公開

韓国国防省は24日、韓国が管轄権を主張する東シナ海の暗礁、離於島(イオド)の付近で23日に海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍艦艇に低空接近し「威嚇飛行」をしたとする際に撮影したという画像などを公開した。

公開画像は5枚で、うち赤外線カメラで撮られたものが2枚。レーダーが測定したという哨戒機の高度が記された画像も含まれている。同省関係者は「機械は嘘をつかない」と話し、韓国側の主張を裏付ける「証拠画像」だと自信を示している。

ただ、海自のP3C哨戒機とみられる航空機が写った画像には、海面が入っておらず、この画像からは「哨戒機は高度約60~70メートルまで接近した」という韓国側の主張が正しいことを立証できない。しかし、国防省は赤外線画像で証明できるとしている。日本は「高度150メートル以上を確保していた」(岩屋毅防衛相)としており、双方の主張は食い違っている。

国防省は当初、映像を公開する予定だったが画像公開とし、「節制した対応を取った」(関係者)と説明している。

国防省の前日の「威嚇飛行」の発表を受け、韓国では24日、「友好国を狙った低空での接近威嚇飛行、日本はさらに超えてはならない」(朝鮮日報)などと、日本を批判する主張が続出している。

結局、韓国政府は世論に押されるかたちで日本を非難し、日本の反発を招くことを承知の上で画像公開に踏み切った。《産経新聞》

【テニス・大坂なおみ選手】全豪決勝進出

テニスの全豪オープンは24日、メルボルン・パークで第11日が行われ、女子シングルス準決勝で、第4シードの大坂なおみ(日清食品)が第7シードのカロリナ・プリシュコバ(チェコ)を6―2、4―6、6―4で破り、初の決勝に進出した。四大大会での決勝進出は優勝した昨年の全米に続き2大会連続。大坂は26日の決勝で、第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦する。全豪を制覇すれば、シングルス日本勢初優勝。現在4位の大坂の世界ランキングは決勝進出で日本選手歴代最高の2位以上が確定し、優勝なら1位となる。

男子シングルス準決勝は、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)がステファノス・シチパス(ギリシャ)をストレートで下し、27日の決勝で、25日に行われる準決勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)―リュカ・プイユ(仏)の勝者と対戦する。《読売新聞》

【阪神・原口文仁捕手】大腸がん公表

阪神は24日、原口文仁捕手(26)が大腸がんと診断されたと発表した。春季キャンプには参加せず近く手術を行い、治療に専念する。原口は球団を通じ、「病名を聞いた時はさすがに驚き、動揺した。早期の実戦復帰を目指し、常に前だけを向いて進んでいく」とのコメントを出した。

昨年末に人間ドックを受診し、今月に判明。球団は支配下選手の契約を変えずに回復を待つ方針。原口は帝京高(東京)から2010年にドラフト6位で入団。16年に11本塁打を放つ活躍を見せ、オールスターにも出場した。昨季は主に代打で82試合に出場し、打率3割1分5厘、2本塁打。《読売新聞》

【マリナーズ】イチロー外野手とマイナー契約

米大リーグ、マリナーズは24日、イチロー外野手(45)とマイナー契約を結んでメジャーキャンプに招待したと発表した。メジャー19年目のシーズンに向けて、野手組の一員として2月16日にアリゾナ州ピオリアで始動する。

チームは今季、3月20、21日に東京ドームで行われるアスレチックス2連戦でシーズンを開幕。プロ野球西武から新たに加わった菊池雄星投手らバッテリー組は来月12日がキャンプ初日となる。《共同通信》

1月24日のできごと

シェアする

フォローする