平成10407日目

2017/07/06

【九州豪雨】6人の死亡を確認

九州北部は6日、活発な梅雨前線の影響で記録的な大雨が続き、福岡県朝倉市で4人、大分県日田市で2人の計6人の死亡が確認された。

土砂災害や道路損壊なども相次ぎ、朝倉市と福岡県東峰村の約600人、日田市の11地区が孤立している。警察、消防、自衛隊は約7800人態勢で救助活動にあたった。

気象庁は同日午後2時10分、福岡、大分両県に出していた大雨特別警報を解除した。同庁の松本積 ・主任予報官は「雨は小康状態となったが、新たに大雨が降れば特別警報を再び出す可能性がある」としている。《読売新聞》




【安倍晋三首相】“日欧EPA”大枠合意を宣言

安倍晋三首相は6日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領らとブリュッセルで定期首脳協議を開き、経済連携協定(EPA)交渉が大枠合意したと宣言した。2019年の早い段階の発効を目指す。日本は農林水産物の一部で市場開放に応じ、チーズは最終的に3万トンを超す低関税輸入枠を設定。EUは日本車の関税を発効後7年かけて下げ、8年目に撤廃する。世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な経済圏が誕生する。

日本とEUは、トランプ米大統領に象徴される保護主義的な流れに対抗し、7日からドイツで始まるG20首脳会合で自由貿易を主導する姿勢を示す。《共同通信》

7月6日/のできごと