2018 平成30年9月24日(月)のできごと(何の日)

平成10852日目

平成30年9月24日(月)

2018/09/24

【新潮社】看板に「ヘイト本」

9月24日のできごと(何の日)

性的少数者(LGBT)への表現で批判を受けている月刊誌「新潮45」を出版する新潮社(東京都新宿区)近くの看板に、「ヘイト本」などと同社を非難するような落書きが記されたことが24日、分かった。同日夜現在、看板にはブルーシートがかけられた状態だが、警視庁牛込署は「把握していない」としている。

目撃者によると、看板は同社に隣接する商業施設の植え込みにあり、「新潮文庫 Yonda?」との広告の前に「あのヘイト本、」と付け足されていた。どのように付け足したかは不明で、商業施設は取材に「新潮社の看板なので、うちではブルーシートをかけていない」と話した。

「新潮45」8月号は自民党の杉田水脈衆院議員が、LGBTを「子供をつくらない、つまり『生産性』がない」などと表現して批判を招き、さらに10月号でも特集を組んだ。《産経新聞》




【ボクシング・田中恒成選手】プロ12戦目で3階級制覇

9月24日のできごと(何の日)

世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチは24日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで行われ、田中恒成(23)=畑中=が王者の木村翔(29)=青木=を判定で破って日本人6人目の世界3階級制覇を達成した。23歳3カ月での到達は日本人最年少で、プロ12戦目での達成は世界最速に並ぶ。

田中は岐阜・中京高(現中京学院大中京高)時代に高校4冠に輝き、2013年にプロデビュー。15年に日本最短となるプロ5戦目でWBOミニマム級王座を獲得した。16年にはライトフライ級でも王者になり、日本選手最速タイのプロ8戦目で2階級を制した。《共同通信》

【立憲民主党・枝野幸男代表】「文科次官辞任、国会で解明を」

立憲民主党の枝野幸男代表は24日、文部科学省幹部が絡む贈収賄事件を受けた戸谷一夫事務次官の引責辞任をめぐり、臨時国会を早急に召集し、真相解明に努めるべきだとの考えを示した。「早く国会を開き、審議の場をつくってほしい」と新潟市で記者団に述べた。

学校法人「森友学園」に絡む財務省の決裁文書改竄(かいざん)にも触れ、麻生太郎副総理兼財務相の責任が問われるべきだと強調。安倍晋三首相が10月初旬に予定する内閣改造に関し「まさか留任させるつもりではないだろう」と牽制した。《産経新聞》

【米・トランプ大統領】米朝会談「シンガポール以外で」

9月24日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

トランプ米大統領は24日、韓国の文在寅大統領とニューヨークで会談した。米朝首脳再会談について「近いうちに発表する」と記者団に述べ、最終調整に入ったことを明らかにした。「日時と開催地を詰めている」とした上で、6月に初会談を開いたシンガポール以外の場所になるとの見通しを示した。

米朝交渉を担うポンペオ国務長官は非核化実現まで「課題は山積している」と強調しており、米側は金正恩朝鮮労働党委員長が望む再会談の開催をてこに非核化交渉で前進を図る狙いがある。

トランプ氏は会談の冒頭、朝鮮の核・ミサイル問題で「多くの進展がある」と歓迎した。《共同通信》

9月24日のできごと

シェアする

フォローする