平成10407日目

2017/07/06

【この日の安倍総理】

日EU定期首脳協議

安倍晋三首相は6日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領らとブリュッセルで定期首脳協議を開き、経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意したと宣言した。2019年の早い段階の発効を目指す。


https://www.kantei.go.jp/

日本は農林水産物の一部で市場開放に応じ、チーズは最終的に3万トンを超す低関税輸入枠を設定。EUは日本車の関税を発効後7年かけて下げ、8年目に撤廃する。世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な経済圏が誕生する。

日本とEUは、トランプ米大統領に象徴される保護主義的な流れに対抗し、7日からドイツで始まるG20首脳会合で自由貿易を主導する姿勢を示す。《共同通信》

NATO首脳と会談

安倍晋三首相は6日午前(日本時間午後)、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長とベルギー・ブリュッセルで会談し、北朝鮮による核・ミサイル開発の阻止に向け連携を強化することで一致した。海洋安全保障分野での協力推進も確認した。

首相は会談後の共同記者発表で、北朝鮮問題や東・南シナ海情勢を挙げ「国際社会を取り巻く安保環境は一層厳しさを増している」と強調。ストルテンベルグ氏は「北朝鮮は国際の平和への脅威だ。全ての核・ミサイル開発をやめ、既存の兵器は全て廃棄しなければならない」と述べた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【九州豪雨】6人の死亡を確認

九州北部は6日、活発な梅雨前線の影響で記録的な大雨が続き、福岡県朝倉市で4人、大分県日田市で2人の計6人の死亡が確認された。

土砂災害や道路損壊なども相次ぎ、朝倉市と福岡県東峰村の約600人、日田市の11地区が孤立している。警察、消防、自衛隊は約7800人態勢で救助活動にあたった。

気象庁は同日午後2時10分、福岡、大分両県に出していた大雨特別警報を解除した。同庁の松本積 ・主任予報官は「雨は小康状態となったが、新たに大雨が降れば特別警報を再び出す可能性がある」としている。《読売新聞》

【LGBT自治体議員連盟】発足

性的少数者(LGBT)である東京と埼玉の地方議員5人が6日、東京都庁で記者会見し、地方から関連施策を推進していくことを目指す「LGBT自治体議員連盟」を発足させたと発表した。6日の発足時点で、5人の他に、全国の県議や市区町議計78人が趣旨に賛同して参加したという。

世話人の一人で、同性愛者だと公表している東京都豊島区の石川大我区議(43)は「広く全国の議員に参加を呼び掛けたい」としている。

議連の設立目的は、性的指向と性自認に関する人権擁護のための条例制定や施策の推進、情報交換など。《共同通信》

【中国・習近平国家主席・韓国・文在寅大統領】会談

ドイツを訪問中の中国の習近平国家主席は6日、ベルリンで韓国の文在寅大統領と会談し、文政権が「中韓関係の改善と発展の意思を示していることを称賛する」と述べ、朴槿恵前政権下で冷え込んだ両国関係の改善を強調した。中国国営通信、新華社が伝えた。文大統領の就任後、両首脳の会談は初めて。

両国間には米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を巡る火種が残ったまま。しかし日米が北朝鮮に対する圧力強化を訴える中、話し合いでの解決を重視する中国は、北朝鮮との対話を模索する文政権との連携を重視する姿勢を見せた形だ。《共同通信》

【韓国・文在寅大統領】南北首脳会談を呼び掛け

韓国の文在寅大統領は6日、訪問先のドイツ・ベルリンで演説し、朝鮮半島の緊張緩和を目指して北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長に南北首脳会談の開催を提案した。文氏は5月の大統領就任時の演説でも首脳会談の可能性に言及したが、北朝鮮に向けて初めて正式に呼び掛けた。

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、米国が軍事的圧力を強める動きを見せる中、対話路線を堅持する姿勢を鮮明にした。《共同通信》

【米・トランプ大統領】偽ニュースは米国に不要

「米国に偽ニュースはいらない」。トランプ米大統領は6日、ポーランドのドゥダ大統領との共同記者会見で、CNNテレビについて「偽ニュースを長いことやっている。不誠実なやり方で私を報道してきた」と激しく非難した。

トランプ氏はツイッターに、CNNのロゴが頭部に表示された人物を何度も殴りつける映像を投稿したばかり。政権に批判的な報道に不満を強めており、言論と表現の自由が脅かされかねないと反発するメディアとの対立が深まっている。《共同通信》

【ドイツ・ハンブルク】G20デモで警官76人負傷

ドイツ北部ハンブルクで20カ国・地域(G20)首脳会合が7日に始まるのを前に、開催に反対するデモが6日、本格化した。一部参加者が暴徒化して警官隊と衝突、ガラス瓶や石を投げたり鉄製の棒で襲いかかったりし、警察は催涙ガスや放水で対抗。警察は少なくとも警官76人が負傷したと発表、デモ主催者側は参加者のけが人も数十人に上るとした。

警官隊は暴徒化した参加者を拘束。主催者側の情報では50人以上が拘束されたとみられる。

警察によると、デモには約1万2千人が参加し、このうち約千人が覆面姿だった。《共同通信》



7月6日 その日のできごと(何の日)