平成10682日目

2018/04/07

【ドイツ・ミュンスター】小型トラックが群衆に突っ込む

ドイツ西部ミュンスターで7日、小型トラックが群衆に突っ込み、警察当局によると少なくとも3人が死亡、約20人が負傷した。6人が重体という。運転手は自殺した。動機は不明。警察は故意に突入したとみており、テロの可能性もある。在デュッセルドルフ日本総領事館は、現時点で日本人が巻き込まれたとの情報はないとしている。

現場は市の中心部で、レストランなどが立ち並ぶ一角。当時は多くの人々がテラス席などでくつろいでいた。一帯は一時封鎖された。ミュンスターはオランダとの国境に近く、商取引で栄えた歴史がある。旧市街には大聖堂や美術館などがある観光地。《共同通信》

ドイツ西部ミュンスターで7日、車が群衆に突っ込み多数の死傷者が出た事件で、警察当局は自殺した運転手の身元についてミュンスターに住むドイツ国籍の男(48)と特定した。精神面で問題を抱えていたとみられ、警察はイスラム過激派によるテロの可能性は低いとみて調べている。

突入により3人が死亡し、約20人が負傷したとされていたが、地元ノルトライン・ウェストファーレン州のロイル内相は現場で記者団に、死者3人のうち1人は運転手で、突入の犠牲者は2人だったと明らかにした。警察によると死亡したのはドイツ出身の男性(65)と女性(51)。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【兵庫県警】長男を「おり」に監禁、73歳父親逮捕

兵庫県三田市で自宅敷地内に置いた木製のおりに長男(42)を閉じ込めたとして、県警捜査1課と三田署は7日、監禁の疑いで同市の無職A容疑者(73)を逮捕した。「息子が暴れるから」と容疑を認めており、監禁は約25年に及ぶ可能性がある。

捜査関係者によると、A容疑者は三田市の調査に対し「長男には精神疾患があり、16歳ごろからおりに入れて生活させていた」と説明。「2日に1回、ご飯を食べさせ、風呂に入れていた」とも話したという。県警は家族の生活状況を詳しく捜査している。長男の健康状態に問題はなく、既に同市が保護している。《共同通信》

【日置市男女3人殺害事件】住人の孫逮捕

鹿児島県日置市の民家で起きた男女3人殺害事件で、県警は7日、3人のうち現場近くに住む同市のCさん(47)の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いで、民家住人の親族の無職A容疑者(38)=同市=を逮捕した。「間違いない」と容疑を認め、ほか2人の殺害もほのめかす供述をしている。

この民家には80代女性と60代の次男が住んでいた。A容疑者はこの女性の孫で、次男の息子。近くの別の家に住んでいる。

Cさんのほか、殺害された女性2人は住人の親族だった。住人の2人も連絡が取れなくなっており、県警は事件に巻き込まれた可能性も視野に入れて行方を捜している。《共同通信》

【河野太郎外相】ラオス外相と会談


https://www.mofa.go.jp/

河野太郎外相は7日(日本時間同)、ラオスの首都ビエンチャンでサルムサイ外相と会談し「ラオスの社会や経済開発に貢献できるよう支援を続けていく」と表明した。安倍晋三首相が掲げる外交指針「自由で開かれたインド太平洋戦略」についても意見を交わした。

ラオスでは、中国が現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の下、インフラ支援を推進して影響力を強めている。河野氏の訪問は、日本が得意とする「質の高いインフラ」などを通じてラオスの発展に貢献する立場を伝え、存在感を示す狙いがある。

河野氏はこの後、トンルン首相とも会談した。《共同通信》



4月7日 その日のできごと(何の日)