平成10496日目

2017/10/03

【希望の党】第1次公認候補192人発表

希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は3日、衆院選(10日公示―22日投開票)の第1次公認候補として計192人(小選挙区191人、比例代表1人)を擁立すると発表した。党によると、合流に伴う民進党出身者は計110人。小池氏に近い若狭勝前衆院議員は、公認された候補は全員、憲法改正に賛成するとの認識を示した。

希望に合流しなかった民進党出身者でつくる立憲民主党は、共産党との選挙協力へ動いた。自民党は、公認争いが続く選挙区の対応を二階俊博幹事長らに一任した。公示まで1週間を切り、与野党が選挙準備を急いだ。《共同通信》




【立憲民主党】設立届を提出

立憲民主党は3日、総務相に設立届を提出した。代表には枝野幸男・元官房長官が就任した。

結党メンバーには、希望の党への合流に反発する枝野氏、菅直人・元首相、長妻昭・元厚生労働相、赤松広隆・元衆院副議長ら6人が名を連ねた。民進党内左派やリベラル系勢力の結集を目指す。今後、赤松氏が率いる党内のリベラル系グループに所属する参院議員らも合流し、数十人規模になる見込みだ。《読売新聞》

【民進党・前原誠司代表】分裂「全てが想定内」

民進党の前原誠司代表は3日、同党が希望の党と立憲民主党に分裂したことに関し「全てが想定内だ。政権交代可能な状況をつくらないといけない。自分の判断は正しかった」と述べた。党本部で記者団に語った。

前原氏はこれに先立ち、藤井裕久元財務相や輿石東元参院副議長ら民進党のOB・OG会メンバーを集め、党が3分裂した経緯を説明。出席者によると、前原氏は安倍政権の打倒に向け「とにかく結果を出す」と強調し「それぞれ民進党出身の候補者を応援してもらって構わない」と語った。

藤井氏は「それぞれ安倍政権打倒の目標は同じだ。みんな応援する」と前原氏に伝えた。「参院のドン」と呼ばれ旧民主党政権時代は党内融和に腐心した輿石氏は「もう終わったことだ」とぼやきながら会場を後にした。《日経新聞》

10月3日/のできごと