2016 平成28年11月16日(水)

平成10175日目

2016/11/16

【エマニュエル・マクロン氏】仏大統領選出馬を表明

Embed from Getty Images

投資銀行出身でフランス政界の左右両派から支持を集めるエマニュエル・マクロン前経済相(38)は16日、パリ郊外で演説し、来年4~5月の大統領選(2回投票制)に出馬すると発表した。社会党のオランド大統領(62)の下、2014年に経済相に就任したが、政策不一致などを理由に今年8月、辞任していた。

マクロン氏は演説で「左右対立から脱し、新たな政治を切り開く」と述べた。社会党など左派は来年1月、共和党など中道・右派は今月、統一候補を選ぶための予備選を予定しているが、マクロン氏は両派の予備選に出馬せず、独自に立候補する意向とされる。《共同通信》




【天皇皇后両陛下】愛知・入鹿池を見学

天皇、皇后両陛下は16日、愛知県犬山市にある農業用ため池「入鹿池」を見学された。入鹿池は江戸時代に造られた国内最大級のため池。歴史や独特の工法の説明を受けた両陛下は感心した表情で池を見渡した。晴天に恵まれ、池の周りの色づき始めた紅葉の景色を「とてもきれいですね」と満喫していた。

今回の訪問は両陛下の希望に沿って決められた「私的旅行」で、17日は長野県阿智村の満蒙開拓平和記念館を訪ねる。18日に帰京する。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】マレーシア・ナジブ首相と会談

11月16日は何の日【安倍晋三首相】マレーシア・ナジブ首相と会談
http://www.kantei.go.jp/

安倍首相は16日、首相官邸で、マレーシアのナジブ首相と会談し、マレーシアの海上警備能力強化を支援するため、全長90メートル級の中古の大型巡視船2隻を無償で供与すると表明した。海上保安庁の巡視船を補修し、来年マレーシア側に引き渡すことを目指す。

ナジブ氏は会談後の共同記者発表で、巡視船供与について、「マレーシアの海上能力を向上させるものだ」と謝意を示した。

両首脳は会談で、中国が海洋進出の動きを強める南シナ海問題について、当事国が国際法に従い、紛争を平和的に解決する重要性を確認した。

安倍首相は共同記者発表で「南シナ海問題は地域の平和と安定に直結する国際社会全体の関心だ」と述べた。《読売新聞》

【参院憲法審査会】議論再開

参院憲法審査会は16日午後、約9カ月ぶりに実質的な議論を再開し、各党が「憲法に対する考え方」をテーマに自由討議した。7月の参院選の結果、安倍晋三首相の下での改憲に賛同する勢力が衆参両院で発議に必要な3分の2以上の議席を占めて以降、国会の憲法審で具体的論議が行われるのは初めて。自民党は改憲実現に向けて議論の本格化を狙うが、民進党などの野党は慎重姿勢を崩さず、隔たりは大きい。

自民党の中川雅治氏は現行憲法の内容に多くの問題があるとして「自主的な憲法改正は国政の重要課題だ」と表明した。具体的には憲法9条で自衛隊の位置付けが不明確だと指摘した。《共同通信》

11月16日/366