平成10466日目

2017/09/03

【眞子内親王殿下】婚約が内定

秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)と、国際基督教大(ICU)の同級生で、法律事務所勤務の小室圭さん(25)の婚約が3日、正式に内定し、眞子さまは東京・元赤坂の赤坂御用地にある赤坂東邸で、小室さんと共に初めて記者会見された。

眞子さまは、小室さんの「物事に心広く対応する姿に引かれた」と話し「温かく、居心地が良く、笑顔あふれる家庭をつくることができればうれしい」と笑顔を見せた。小室さんは「いつも自然体で和やかな家庭を築きたい」と語った。

結婚式は来年秋の見通し。眞子さまは結婚後、民間人になり、皇室の構成は18人に減る。《共同通信》

衆参両院議長は3日、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの婚約内定発表を受けて、国民とともに祝福するとの謹話をそれぞれ発表した。

大島理森衆院議長は「才気煥発で国際感覚の豊かなお二人が、末永く幸せな家庭を築かれることを心よりお祈り申し上げる」と語った。

伊達忠一参院議長も「聡明で誠実な人柄のお二人が、ますますご健康で幸多き人生を歩まれることを心より祈念する」とした。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【新体操世界選手権】日本、団体種目別で「銀」「銅」

新体操の世界選手権最終日は3日、イタリアのペーザロで団体の種目別決勝が行われ、日本(松原、杉本、鈴木、竹中、国井、横田)は18・650点のロープ・ボールで銀メダル、18・600点のフープで銅メダルを獲得した。個人種目別フープの皆川夏穂(イオン)と団体総合の各銅メダルと合わせて、日本勢は過去最多となる1大会4個のメダルと大躍進した。

日本は両種目ともに4位だった予選の得点を上回り、当時強豪国のロシアやブルガリアがボイコットした1975年大会の団体総合2位に並ぶ団体での最高成績を収めた。《共同通信》

【世界柔道】日本、混合団体戦で金

柔道の世界選手権最終日は3日、ブダペストで男女混合団体戦が行われ、第1シードの日本はブラジルとの決勝を6―0で圧倒して優勝した。初戦の2回戦でウクライナ、準々決勝でドイツ、準決勝で韓国に、いずれも5―1で勝ち進んだ。

男女3人ずつの6人制。2回戦で日本は女子78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)らが一本勝ち。準々決勝、準決勝は同級で銀メダルの朝比奈沙羅(東海大)が一本勝ちで試合を決めた。男子73キロ級王者の橋本壮市(パーク24)は準決勝で安昌林から一本を奪った。

男女混合の団体戦は2020年の東京五輪で行われることが決まっている。《共同通信》

【民進党】選対委員長に長妻氏

民進党の前原誠司代表は新執行部人事を巡り、選対委員長に長妻昭元厚生労働相(57)を起用する方針を固めた。代表選で前原陣営の選対本部長を務めた大島敦元総務副大臣(60)を代表代行に充てる意向。代表選を争った枝野幸男元官房長官(53)と共に代表代行は2人体制になる見通し。複数の関係者が3日、明らかにした。枝野氏とリベラル系の有力者、長妻氏を要職に配置することで、保守とリベラルのバランスに配慮した形だ。

幹事長としての登用を最終調整していた山尾志桜里前政調会長(43)も内定し、新執行部の主要人事が固まった。《共同通信》

【北朝鮮】6回目の核実験

日本政府によると、日本時間の3日午後0時29分ごろ、北朝鮮でマグニチュード(M)6・1の地震波が観測された。河野太郎外相は同日、「北朝鮮が核実験を行ったと政府として断定する」と外務省で記者団に述べた。北朝鮮の朝鮮中央テレビは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に「完全成功」したと伝えた。

北朝鮮による核実験は6回目。咸鏡北道豊渓里の実験場で行われたとみられる。北朝鮮は9日に建国記念日を控えており、記念日を前に核実験に踏み切ることで、国際社会による制裁の中でも断固、核・ミサイル開発を推進する意思を示したものだ。安倍晋三首相は3日午後、官邸で記者団に対し、「北朝鮮が核実験を強行したとすれば、断じて容認できない」と強く非難。国家安全保障会議(NSC)を開催した。

朝鮮中央通信は3日朝、金正恩朝鮮労働党委員長が核兵器研究所が新たに製造した大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆を視察したと報道。金委員長は「核戦力完成に向けた最終段階の研究開発を締めくくる総力戦を展開しなければならない」と強調していた。

核実験は金正恩政権に入って4回目。米国でトランプ政権が発足した後、初となる。《産経新聞》

与野党は3日、北朝鮮による核実験強行について「わが国と世界を恐怖に陥れる暴挙だ」(二階俊博自民党幹事長)などと一斉に強く非難した。自民党は、国民の生命と領域を守るため、政府に万全の態勢構築を求める緊急声明を発表。民進党も不測の事態に備えるよう要請する前原誠司代表名の談話を出した。

核実験を受け自民党は、北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の役員会を党本部で開催。取りまとめた緊急声明で「かつてなく深刻かつ重大な脅威に対処し、拉致被害者全員の早期帰国を実現するため、残された時間に一刻の猶予もない」と指摘し、日本政府にあらゆる施策の動員と迅速な実行を迫った。《共同通信》



9月3日 その日のできごと(何の日)