平成10117日目

2016/09/19

【安倍晋三首相】ヒラリー・クリントン氏と会談

訪米中の安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日朝)、米大統領選民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官とニューヨーク市内で会談し、日米同盟をさらに強化していくことで一致した。同行筋によると首相は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)についても提起し、米議会の早期承認の必要性を訴えた。クリントン氏は反対の立場を示したとみられる。


https://www.kantei.go.jp/

会談はクリントン氏側の要請に首相が応じ、約50分間行われた。首相は会談で「アジア太平洋地域の安全保障環境が厳しさを増す中、日米同盟の重要性はさらに高まっている」と指摘。「地域や世界の平和と安定に貢献していく上でも同盟を強化していきたい」と述べた。クリントン氏は「日米同盟はアジアのみならず世界においても平和と繁栄を実現していく上で必要な要素だ」と応じた。

両氏は北朝鮮の核・ミサイル開発や中国が軍事拠点化を進める南シナ海情勢、テロ対策などについても意見交換した。

安倍首相はこれに先だち、コロンビアのサントス大統領やトムソン国連総会議長らと会談し、北朝鮮情勢や安保理改革などについて協議した。《産経新聞》



【楽天・茂木栄五郎内野手】今季2度目のランニング本塁打

西武5―2楽天2-5西武◇19日◇西武

新人王候補の楽天の茂木(早大)が珍記録を達成した。七回、右中間への打球が外野を転々とする間に8月25日以来となるランニング本塁打。年間2本は1992年の巨人・川相昌弘以来で「コーチが止めるまでは行こうと、全力で走った」。新人王争いのライバル、日本ハム・高梨が投手のため、茂木の受賞を切に願う梨田監督は「コミッショナー裁定で、投手と野手(の2人受賞)もいいんじゃないか」と持論を展開した。《朝日新聞》

【プロ野球・DeNA】初のCS進出

広島1-3DeNA◇19日◇横浜

雨の降りしきる悪コンディションの中、DeNAは先発今永が6回2/3を3安打1失点に抑えて広島を下し、球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出を勝ち取った。

1回、DeNAは広島のプロ初先発となる塹江に対し、1死一塁からロペスが前夜のサヨナラ3ランに続く2打席連続となる、レフト場外に消える特大の第30号2ランを放ち先制。

その後は両チーム共に無得点が続くも、5回、広島はルナが左越え5号ソロで1点差に迫った。DeNAは6回2死二塁から筒香の右前適時打で1点を追加し再び2点差とした。最後は山崎康が抑え、球団初のCS進出を勝ち取った。今永は8勝目。DeNAは10月8日開幕のCSファーストステージで巨人と対戦する。《スポニチ》

【民進党・蓮舫代表】就任後初の街頭演説

民進党の蓮舫代表は19日、東京・巣鴨で就任後初めて街頭演説し、10月の衆院東京10区補欠選挙に向け支持の拡大を訴えた。「健全な野党が、与党の暴走を止める。民進党にこの国を変えてもらいたいと皆さんが思えるよう頑張る」と述べた。

社会保障の充実に関し「限られた財源を特定の大企業に分配するのか、皆さんが納得する使い方に振り向けるのか。私たちは常に選択肢を用意する」と強調。「批判から提案の民進党に蓮舫が変えていく」とも述べた。《共同通信》



9月19日のできごと