平成10087日目

2016/08/20

【安倍晋三首相】五輪閉会式へ出発


https://www.youtube.com/

安倍晋三首相は20日、リオデジャネイロ五輪閉会式に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発した。現地時間の21日に閉会式に出るほか、バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長との会談や、日本選手団との交流を予定している。23日に帰国する。

出発に先立ち首相は羽田空港で記者団に「すべての日本選手を日本国民とともにたたえたい」と強調。2020年の東京オリンピック・パラリンピックについて「選手がベストコンディションで臨め、世界に感動や夢、希望、勇気を与えるオリンピックにしたい」と語った。《日経新聞》




【WBOミニマム級王座決定戦】高山勝成選手、王座返り咲き

プロボクシングの世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王座決定戦が20日、兵庫県三田市の駒ケ谷運動公園体育館であり、元王者で同級2位の高山勝成(33)=仲里=が同級1位の加納陸(18)=大成=と対戦。高山は3回に左まぶたを切り、6回58秒でレフェリーが試合をストップ。6回を終えた時点での判定となり、3―0(59―56、58―56、59―55)で勝利。世界王座に返り咲いた。《朝日新聞》

【広島・黒田博樹投手】日米通算201勝

ヤクルト0-2広島◇20日◇マツダ

広島は、先発・黒田が投打の活躍でヤクルトを下し5連勝を飾った。

4回、1死から堂林の四球と二盗、石原の安打で一、三塁とすると、先発・黒田のスクイズで1点を先制。8回には1死満塁から3番手・岩橋の暴投でもう1点を追加した。投げては黒田が7回を2安打無失点で今季8勝目を飾り、野茂英雄氏(47)に並ぶ日米通算201勝を達成した。

ヤクルトは通算150勝をかけた先発・石川が7回途中を11安打1失点で無念の降板。打線もわずか2安打と沈黙した。《スポニチ》

【ロッテ・平沢大河内野手】プロ初打点

ロッテ4―10西武◇20日◇西武プリンス

4連敗を喫したロッテだが、収穫はあった。4点差の6回1死一、二塁からルーキー平沢が右翼線二塁打を放ち、プロ初打点を挙げた。フルカウントからポーリーノの直球を振り抜き、「ストレートに絞って打ちにいった。(初打点は)素直にうれしい」と口にした。

これで4試合連続スタメンで17日の楽天戦(コボスタ宮城)でプロ初安打を放ってから4試合連続安打。前日の西武戦(西武プリンス)では右越え三塁打とパワーも見せつけており、大型ルーキーの本領を発揮し始めた。平沢は「守備でエラーがついてもおかしくないプレーがあった。守備が一番大事」と気を引き締めたが、伊東監督は「守備も無難にこなしている。しばらく使ってみようかと思える」と合格点を与えた。《スポニチ》

8月20日/のできごと