平成10574日目

2017/12/20

【安倍晋三首相】岩手県訪問

安倍晋三首相は20日、東日本大震災からの復興状況を確認するため、岩手県を訪問した。首相の被災地訪問は36回目で、第4次政権発足後では初めて。


https://www.kantei.go.jp/

首相は、復興状況を定点観測する活動に取り組んでいる県立大槌高校(大槌町)を訪れ、懇談した生徒たちに「今後の震災や津波に対応する上で必ず生きてくる」と語り、活動をたたえた。このほか、山田町で津波被害を乗り越え、今年7月に一般公開を再開した「鯨と海の科学館」を視察し、釜石市の釜石地方森林組合から地元産木材で製作した家具について説明を受けた。

首相は視察後、同市内で記者団に「たゆまずに復興に向けて努力を重ねてきた地域の皆さんの意欲で間違いなく復興は進んでいる。さまざまな課題があるが、地域の皆さんの気持ちにより添いながら、全力で復興に向けた努力を重ねていきたい」と述べた。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【日本相撲協会】横綱らを処分

大相撲の元横綱日馬富士関による平幕貴ノ岩関への暴行事件を受け、日本相撲協会は20日、臨時理事会を東京都墨田区の両国国技館で開き、事件関係者の処分について協議した。理事会後の記者会見で八角理事長(元横綱北勝海)が処分内容を明らかにした。

現場の酒席に同席しながら暴行を止められなかった横綱白鵬関は、来年1月の給与不支給とし、同2月の給与も50%減額。横綱鶴竜関についても同1月の給与を不支給とすることを決めた。すでに引退した元日馬富士関については、今後の処分基準とするために「引退勧告相当」とした。八角理事長は残り任期の3カ月間の報酬を全額返上する。

さらに、日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)はこの日の理事会を最後に理事を辞任し、役員待遇委員に降格。秋巡業中の出来事ながら巡業部長としての報告義務を怠った貴乃花親方(元横綱)への処分は先送りとし、28日に臨時の理事会と評議員会を開催して処分などを協議する見込みだ。《産経新聞》

【日本航空】3億8400万円だましとられる

日本航空は8〜9月、取引先を装った第三者から「振込先の口座を変更した」などとする偽メールを送られ、計約3億8400万円をだまし取られたと、20日発表した。

日航によると、9月下旬、米金融会社に支払っている航空機のリース料について、同社の取引担当を装った者から「料金の振込先の口座が変更になった」という趣旨のメールが日航本社の担当者に届いた。担当者はこれを信じ、指定された香港の銀行口座に約3億6000万円を振り込んだ。

米国内にある日航の貨物事業所でも8月上旬、取引先を装った者から業務委託料の支払先について同様のメールが届き、9月初旬までに計約2400万円を香港の別の銀行口座に振り込んだ。

いずれも取引先から「支払いがない」などと指摘があり、被害が発覚。日航は警視庁や香港警察、米連邦捜査局(FBI)に被害を届けたという。警視庁は詐欺容疑で捜査している。《共同通信》

【JR西日本】台車亀裂問題で謝罪

JR西日本の博多発東京行き新幹線「のぞみ34号」の台車に亀裂が見つかった問題で、JR西の来島達夫社長は20日、大阪市内で記者会見し、「新幹線の安全性に対する信頼を裏切り、深くおわびする」と謝罪した。

また、管轄が切り替わる新大阪駅で、JR西の乗務員が「車両に異常はない」とJR東海に引き継ぎをしていたことが新たに判明。来島社長は一連のやり取りを調査しているとした。

このトラブルは11日に発生。乗客から「車内にもやがかかっている」との指摘があったほか、JR西の乗務員、保守担当者も、異臭や異音に気付いた。「停車駅で床下を見た方がいい」との意見も出たが、指令所(東京)の指令員が「走行に支障はない」と判断した。《読売新聞》

【公明党・斉藤鉄夫幹事長代行】改憲「7~9割の国民合意を」

公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は20日のラジオ番組で、憲法改正の国会発議について「国論を二分するような国民投票になってはいけない。ここは変えなければいけないと、7~9割の国民が合意するような問題を提案することが大事だ」と述べ、改憲項目を慎重に見極める必要があるとの認識を示した。

改憲に向けた国民の意識に関しては「そこまで盛り上がっていないのではないか」との見方を示した。《共同通信》



12月20日 その日のできごと(何の日)