平成9900日目

2016/02/15

【この日の安倍総理】

パレスチナ自治政府・アッバス議長と会談

安倍晋三首相は15日、パレスチナ自治政府のアッバス議長と官邸で会談し、食料や医薬品などの提供に充てるため、約86億円の政府開発援助(ODA)を供与すると表明した。イスラエルとパレスチナの紛争終結を目指す中東和平交渉の進展に向けて一層の役割を果たすことも約束した。


https://www.kantei.go.jp/

会談後の共同記者発表で、首相は約86億円の支援について「パレスチナ市民の生活水準の向上につながる」と強調。日本が主導するヨルダン川西岸の開発構想「平和と繁栄の回廊」の取り組みを進める考えも表明した。

宮崎氏不倫で陳謝

安倍晋三首相は15日の衆院予算委員会で、不倫を認めて衆院に議員辞職願を提出した自民党の宮崎謙介氏について「ああいう形で辞任したのは党総裁として申し訳ない。議員である前に人間として襟を正していく必要がある」と陳謝した。

宮崎氏が取得を表明した育児休暇制度への影響に関し「安倍政権が進める政策は、こんなことでは微動だにしない。大きな流れはいささかも変わらない」と否定した。

再発防止に向けては「新人議員の教育を含め党執行部で対応したい」とした。民主党の緒方林太郎氏への答弁。《共同通信》



 

【第58回グラミー賞】テイラー・スウィフトが三冠

米音楽界の権威『第58回グラミー賞』の授賞式が現地時間15日夜(日本時間16日)、米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われ、米歌手テイラー・スウィフトが主要部門の「年間最優秀アルバム」を獲得し、「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」や「最優秀ミュージック・ビデオ」も含めると計3冠を達成した。http://www.oricon.co.jp/

【日経平均終値】1万6022円58銭

週明け15日の東京株式市場は、世界経済の先行きへの過度な懸念が後退し、日経平均株価が急反発した。前週末に比べた上げ幅は一時1200円を超え、終値は1069円97銭高の1万6022円58銭。上昇幅は過去13番目で、2015年9月9日以来の大きさだった。値上がりは4営業日ぶり。《時事通信》

【警視庁】集団暴行をサイトに投稿、少女3人を逮捕

知り合いの少女(17)を殴る蹴るなどしてけがをさせたとして、警視庁少年事件課は15日までに、傷害容疑で横浜市の中学2年の女子生徒(14)ら14~19歳の少女3人を逮捕した。同課によると、全員容疑を認めている。少女らは暴行の様子を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿していたという。《時事通信》

【神奈川県警】入居者を落として殺害、元老人ホーム職員を逮捕

川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で2014年11~12月、入所者の男女3人(80~90歳代)が相次いで転落死した問題で、神奈川県警は15日深夜、同施設の元職員A容疑者(23)(横浜市神奈川区立町)を、3人のうち1人に対する殺人容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、A容疑者は14年11月3日深夜から4日未明の間に、同施設に入所していたBさん(当時87歳)を同施設4階のベランダから投げ落とし、殺害した疑い。Bさんは胸部打撲による内臓破裂で死亡した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。《読売新聞》

【マドンナ】イベント出席は4分

世界ツアーで来日中の米人気歌手マドンナ(57)が15日、プロデュースを手がける化粧品ブランド「MDNA」の新商品お披露目イベントを都内で行った。

13日のさいたまスーパーアリーナ公演が開演予定を2時間過ぎて始まり話題となったが、この日も開始予定時間から1時間”遅刻”。午後10時半ごろ、黒いワンピースドレスで会場に現れ、報道陣に日本語で「アリガトウゴザイマス」と声を掛けたり、舌を出しておどけるなどゴキゲン。写真撮影時に「ビッグ・スマイル!」と求められると、「これ以上は無理よ」と英語で答え、約4分で会場を後にした。《スポニチ》

【菅義偉官房長官】日朝合意「破棄せず」

菅義偉官房長官は15日の記者会見で、北朝鮮が拉致問題の再調査を行う特別調査委員会の解体と調査中止を表明したことについて「極めて遺憾だ。発表は受け入れることができない」と述べた。拉致問題を含む包括的調査を約束した2014年のストックホルム合意に関し「わが国として合意を破棄する考えはない」と明言した。

北朝鮮側は日本の独自制裁強化に対し、合意を破棄したことになると非難している。菅氏は拉致問題をめぐり「安倍政権にとって極めて重要な課題だ」と強調。北朝鮮側から日本政府への正式な連絡はないと説明した。《共同通信》

【共産党、維新の党】党首会談

共産党の志位和夫委員長と維新の党の松野頼久代表は15日夜、東京都内で会談した。関係者が明らかにした。両党の幹部も同席し、夏の参院選での協力や国会共闘をめぐり意見交換したとみられる。維新にとっては、合流構想が難航している民主党をけん制する狙いもありそうだ。

会談では、参院改選1人区で野党候補が乱立すれば、与党を利するだけだとして協力の在り方を探ったとみられる。《共同通信》

【民主党】甘利氏元秘書と建設会社担当者との会話を公開

甘利明前経済再生担当相の現金授受問題で、民主党は15日、甘利氏側に現金を渡していた千葉県白井市の建設会社総務担当の一色武氏(62)と、甘利氏の公設秘書(辞職)が面会した際の音声データとメモを公開した。都市再生機構(UR)と建設会社との補償交渉に関した内容で、甘利氏の秘書は昨年11月、一色氏に対し、「一応推定20億かかりますとか、言葉にしてほしいんですね」とURに補償の具体額を提示するよう促している。

音声データとメモは一色氏と秘書が昨年11月2日に神奈川県大和市の飲食店で面会した際に録音されたもの。千葉ニュータウン開発に伴う県道工事をめぐる補償交渉に関してのやりとりで、民主党が一色氏から入手したという。

甘利氏は先月の記者会見で、秘書が金額交渉に対して介入したことはないと説明していた。しかし、メモでは、秘書が「具体的に数字をいわないと向こう(UR)はどうしていいかわかんないみたいなんですよ」と一色氏に対してUR側に金額を示すよう持ちかけるやりとりなどが記録されており、補償交渉に積極的に関わっていたことがうかがえる。

URや甘利氏の秘書らは、これまでに補償交渉に関しての口利きを否定。しかし、URによると、補償交渉などをめぐり、甘利氏の秘書と複数回面談していたという。《産経新聞》



2月15日 その日のできごと(何の日)