平成9958日目

2016/04/13

【北陸新幹線】利用者1000万人到達

昨年3月に長野-金沢間が延伸開業した北陸新幹線は13日、利用者数が1000万人に到達した。JR西日本によると、利用者は想定を上回り、開業前の在来線特急と比べ約3倍で推移している。開業397日目で達成した。関東と北陸間の乗客が多いとみられる新潟県の上越妙高-糸魚川間の利用者数を集計している。JR西は在来線特急の約2.2倍の利用者を見込んでいた。1日当たりの乗客数は約2万5000人。《毎日新聞》



【経済協力開発機構】消費増税「予定通り10%」を提言

政府は13日、世界経済情勢に関して意見交換を行う「国際金融経済分析会合」の第5回会合を開き、講師を務めた経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長は、来年4月の消費税率10%への引き上げを「経済状況が許せば予定通り行うべきだ」と提言した。同会合の有識者が4月の増税実行を明確に勧めたのは初めて。安倍晋三首相の延期判断を牽制したい財務省などには、強い援軍が現れた格好だ。《産経新聞》

【プロ野球・オリックス】今季1号は糸井選手

オリックス4―3日本ハム◇13日◇京セラD

両リーグで唯一本塁打がなかったオリックスに待望の第1号が生まれた。1点を追う5回2死一、二塁から糸井が中村の97キロのカーブを強振。右越えの3ランで試合をひっくり返した。8回に同点とされたが、チームは延長戦を制し「チームが勝てて良かった」とほっとした表情だった。

守備でも活躍した。6回、1死二塁から大谷の右前打で中田が生還を試みたが、好返球で得点を阻止。糸井は「あしたも勝たないと。連勝します」と力強く言った。《スポニチ》

【大塚家具】父娘の法廷闘争が終結

大塚家具の経営権をめぐって対立した創業者の大塚勝久前会長と長女の久美子社長が、同社の株式譲渡に絡んで争っていた2件の民事訴訟について、いずれも終結する見通しになったことが13日、双方の代理人弁護士への取材で分かった。大塚家具などへの影響を考慮したといい、2年半にわたる父娘の法廷闘争は幕引きを迎える。

このうち、久美子社長が役員を務める一族の資産管理会社「ききょう企画」に対し、勝久前会長が社債償還を求めた訴訟は、東京地裁が11日に前会長の請求を認めて15億円の支払いを命令。ききょう企画側は判決を受け入れ、13日に遅延損害金を含めて全額を支払った。《時事通信》

【日経平均終値】1万6381円22銭(前日比452円43銭高)

13日の東京市場は円安株高が進んだ。円相場が午後2時半すぎに1ドル=109円に迫る円安ドル高となった。東証ではこれを好感して買いが膨らみ、日経平均株価の終値は大幅続伸し、前日比452円43銭高の1万6381円22銭となった。終値としては7営業日ぶりに節目の1万6000円を超えた。3月31日(1万6758円67銭)以来、ほぼ半月ぶりの高値水準。《産経新聞》



4月13日のできごと