平成10550日目

2017/11/26

この日のできごと(何の日)

【プロ野球・ソフトバンク】優勝パレード

プロ野球の日本シリーズを2年ぶりに制したソフトバンクの優勝祝賀パレードが26日、福岡市中心部の明治通りで行われた。

孫正義オーナー、王貞治球団会長、工藤公康監督、長谷川勇也選手会長らを乗せたオープンカー5台と、選手らが乗ったオープントップバス2台などが約2・3キロのコースを30分ほどかけてゆっくりと進んだ。沿道には36万人(主催者発表)のファンが詰めかけ、日本一に輝いたチームを祝福した。《読売新聞》



【大相撲九州場所】千秋楽

大相撲九州場所千秋楽(26日・福岡国際センター)――前日に優勝を決めた白鵬は、豪栄道を豪快な上手投げで仕留め、14勝1敗で1年納めの場所を締めくくった。

豪栄道は9勝6敗。新小結の阿武咲は勝ち越し。三賞は、2横綱1大関を破った貴景勝が2度目の殊勲賞を獲得し、優勝争いに加わった隠岐の海と、39歳で勝ち越した再入幕の安美錦が敢闘賞。技能賞は北勝富士が初めて受賞した。《共同通信》

横綱日馬富士関の暴行問題で揺れた大相撲九州場所は26日、福岡国際センターで千秋楽を迎え、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)と、前日に40度目の優勝を決めていた横綱白鵬関が、それぞれ館内のファンに謝罪した。

八角理事長は恒例の協会あいさつで、「皆様に多大なるご心配と、ご迷惑をおかけしたことを心よりおわびいたします」と声を震わせ、「一日も早い解決をするよう努力してまいります」と述べた。

白鵬関も土俵下で行われた優勝インタビューの冒頭、自らこの問題に触れ、「場所中に水を差すようなことになってしまったことを全国の相撲ファンに力士代表としておわびしたい」と語った。《読売新聞》

【社民党】衆院選総括案が判明

先の衆院選に関する社民党の総括案が26日、判明した。与党圧勝を許した要因を「野党共闘の崩壊と野党候補の競合」と分析。反省を踏まえ、2019年の参院選では「32ある1人区は引き続き候補者の一本化を進める」と訴えた。来年2月の党大会で正式決定する。

社民党は衆院選で、選挙前と同じ2議席を確保したが比例代表での得票は約94万票で前回より約37万票減らした。この結果を「参院比例区の1議席当選ライン(約110万票)にも届かない深刻な事態だ」と明記し「党活動全般の厳しい点検と改善策が求められる」とした。《共同通信》

【立憲民主党・枝野幸男代表】入党希望は「年内が期限」発言を撤回

立憲民主党の枝野代表は26日、民進党の地方議員が入党を希望する場合は「年内が期限」とした自身の発言について、「年内に決めろと迫った気持ちは全くない」と釈明し、事実上撤回した。さいたま市内で記者団に語った。

枝野氏は「(立民に)来ると決めている人がいれば、年内の方がありがたいと言ったつもりだった。年内にどっちか決めてくれという意味で受け止められたら、言い方が悪かったと反省している」とも述べた。

枝野氏は20日、国会内で記者団に「そろそろ待てなくなっている。年内が期限ではないか」と発言。民進党の大塚代表が「強要することはあってはならない」と不快感を示していた。《読売新聞》

【立憲民主党・福山哲郎幹事長】参院選で「民進の選択迫られる」

立憲民主党の福山哲郎幹事長は26日のラジオ日本番組で、2019年の参院選に関する民進党参院議員の対応に関し「(民進が分裂した)衆院選に振り回され、難しい局面を迎えている。それぞれの議員がどの政党で選挙に臨むか、いや応なく迫られる」と指摘した。

同時に「われわれ立憲民主が、信頼して一緒にやろうと言ってもらえる環境をつくっていくことが大切だ」と述べ、民進参院議員の立憲民主への入党に期待を示した。《共同通信》



11月26日 その日のできごと(何の日)