平成10037日目

2016/07/01

【バングラデシュ・ダッカ】武装集団がレストランを襲撃

バングラデシュの首都ダッカの大使館が並ぶ地域で1日夜、武装集団がレストランを襲撃し、外国人客やスタッフらを人質にして立てこもった。地元メディアによると、少なくとも警官2人が死亡、15人が負傷したとみられる。

過激派組織「イスラム国(IS)」が影響下にあるニュースサイト「アーマク通信」を通じて犯行への関与を主張する声明を出した。

現地からの報道によると、現場には治安部隊が集結しており、2日未明(日本時間2日朝)もにらみ合いが続いている。AP通信によると、人質は外国人約20人を含む少なくとも35人に上るとみられる。

ロイター通信によると、人質の中にはイタリア人が含まれているという。アーマク通信は「外国人を含む24人を殺害、40人を負傷させた」と報じている。日本人の有無について外務省は「確認中」としている。《毎日新聞》




【三菱自動車・日産自動車】軽自動車の受注を再開

三菱自動車と日産自動車は1日、燃費データ不正問題が発覚した4月20日から生産・販売を停止していた軽自動車の受注を再開した。

生産する三菱自の水島製作所(岡山県)も4日に軽のラインを稼働し、販売店は5日から納車を始める。両社は主力となる軽の復活で販売回復を急ぐが、大幅な値引きなど販促策を迫られる公算が大きい。《産経新聞》

【香港】返還から19年、民主化デモ

英国の植民地だった香港が中国に返還されてから19年となる1日、香港の民主派団体は民主化の推進を求める大規模デモを実施した。主催者の発表によると、参加者数は約11万人と昨年の2倍以上に膨らんだ。

中国共産党に批判的な書籍を取り扱い、約8カ月間にわたって中国本土で拘束されていた銅鑼湾書店の店長、林栄基氏は参加を急きょ取りやめた。民主派議員によると、林氏は「過去数日間、見知らぬ人物に尾行され、身の危険を感じた」と話していたという。《日経新聞》

【大阪市】ヘイトスピーチ条例施行

ヘイトスピーチの抑止を目的とする全国初の大阪市条例が1日、完全施行された。市長がヘイトスピーチと認定すれば、市は発言した個人や団体名を公表する。

その初日、ネット上で閲覧できる在日コリアンを侮辱する街頭デモの動画や投稿について、市民団体が被害を申し立てた。

在日コリアンや弁護士らでつくる「ヘイトスピーチを許さない!大阪の会」(大阪市)の申立書によると、動画は2013年2月ごろ、同市のJR鶴橋駅周辺であった街頭デモなどを撮影。

在日コリアンへの差別的な言葉を並べた今年6月までの投稿と合わせ、ネット上に残る12件が規制の対象となるヘイトスピーチに該当すると主張し、うち4件については投稿者2人と1団体の名を挙げている。《毎日新聞》

7月1日/のできごと