2016 平成28年12月2日(金)

平成10191日目

平成28年12月2日(金)

2016/12/02

【柔道GS・男子66キロ級】阿部一二三選手が2年ぶり2度目の優勝


https://www.youtube.com/

柔道のグランドスラム東京は2日、東京体育館で開幕。男女5階級が行われ、日本勢は4階級を制した。

男子66キロ級は19歳で期待の阿部一二三(日体大1年)が、決勝で豪快な一本勝ちを披露し、2年ぶり2度目の優勝。60キロ級は昨年の世界ジュニア王者永山竜樹(東海大2年)が、リオデジャネイロ五輪銅メダルの高藤直寿(パーク24)を決勝で破った。《朝日新聞》




【プロ野球・西武】未成年選手の喫煙で謝罪

西武の未成年選手が喫煙を行っていたことが分かった。鈴木葉留彦球団本部長が2日、西武プリンスドームで会見して公表し、謝罪した。

選手は寮の自室で喫煙をし、煙探知機が作動した。球団は厳重注意し、当面の外出禁止を言い渡した。鈴木本部長は「コンプライアンスを重視し、教育、指導してきましたが、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けるすることになり、誠に申し訳ございません」と謝罪した。《スポニチ》

【山口俊投手】巨人移籍決め散髪

DeNAからフリーエージェント(FA)権を行使して巨人入りを決めた山口俊投手が2日、東京都内で移籍発表後初めて取材に応じ、現在の心境を「晴れ晴れとした気持ち。もう一つ上のレベルで野球ができるように頑張りたい」と語った。

巨人とは11月11日に交渉。その後に中日からもオファーがあったが、30日夜に巨人入りを決断したという。決め手を「(交渉)解禁一番に手を挙げてくださった。最終的な決断になった」と話した。散髪してすっきりした装いで現れ「一日でも早くチームカラーにあった格好をしようと思って」と照れくさそうに笑った。《スポニチ》

【安倍晋三首相】「拉致問題は最重要改題」

政府は2日午前、拉致問題に関する閣僚会合を開いた。安倍晋三首相は、日米韓3カ国が北朝鮮に対して独自制裁を科す方針を固めたとしたうえで、拉致問題について「安倍政権の最重要課題であり、最優先で取り組むという姿勢に変わりはない」と強調。「一日も早いすべての拉致被害者の帰国の実現に向け、対話と圧力、行動対行動の原則のもと全力を尽くす」と述べた。《朝日新聞》

【IR整備推進法案】衆院内閣委員会で可決

衆院内閣委員会は2日、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案を採決し、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決した。賛否が分かれている公明党は内閣委に先立つ常任役員会で、党議拘束を外して個々の議員で賛否を判断する自主投票とする方針を決定。内閣委の起立採決では同党の委員3人のうち1人が賛成、2人が反対した。民進党は採決時に退席し、共産党は出席して反対した。

自民、維新両党は採決に先立ち、政府が十分なギャンブル依存症対策などに取り組むよう求める付帯決議を提案し、賛成多数で採択された。これを受け菅義偉官房長官は「十分に尊重したい」と答弁した。

内閣委での可決を受け、自民党は6日の衆院本会議で可決、通過させたい考えで、14日が会期末の今国会での成立を目指す。《産経新聞》

12月2日のできごと