平成10406日目

2017/07/05

【福岡県、大分県】記録的大雨

活発な前線の影響で、西日本全域で大気が不安定になり、5日午後、福岡、佐賀、大分の九州北部3県で記録的な大雨が降った。福岡、大分両県では、河川の氾濫や土砂崩れが相次ぎ、集落や54人が避難した学校が孤立。福岡県警などによると、少なくとも10人と連絡が取れていない。


https://www.youtube.com/

気象庁は、数十年に1度の甚大な被害の恐れがあるとして、両県の広い範囲で特別警報を出し「最大級の警戒」を求めた。共同通信の午後11時現在の集計で、避難指示の対象は両県の9市町で計約18万世帯、約43万人。

気象庁の推計では、3県を1時間に110〜120ミリ超の猛烈な雨が襲った。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【不二越・本間博夫会長】富山生まれ「極力採りません」

総合機械メーカーの不二越(富山市不二越本町)が5日、本社の東京一本化を発表した会見の席上、本間博夫会長(71)が採用に関し「富山で生まれ地方の大学に行ったとしても、私は極力採らない」「偏見かも分からないが、閉鎖的な考え方が強い」などと発言した。1928(昭和3)年に富山市で産声を上げた不二越。その経営トップが、富山生まれを否定するかのような持論を語り、県内企業、行政関係者は「出身地などでレッテルを貼るのはおかしい」「侮辱だ」などと怒りをあらわにした。学校関係者からは「富山の若者が閉鎖的とは思わない」と戸惑いの声が上がった。

本間氏は東京都出身、青山学院大経営学部卒。1970年に入社し2009年に社長、今年2月に代表権のある会長に就いた。

発言があったのは5日、富山市の富山商工会議所ビルで開いた17年5月中間期の決算発表会見。本間氏は、富山と東京の2本社体制から、8月に本社を東京に一本化する理由について、ロボットを核とした事業拡大に向け「最先端の情報や優れた人材を獲得するため」とし「富山に優秀な人材がいないわけではないが、幅広く日本全国、世界から集めたい」と説明した。

その上で「富山で生まれて幼稚園、小学校、中学校、高校、不二越。これは駄目です」と述べ、「富山で生まれて地方の大学へ行った人でも極力採りません。なぜか。閉鎖された考え方が非常に強いです」と明言。一方で「ワーカーは富山から採ります」とも話した。

県内の経済団体トップや企業経営者からは、批判や異論が相次いだ。富山経済同友会の米原蕃代表幹事(米原商事会長)は「地方創生の機運が高まる中、時代に逆行している。富山県民を侮辱していると言わざるを得ない」と語気を強めた。《北日本新聞》

【故・与謝野馨元財務相】お別れの会

5月に死去した与謝野馨元財務相をしのぶ自民党・与謝野家合同のお別れの会が5日、東京・南青山の青山葬儀所で営まれた。実行委員長の安倍晋三首相(党総裁)は弔辞で「知性あふれる政治家で、国会運営の達人でもあった。第1次安倍改造内閣の官房長官として私と内閣を全力で支えていただき、感謝の念は言い尽くせない」と生前の活躍を振り返った。

与謝野氏がかつて秘書を務めた中曽根康弘元首相も車いすで参列。森喜朗元首相や大島理森、伊達忠一衆参両院議長らも出席した。《共同通信》

【安倍晋三首相】欧州歴訪に出発

7月5日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】欧州歴訪に出発
https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は5日、20カ国・地域(G20)首脳会合が開かれるドイツを含め、欧州6カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への対処方針を巡って、8日にトランプ米大統領と会談する。首相は、G20の場を利用し、中韓両国やロシアの首脳とも個別に協議したい意向だ。

最初の訪問先となるベルギーには6日未明に到着。欧州連合(EU)のトゥスク大統領と経済連携協定(EPA)の交渉などに当たる。その後、G20首脳会合に出席。会合では世界経済の持続的成長に取り組む立場を表明する考え。北朝鮮への圧力強化も議題となる。《共同通信》

安倍晋三首相は5日夜(日本時間6日未明)、欧州歴訪で最初の訪問国となるベルギー・ブリュッセルのメルスブルク空軍基地に到着した。6日午前(同6日午後)には北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と会談。北朝鮮問題を含むアジアの安全保障環境に関し、認識を共有したい考えだ。

ストルテンベルグ氏が2014年に事務総長に就任して以来、会談は初めて。海賊対処などの海洋安全保障やサイバー防衛などで協力関係の強化を確認する方針だ。

ブリュッセル到着後、首相はベルギーのミシェル首相と夕食を交えて意見交換した。《共同通信》

【米韓両軍】ミサイル発射演習

韓国軍合同参謀本部によると、米韓両軍は5日午前7時(日本時間同)ごろ、韓国東部の日本海側で弾道ミサイルの発射演習を実施した。4日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと発表した北朝鮮を強く威嚇する狙いで、韓国軍は「敵の指導部を打撃する能力を誇示した」と表明した。

韓国大統領府によると、発射演習は文在寅大統領が指示。文氏は「われわれが(北朝鮮を非難する)声明だけで対応する状況ではなく、確固たる体制を北朝鮮に示す必要がある」としている。《共同通信》

【中国・習近平国家主席】独・メルケル首相と会談

中国の習近平国家主席は5日、ドイツのメルケル首相と訪問先のベルリンで会談した。両首脳は中独関係や国際情勢のほか、独北部ハンブルクで7日に開幕する20カ国・地域(G20)首脳会議について協議。首脳会議の成功に向けた協調を確認した。

両首脳は5日、会談後に政府や企業間の協力協定への署名式に出席。その後、ベルリンの動物園で中国が貸与したパンダ2頭のお披露目に立ち会い、夕方には両国チームによるサッカー試合を観戦する予定。《産経新聞》

ドイツ訪問中の中国の習近平国家主席は5日、メルケル首相と共にベルリン動物園で、中国からドイツに貸し出されたパンダ2頭のお披露目式に立ち会った。新華社電によると習氏は「両国人民の友好を担う新たな使者になってもらいたい」と発言。メルケル氏も「これを機会に両国の交流が深まることを期待している」と話した。

両首脳はその後、ベルリンで両国の青少年チームによるサッカー親善試合を観戦。大のサッカー好きで知られる習氏は「中国はドイツとサッカーの分野で全方位の交流、協力を強化したい」とサッカー大国ドイツの協力を得て中国サッカーの強化を図りたい意向を示した。《共同通信》



7月5日 その日のできごと(何の日)