平成10765日目

2018/06/29

【滋賀県米原市】竜巻とみられる突風

29日午後1時45分ごろ、滋賀県米原市で竜巻とみられる突風が発生して被害が出たとの通報が相次いだ。飛んできたガラスや落下物などで10~80代の男女8人が軽傷を負った。住宅など85棟で被害が確認され、うち46棟は屋根が飛ばされるなど建物の主要な構造部分が被害を受けた。


https://www.youtube.com/

気象庁は同日、機動調査班4人を現地に派遣。当時、活発な積乱雲が付近を通過中で、移動する渦の目撃情報が複数あったとして「竜巻と推定した」と明らかにした。

県警や市によると、被害は同市朝日、夫馬、北方など南北約2・5キロの広範囲に及んだ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【JR高山線】土砂崩れ

梅雨前線の影響で、岐阜県内は29日、飛騨や中濃地方など広い範囲で大雨となった。下呂市萩原町上呂では土砂崩れが発生、JR高山線飛騨萩原-上呂駅間の線路を約60メートルにわたりふさいだ。市は現場周辺の90世帯293人に避難指示を出し、住民208人が公民館などに避難した。

29日午後から30日未明にかけて高山市、下呂市、郡上市に土砂災害警戒情報が発令された。土砂災害と河川氾濫の危険性が高まったため、一時、高山市では9470世帯2万4074人、郡上市では286世帯723人に避難勧告が出た。30日午前0時現在、郡上市で2人が避難、高山市では3人が自主避難している。

高山市などでは土砂流入や冠水による道路の通行止めが出た。本巣市根尾では土砂流入で県道が通行止めとなり、住民3人が孤立状態となっている。《岐阜新聞》

【成田空港】大韓航空機の車軸折れる

29日午後0時35分ごろ、成田空港に着陸した韓国・仁川発の大韓航空703便ボーイング777が、誘導路で動けなくなって停止した。国土交通省などによると、右主脚の金属製の車軸が折れていた。乗客乗員計335人にけがはなく、誘導路で降ろし、バスでターミナルへ運んだ。

国交省は事故につながりかねない重大インシデントに当たると認定し、運輸安全委員会は航空事故調査官4人を派遣。原因を詳しく調べる。

国交省成田空港事務所によると、車軸が折れたために、一部のタイヤが傾いていた。滑走路では金属やタイヤの破片が見つかった。《共同通信》

【カナダ】米に報復関税

カナダ政府は29日、米国が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対抗し、7月1日から米国の鉄鋼やアルミ、ウイスキーなど166億カナダドル(約1兆3900億円)分に報復関税を課すと発表した。中国や欧州連合(EU)が既に報復措置を発動。隣国であり、経済関係が密接なカナダも報復措置を発表したことで、トランプ米政権と各国との貿易摩擦が一段と激化しそうだ。

カナダは米国製の鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課すほか、トマトケチャップやメープルシロップ、トイレットペーパーなどにも10%の追加関税を課す。《共同通信》

【富山交番襲撃事件】片膝つく狙撃姿勢で学校へ発砲

富山市の交番で警察官が刺され死亡、警備員も射殺された事件で、警備員への殺人未遂容疑で現行犯逮捕された富山県立山町の元自衛官A容疑者(21)=入院中=が、市立奥田小学校近くの路上から、片膝を地面について両手で拳銃を握り、狙いを定める姿勢で小学校方向に2発発砲したとみられることが29日、捜査関係者への取材で分かった。

小学校東側の仮設渡り廊下の床と旧保健室の天井で見つかった2発の銃弾は、この際に発砲された可能性が高い。当時、校内には約410人の児童がいた。

県警はA容疑者宅の家宅捜索で、モデルガン十数丁、ミリタリーベストなどを押収した。《共同通信》

【日大悪質タックル問題】前監督らの反則指示認定

日本大アメリカンフットボール部による悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手の危険なタックルについて内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。両氏を「指導者としての資質を著しく欠いている」とした上で、責任転嫁するような姿勢を「極めて悪質」と厳しく指摘した。

問題発生後の対応で、一部の日大関係者により当該選手に責任を押しつけ、監督やコーチの指示はなかったことにしようとする不当介入が行われ「事件のもみ消しを図ろうとした」と断じた。《共同通信》

【小野寺五典防衛相】マティス米国防長官と会談

小野寺五典防衛相は29日、マティス米国防長官と防衛省で会談し、北朝鮮の核兵器を含む全ての大量破壊兵器、弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄」の実現のため、日米が国際社会と連携して取り組むことで一致した。中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島に関し、日米安保条約第5条が適用されることも再確認した。

小野寺氏は米軍F15戦闘機の墜落に言及し、安全な運用を要請。マティス氏は共同記者会見で、米韓合同軍事演習の中止に関し、北朝鮮核問題の外交解決を支えるための措置と説明した。《共同通信》



6月29日 その日のできごと(何の日)