2017 平成29年3月9日(木)のできごと

平成10288日目

2017/03/09

【務台俊介内閣府政務官】長靴発言を陳謝

務台俊介内閣府政務官は9日午前、岩手県の台風被害の被災地視察で長靴を持たずに職員に背負われて水たまりを渡った対応を巡り「長靴業界はだいぶもうかった」とした自身の発言を陳謝した。「軽はずみな発言で反省している」と東京都内で記者団に述べた。「今の職責をしっかり果たす」と辞任は否定した。菅義偉官房長官は発言が不適切だとして務台氏を厳重注意した。

務台氏は記者団に「被災者の気持ちをないがしろにする考えはなかった」と釈明した。菅氏は記者会見で「発言は不適切極まりない」と批判。進退については「厳しく注意している」と述べるにとどめた。《共同通信》




【森友学園】大阪府の現地調査は20分で打ち切り

学校法人「森友学園」(大阪市)が4月開校を目指す小学校を巡り、大阪府が9日に実施した現地調査。立ち会った籠池泰典理事長は報道陣に持論を展開する半面、校舎建築費の疑惑に関する詳しい説明はなかった。小学校認可の前提となる現地調査は「理事長の妻が妨害」(府の担当者)し、わずか20分で打ち切りに。不認可が決定的となった。

「この学校を開設させてほしい。それだけです」。現地に到着した籠池氏は報道陣に声を張り上げた。「国のため、社会のためにいい人材を育てようとするのを阻止する人がいる」とも述べ、国会などでの疑惑の追及に不満をあらわにした。

現地調査の終了後、改めて取材に応じた籠池氏は「府の担当者は(校舎の)中を見ずに帰った。書類は原本ではないとの理由で中身を見てくれなかった。なんなんですか」と不満を爆発させた。《日経新聞》

3月9日/のできごと

シェアする

フォローする