平成10106日目

2016/09/08

【民進党・岡田克也代表】野党共闘「避けられぬ」

9月8日のできごと【民進党・岡田克也代表】野党共闘「避けられぬ」

民進党の岡田代表は8日、党本部で開いた代表としての最後の記者会見で、共産党との共闘について「野党間の連携は誰がリーダーになっても避けられない」と述べ、党代表選(15日)の結果を問わず推進していくべきだとの持論を展開した。

自らが敷いた共闘路線の継続を代表選で明言する候補者がいないことへの不満があるとみられる。代表選では、前原誠司・元外相、玉木雄一郎衆院議員が共産党との選挙協力に否定的で、蓮舫代表代行は前原、玉木両氏と「同じ立場」と主張している。

岡田氏は「わが党の考え方に賛同しないと候補者調整しないというのは、共産党とはしないと言っているのに等しい」と述べ、3候補を批判。また、民主党代表時からの1年8か月を「120%力を尽くした。自分としては合格点だ」と自賛した。《読売新聞》




【安倍晋三首相】皇室制度見直し「様々な意見うかがう」

安倍晋三首相は8日、生前退位の意向を強くにじませた天皇陛下のお気持ち表明を受け、皇室制度の見直しについて、当面は生前退位の実現にテーマを絞って検討を進める考えを示した。訪問中のラオスの首都ビエンチャンで記者団に語った。

首相は「今回は天皇陛下が国民に向けてご発言されたことを重く受け止めている。国民からこの(生前退位の)問題に対応すべきだという意見が多数ある中で、我々も検討しなければならない」と語った。また、「様々な方の意見もうかがいながら静かに議論を進めていきたい」とも述べ、生前退位をめぐり有識者らからの意見聴取に取り組む考えも示した。《朝日新聞》

【プロ野球・広島】リーグ優勝に王手

広島7―4中日◇8日◇マツダ

広島がついに25年ぶり7度目となるリーグ優勝へ王手をかけた。ホームで中日に7―4で勝って4連勝。2位の巨人が坂本の代打逆転3ランで阪神に逆転勝ちを収めたため、この日の優勝決定はならなかったが、マジックを試合前の「2」から「1」へと減らした。貯金34は球団初。

広島は9日に試合がないが、巨人が同日行われるヤクルト戦(神宮)に敗れれば、広島の優勝が決定。巨人が9日に勝った場合は、広島が敵地・東京ドームに乗り込む10日に直接対決となる。《スポニチ》

9月8日/366